「やっぱり足を組んではいけませんよね?」いえいえ多少であれば全然問題ありませんよ

骨盤軸整体

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院に通われているクライアントの皆様から、日常生活での姿勢についての質問を頂くことがよくあります。

「やっぱり足を組んで座ってはいけませんよね?」

「どうしてもソファで丸く座ってしまうのですが」

これについては結論から申し上げると、多少であれば全く問題ないとお答えしています。

まず大前提として当院では端から現実的でない目標は立てません。これが当院の基本方針です。

そもそも育児の只中にいらっしゃる産後女性の方々は、自分が丸まらないと授乳はできないはずですし、抱っこは腰を反らさざるを得ません。つまり、育児とは矛盾との戦いでもあるのです。

かといって、もちろん妥協しても良いという話でもありません。

産後ケアに於いては、まず「矛盾ありき」を前提とした現実的な考え方が必要となってくるのであり、今回はそれを前提とした現実的な対処法についての話となります。

そもそもなぜ姿勢を崩すことが良くないのか?代償動作とは?

まず産後女性に限った話でなくとも、一般的に姿勢が悪い人ほど肩こりや腰痛を抱えてしまいやすくなることは、よく知られているかと思います。

特に出産されて間もない時期にあるような女性はホルモン変化の影響もあり、骨格が柔らかく歪みやすいもの。結果、背骨と骨盤を支えるように働く筋肉に余計な負担を掛けることに繋がります。

例えば「腰猫背」とも呼ばれる骨盤が後傾してしまう姿勢をとってしまうと、太もも裏を支えるハムストリングと、お腹を支える腹筋群が硬く萎縮してしまうことに。そして今度は内ももを支える内転筋群と、上半身と下半身とを繋ぐ腸腰筋という筋肉が引き伸ばされ筋力低下を起こしてしまうことになります。

しかし、そんな状況下にあっても骨盤と背骨を物理的に支えなければならないので、いわばストレスがかかった状態にある内転筋群と腸腰筋が悲鳴をあげることに。つまり「腰猫背」および骨盤後傾の姿勢的傾向がある方は、こういった筋肉のコンディションを大幅に下げる結果となってしまうのです。

するとやがて、こういった機能低下してしまった筋肉を使わないで済ますような動作をするようになってしまいます。これを「代償動作」といい、代表的な例を挙げると妊娠中の女性の独特の歩き方を想像して頂けると分かり易いかと思います。

つまり代償動作を続けてしまっているうちは、いつまでたっても不調やトラブルの原因の部分を除去できないことになるという訳です。

インナーマッスルが機能回復すれば、意識するまでもなく代償動作が修正されてしまうことも

ところで整体カイロプラクティックに足を運んで肩こりや腰痛がある程度ラクになったという経験はありませんか?

もちろん凝った筋肉を直接揉み解すことによる効果もあるのですが、腕の良い整体カイロプラクティックであれば肩が自然に開き、姿勢が良くなってしまうこともあります。

こういった場合は、おそらく施術によって機能回復した筋肉が無意識のうちに骨格を正しいバランスへとリセットしてくれた効果によるものでしょう。特にインナーマッスルとよばれる筋肉群が機能回復すると、姿勢はおろか歩き方さえも自然と修正してくれることがあるのです。

そして、こういった骨格を支えるように働くインナーマッスル群を直接、機能回復させてしまうことに特化した施術アプローチ法こそが実は当院の骨盤軸整体なのであります。

つまりは、骨盤軸整体を受けると意識するまでもなく自然に姿勢と歩き方が改善されてしまうことで、代償動作から解放され、個々の筋肉が抱えてしまっていた不調やトラブルからの根本的解決が図れるという訳です。

因みに大きな腰痛を経験された方がその後に慢性的な腰痛を抱えてしまうようになってしまうのは、多くの場合、こういった代償動作が原因であることが良く知られています。腰が悪い方に独特の歩き方がまさしくこれです。

骨盤軸整体を受けると途端に姿勢が良くなってしまう理由【出産後の姿勢改善に】

日常生活において大切なことは代償動作を残さないようにすること

ここで日常生活の姿勢の話、つまり「足を組んではいけないものなのか?」、「ソファで丸く座ってはいけないものなのか?」についての話に戻ります。

まず、この二つのケースに共通することは「腰猫背」、つまり骨盤後傾姿勢であるということ。

よほど柔軟性の高い方を除けば、実は人間の体は骨盤を後傾させないことには足を組むことは出来ない構造となっているのです。つまり早い話、足を組めている時点ですでに姿勢も崩れているということになります。

そして、そのまま一部の筋肉が萎縮したり、筋力低下した状態で代償運動を行うようになってしまうと、いつまで経っても硬く萎縮した筋肉はそのまま、筋力低下した筋肉もそのままということになろうもの。

例え整体カイロプラクティックでせっかく筋肉を調整してもらっても、これではいたちごっことなってしまう訳です。

そこで、こういった筋肉を意図的に使いきる動作を意識することで「元の身体のバランスへと復元させていく」という考え方を当院では推奨しています。つまりは、身のこなしの中で代償動作を起こさないよう意識付けが出来さえすれば、多少悪い姿勢ととっても問題ないはずであるという考え方です。

ですので当院の産後のボディケアコースでは「歩き方」を見直すことで、日常生活および育児における「矛盾」を解消することを推奨しています。

足を組んで座ったり、ソファで丸く座ってしまったとしても、「そういった歩き方」を意識することで、ご自身で筋肉のコンディションを復元させてしまえるはずであるということ。

もっと言うと、妊娠中に身に付いてしまった代償動作すらも解除することで、はじめて出産後に抱えてしまったような不調やトラブルからの根本的な解決を図れるものとも考える訳であるのです。

ただ漫然と歩くだけでは、もったいないのですよ。

正しい歩き方を意識することで、みるみる体幹バランスが回復していく【骨盤を引き締める歩き方】

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP