【みなさまの声】妊娠16週の妊婦さんの股関節を安定させる!

骨盤軸整体

こんにちは、院長の野田です。

先日お伝えした骨盤軸整体ですが、クライアントさんにご協力いただいて動画を撮影しました。

 

 

モデルを務めてくださったのは妊娠16週のWさん。

つわりもようやく収まり、徐々にお腹の膨らみも外から見てわかるようになってきたくらいの頃です。

 

16週というのは妊婦さんとしては体調が安定してくる時期ですが、この頃から大きくなるお腹に合わせて少しずつ反り腰が強くなってきます。

それによって重心が前に傾くことで従来の体のバランスが崩れ出し、それを支える股関節に大きな負担が掛かりはじめます。

特に股関節を実質的に支えている中臀筋股関節を内側から安定する作用を持つ内転筋、そして姿勢を保持する役割を果たす大腰筋などへの負担が強く、それらの筋肉が緊張し続けることで拘縮し、上手く使えなくなることで体に大きな負担がかかってきます。

 

このような時期に股関節を安定させ、体にかかる負担を最小限に減らすためには、私たちの骨盤軸整体が最適です。

 

骨盤軸整体を受けることで骨盤周辺の筋肉が正しいバランスで動かせるようになり、体幹をしっかり使えるようになることで骨盤を中心に軸を通したような安定感を生み出すことが可能となります。

それによって骨盤を起点とした筋肉にしっかり力が入るようになるため、股関節を安定させることができます。

さらには無意識のうちに本来の適切なバランスで体を支えることができるようになるため、体の無駄な緊張を減らし、全身の筋肉に掛かる負担を軽減させることにつながります。

これから妊娠後期にかけて、大きく体が変化していく際に起こるであろうトラブルをも未然に防ぐことができるのです。

 

百聞は一見にしかず。

ぜひ動画でその変化をご覧ください。

 

動画内では主に中臀筋、内転筋、大腰筋にアプローチしています。

それらの筋肉にアプローチすることで骨盤軸を通し、股関節を安定させることができます。

 

骨盤軸整体でマタニティ整体

 

ちゃんとまっすぐ立てて、上半身が腰に乗ってる気がします!

 

Wさんも股関節がしっかり安定し、大きく動かしても体がぶれることがなくなりました。

 

骨盤軸整体でマタニティ整体

 

なんで押しただけなのに、こんなに変わるんですか?(笑)

 

不思議に感じたようですが、これが当院の骨盤軸整体なのです(笑)

しっかり効果を実感していただけたようで何よりでした。

 

 

いたみが全く無い

妊婦さんに優しい整体

この新体験、絶対に

試してみるべきです!

 

マーカーペンのインクがうまく出なくて文字がかすれてしまいましたが(涙)

嬉しい感想をいただきました。

 

Wさん、ご協力ありがとうございました。

元気な赤ちゃんが生まれるまで、これからも応援させていただきます!(^-^)/

 

当院のマタニティ整体コースについて、詳細はこちらから。

[blogcard url=”https://noda-chiro.jp/course-maternity”]

お気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP