妊娠前から重度の腰痛を抱えていたような方ほど、一歩踏み込んだ産後ケアが必要になってくる

骨盤軸整体


こんにちは、院長の三橋です。

当院の産後のボディケアコースには、稀にですが重度の腰痛で悩まれている方がいらっしゃることがあります。

それは抱っこで“腰が辛い”、“腰が張る”などといったレベルの痛みなどではなく、いわゆるギックリ腰、またはそれに近い状態など日常生活に支障をきたすほどのもの。

妊娠前から抱えていた問題が、妊娠出産されたことで悪化してしまったケースが多いようです。

当然、腰痛の原因の本質的な部分が妊娠出産とは別のところにあるタイプの腰痛ということになる訳で、改善へ向けてアプローチの仕方も変わってくることになるのです。

妊娠出産を機に初めて抱えてしまったような腰痛の場合

 

それまで腰痛というものを一切経験したことのなかった方が、妊娠出産を機に初めて抱えてしまうケースがあります。

原因としては、妊娠から出産までの過程でボディバランスが変わってしまったことに加えて、抱っこや中腰姿勢など、育児で掛かる負担に腰が耐えかねて悲鳴を上げてしまうことがまず考えられるでしょう。

物理的負担に耐えかねて、腰回りの筋肉が凝り固まってしまっている状態にある訳なのですが、もちろん多くの場合、ストレッチやマッサージで症状を緩和させてしまうことが可能となります。

しかし、再び育児に戻ることで再び同じ症状を繰り返すことになり、やがて慢性化していくことになるのですが。

だからこの場合、妊娠出産で変わってしまったボディバランスの改善、つまり“間違った筋肉の使い方”を修正しないことにはなかなか根本的な解決には至りません。

もっと言うと、ボディバランスを改善、“間違った筋肉の使い方”を修正しないことには、それこそ産後1年以上経っても同じ症状を抱えてしまうことにもなりかねないのです。

そこで当院の産後のボディケアコースでは、骨盤軸整体によってボディバランス(体幹バランス)の改善を図っていくことで根本的な解決を目指していくこととなります。

出産後1年以上経っても改善しないことから、本当に必要な産後ケアが見えてくるという話

妊娠出産される以前から重度の腰痛を抱えてしまっていたようなケース

 

一方、妊娠出産される以前から腰痛を抱えてしまっていたようなケースも、もちろん多く見受けられます。

多くは鈍痛を感じるくらいのレベルであるのですが、なかには動けなくなるような重度の腰痛、いわゆる“ギックリ腰”を経験してから、腰痛を慢性化させてしまっているような方もいらっしゃいます。

一度でもギックリ腰を経験してしまうと、ほとんどの場合、慢性腰痛を抱えてしまうことになってしまうものなのです。

当然こういった場合は、抱えている腰痛の原因が妊娠出産とは別のところに存在する訳で、そこに「妊娠出産」、さらには「育児」というファクターが加わったことにより、さらなる腰痛の悪化をみることとなったのです。

これが出産後に重度の腰痛を抱えるようになってしまいやすいケースとなります。

なお、こういったケースでは、ギックリ腰を経験してしまったことによって身に付いてしまった“間違った筋肉の使い方”、いわゆる「代償動作」(庇うような体の使い方)の修正および、体幹の強化がポイントとなってきます。

こういった、ギックリ腰に端を発するような重度の腰痛の場合においては、特に体幹バランスに対して一歩踏み込んだアプローチが必要となってくるのです。

産後ケアだけではない、骨盤軸整体なら重度で頑固な腰痛であっても効果が期待できるわけ

ギックリ腰を発症させてしまった原因を突き詰めることが大切

 

それこそ動けなくなるほどの腰痛を発症してしまった場合、基本的には何らかの組織の損傷が生じてしまったことを意味するのであって、それは筋肉のみならず椎間板や靭帯などといった関節軟骨の損傷であることが多いものです。

そして、そういった一度壊れてしまった組織は、もう完全に100%元通りの状態に戻ることはなく、組織として脆弱な状態を抱えながら生活するのを余儀なくされることになるのです。

また、本能的にそういった部分を庇うような体の使い方(代償動作、間違った筋肉の使い方)を繰り返すうちに、別に原因をもつ新たな腰痛を発症してしまうことも珍しくありません。

そこで、こういった重度の腰痛に対するアプローチとして重要となってくるのが、そもそもギックリ腰を発症させてしまった原因を突き詰めること。

もちろん先天的な問題(生まれつきの問題)を原因にもつギックリ腰もあるのですが、多くの場合、決して運が悪くてたまたまギックリ腰になったという訳でもないのです。

当然、そういった原因が改善されないままだと、やはり再発を繰り返すこととなるのは言うまでもありません。

重度の腰痛を抱えてしまいやすい方によくみられる特徴について

 

それでは、妊娠出産される以前からすでに重度の腰痛を抱えてしまっている方たちには、どんな特徴がみられるのでしょうか。

もちろん、ここでは配送運搬業のような重量物を扱う仕事に従事されている方や、本格的にスポーツに取り組んでいる方など、そもそも日常的に腰に負荷を掛けざるを得ないような状況にある方達は除外します。

最近の研究では、どうやら「体幹の安定性」が腰痛発症のリスクと関係があることが伝えられるようになってきています。

「体幹の安定性」に乏しい方ほどギックリ腰をやってしまいやすく、また、ギックリ腰を一度でも発症してしまっても「体幹の安定性」を損なってしまうことに繋がりやすいのだとか。

再発を繰り返し、慢性化させてしまいやすい訳です。

そして、この「体幹の安定性」についてですが、インナーユニットとよばれる人体の中枢部分を支える筋肉群の機能がカギとなるのですが、なかでもローカル筋のもつ「フィードフォワード機能」がギックリ腰発症のリスクを下げるという意味でも重要となってきます。

逆に言うと、腹圧が弱くインナーユニットに上手く力を込めることが出来ないような方(体幹が弱い方)は、ギックリ腰をやってしまいやすく、また、一度ギックリ腰を発症してしまうと、こういったローカル筋の機能を低下させてしまうことにも繋がるのだそう。

つまり、妊娠前にいちどギックリ腰を発症してしまい、出産後に腰痛が悪化してしまっているような方は、こうしたインナーユニットの再構築を中心とした「体幹の安定性」について一歩踏み込んだ内容の産後ケアが必要となってくる訳です。

インナーユニット、ローカル筋と「フィードフォワード機能」についての詳細は下記のブログを参照してみて下さい。)

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

体幹から読み解く骨盤軸整体と腰痛について【グローバル筋とローカル筋について】

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP