前鋸筋をきちんと使いこなすことで、育児における肩こりを劇的に改善させてしまおう!

骨盤軸整体

 

こんにちは、院長の三橋です。

産前産後ケアの専門院である当院は、おかげさまで今日も育児の只中にある産後まもない女性の方々でたいへん賑わっています。

そんな産後女性の皆さんが抱える、もっともポピュラーな悩みといえば、やはり肩こりではないでしょうか?

そして、その原因は日々繰り返される抱っこであることは、もはや疑う余地はないところかと。

 

果たして、ますます成長していく我が子を目の前にして、肩こりを軽減させる何か秘策はないのでしょうか?

もちろん骨盤軸整体では直接的に肩のパフォーマンスを変えてしまうことで、肩こりを軽減させてしまうことが可能です。

そこで重要な存在となってくるのが前鋸筋(ぜんきょきん)と呼ばれる筋肉となります。

肩甲骨という骨の特異性について

肩甲骨イラスト、イメージ、滑るように動く

どうして人間の肩は、これほどまでに問題が起きやすいのでしょうか?

それは両手を使ってあらゆる繊細な動きを表現できるよう、とても繊細な構造をとっているから。

例えば「腕を伸ばす」という動きひとつとっても、肩関節のもつ複雑なメカニックが理解できるかと思います。

自分から少し離れた場所にある物を取ろうとする時、当たり前ですが実際に腕が伸びることで届く訳で、これは上腕骨(腕の骨)に接続している肩甲骨が肋骨(背中)の上を自在に滑るように動けるからこその動き。

肩甲骨、つまり腕の骨の起点を対象物に向かって少しばかり「寄せる」動きが出来てしまえるのです。

これは肩甲骨という骨が実は、体幹部(胴体)とは鎖骨を介してかろうじて連結しているだけであるからこそ出来る動きであるのです。

つまり、これは言い換えると、鎖骨にぶら下がってる肩甲骨が、腕の重さ(およそ2〜4キログラム)を一手に引き受けているということなのであり、肩甲骨にかかる腕の重さごと肩甲骨に繋がる筋肉が物理的に支えているとも言えることになります。

極論を言うと、それこそ何もしなくて立っているだけでも肩甲骨まわりの筋肉は疲れてしまうというわけ。

産後女性の抱える肩こりの原因を正しく理解するにあたって【肩甲骨の特異性について】

肩が上がってしまったり、巻き肩になってしまっている方の場合

肩甲骨を支える背中の筋肉群、イラスト、イメージ

上のイラストは背中側から両方の肩甲骨を見た図で、僧帽筋をはじめとする大小さまざまな筋肉で肩甲骨を支えているのがお分かりになるかと思います。

これら筋肉の存在があって肩甲骨が背中を上下左右、あらゆる方向に滑るように動くことを可能にしている訳です。

前鋸筋イラスト、イメージ、骨格

一方、お腹側から肩甲骨を支えている筋肉はというと、上のイラストの赤く塗りつぶした部分がそれにあたり、前鋸筋(ぜんきょきん)といいます。

文字通り鋸(のこぎり)の刃のように見える筋肉で、これが腹部の筋肉と連結していることで、腹筋群の力を利用して肩甲骨を前方(お腹側)から支える構造となっているのです。

そして、腹部を支える腹筋群は背中側の筋肉とは違って、腹圧を利用することが出来るのが大きなポイント。

つまり前鋸筋がしっかりと働いてくれれば、腹圧の力で合理的に肩甲骨に掛かる重さを負担することが出来るのです。

逆に言うと、これが成立しないといたずらに背中側の筋肉の負担が増えることに。

ちなみに肩が内巻きになってしまっているような方は前鋸筋が上手く機能することができず、結果、僧帽筋などをはじめとする背中側の筋肉に負担を集中させ、過度に緊張させてしまうことで肩が上がってしまうことになるのです。

産後女性にとって育児における抱っこの負担を考えた時、前鋸筋を上手く利用出来るかどうかが肩こりの程度を左右する重大なファクターとなることは間違いないところです。

体幹の力を上手く利用することで育児おける抱っこの負担が軽減

 

当然の話になりますが、背中が伸びなければ自然と肩は内巻きになり、両肩は上がってしまうもの。

だから、まず順序としては前鋸筋の力を利用するにあたって最低限、姿勢バランスの改善が必要となってきます。

それには妊娠出産で崩してしまった体幹バランスと腹圧の回復が必要となってくるでしょう。

骨盤軸整体を受けると途端に姿勢が良くなってしまう理由【出産後の姿勢改善に】

それから先に挙げた前鋸筋を上手く利用するコツを当院では、お教えしています。

つまり前鋸筋についてはある程度、骨盤軸整体に通われ、きちんと段階を踏んだクライアントさんに教えることとなる訳です。

詳しくは下記のブログをお読みください。

体幹の力を上手く利用して抱っこすることで、育児における肩こりを軽減させよう!

骨盤軸整体なら前鋸筋のパフォーマンスを直接変えてしまえる

 

育児おける根本的な肩こりの解決を目指すにあたって、当院ではこれまで前鋸筋を意識した正しい姿勢の起こし方をひたすらレクチャーして来ました。

しかし、現在では骨盤軸整体によって直接、眠らせてしまっていた前鋸筋のパフォーマンスを上げてあげることが可能となっております。

簡単な施術を受けるだけで、なんと瞬時にして肩まわりの筋力が上がってしまうことに皆さん驚かれることとなるのです。

つまり、骨盤軸整体を受けるだけで背筋が勝手に伸びるだけでなく、内巻きだった肩が開き、肩の余計な緊張から解放されてしまうことになるということ。

 

育児における肩こりを諦めてしまってはいませんか?

骨盤軸整体でしたら無意識のうちに前鋸筋が使えるようになることで、従来に比べて格段に肩こり改善のスピードを上げてしまえるのです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP