産後の尿もれ撲滅宣言!!骨盤軸整体で産後の尿もれにとどめを刺す!

骨盤軸整体

前回の骨盤軸整体プラクティスセミナーに参加してくれたIさん。

産後の尿もれに悩まされていて、内転筋に全く力が入らない状態でした。

 

[blogcard url=”https://noda-chiro.jp/20171004.html”]

 

Iさんが骨盤軸整体で内転筋の機能を回復する動画はこちら。

 

 

骨盤軸整体で無事に内転筋の機能を取り戻したIさんですが、

それ以来、尿もれがピタリと止まったそうです。

 

ほんとうに自分の産後の尿もれが治ったのか?

疑問に感じたIさんですが、なんと驚くべき行動に出ます。

 

「試しに限界までオシッコを我慢して、思いっきりクシャミをしてみたんです!」

 

・・・。

 

「それでも全然大丈夫でした!」

 

まさかのセルフ人体実験!(笑)

一歩間違えれば大惨事になりそうなシチュエーションですが、それでもご自身の改善具合を確認したかったそうです。

そもそも「限界までオシッコを我慢する」ことすらできない状態だったわけですから、それだけでも十分改善されていると言っていいと思うのですが・・・。

でもこちらとしても、とても良い報告をいただくことができてよかったです。

Iさん、あらためて報告ありがとうございました。

 

今回のIさんの改善ケースですが、もちろんあくまでも一個人の感想に過ぎません。

だから、これで「尿もれが一回の施術で完治します!」と断言することはできません。

時期早尚というか、まだまだ検証を重ねていかなければ確実なことは言えないと思います。

 

でも実は、現在骨盤軸整体を受けている当院のクライアントさんでも、骨盤軸整体の施術初回で産後の尿もれが劇的に改善しているケース(2回目の来院時に「尿もれが止まりました!」と報告してくれるケース)がかなり多いです。

 

今までもブログで記事にしてきた通り、産後の尿もれ改善は当院でも行っていました。

「行っていました」どころか、自信を持ってかなりの数のクライアントさんの産後の尿もれを改善してきた自負があります。

産後の尿もれ改善は当院の得意メニューだと言っても過言ではありません。

 

[blogcard url=”https://noda-chiro.jp/%e7%94%a3%e5%be%8c%e6%95%b0%e5%b9%b4%e7%b5%8c%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%be%8c%e3%81%ab%e3%82%82%e5%b0%bf%e3%82%82%e3%82%8c.html”]

[blogcard url=”https://noda-chiro.jp/%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e4%b8%ad%e3%81%ae%e5%b0%bf%e3%82%82%e3%82%8c%e6%94%b9%e5%96%84.html”]

[blogcard url=”https://noda-chiro.jp/%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e5%b0%bf%e3%82%82%e3%82%8c%e6%94%b9%e5%96%84%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88.html”]

 

しかしそれはあくまでも施術+エクササイズの組み合わせを主体とした、数ヶ月の期間を掛けて骨盤底筋の機能を回復していくことで産後の尿もれを改善していくプログラムでした。

それが今回の骨盤軸整体では、一回、ないしは数回の施術でそれと同等orそれ以上の結果を出すことができているのです。

 

なんというか、正直、複雑な気分ですね。

今まで自信を持って実施していた尿もれ改善プログラムは何だったんだ……と軽く落ち込んでしまうレベルです。

まあその積み重ねがあったからこそ、骨盤軸整体を具現化させることができたわけですが。

 

骨盤軸整体を体系化し、実際の施術に取り入れてはや数ヶ月。

日を追うごとに自分がこれまで築き上げてきた施術観を塗り変えるような発見や驚きがあります。

これがパラダイムシフトというものでしょうか。

 

整体を始めて15年、開業して13年。

それなりのキャリアを積み重ねてきたつもりでしたが、それらを打ち崩してでも自分自身の価値観をまるっと塗り替える機会というのはあるのですね。

そんな体験ができた僕は幸せな人間なのだと思います。

 

もちろんここが到着点ではありません。

産後の尿もれに悩む女性が世の中からいなくなることを願って。

一人でも多くの悩める女性に骨盤軸整体がお役にたてるよう、これからも色々と検証しながら更に精度を高めていきます。

骨盤軸整体プラクティスセミナー参加者の皆さん、引き続きご協力お願いします。

 

 

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP