「強く蹴って歩けるようになった!」当院のマタニティ整体はあくまで根本的な改善を目指します!

骨盤軸整体

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の考えるマタニティ整体は慰安やマッサージ的なものではなく、あくまでクライアントさんの抱える不調やトラブルの原因からの根本的な改善を目指すものであるのが大きな特徴となります。

それは産後ケアはもちろんのこと、マタニティ整体であっても場当たり的なマッサージを繰り返すのではなく、あくまで原因の本質を追求していくのが他の整体院との大きな違いとなるということです。

そして、こういった視点のもとクライアントさんの抱えている不調からの根本的な改善を図っていくなかで、施術者という立場でお聞きして非常に嬉かった声がコレです。

「なんだか近頃、強く蹴って歩けるようになった気がするんです」

妊娠することで姿勢はおろか歩き方まで変わってしまう

 

一般に妊娠すると、多くの女性がそれまで経験したことのないような痛みや不調を抱えるようになるもの。

肩こり腰痛はもちろんのこと、尾てい骨や恥骨周辺の痛み、膝やお尻の筋肉の痛みなどは、およそ妊娠前に抱えた経験があるような方は少ないのではないでしょうか。

さらには妊娠後期にも入ってくると、姿勢はおろか、歩き方まで変化していることに気付くことになります。

そのくらい妊娠でボディバランスは大きく変わってしまうものであるのです。

妊娠、出産後に歩き方が変わってしまって悩まれている方へ【産後の歩行の違和感】

そこで多くの妊婦さんが整体カイロプラクティック院へと足を運ぶことになる訳ですが、当然、妊娠中にある女性の場合は、施術する上で大きな制約が付き纏うことになります。

「妊娠しているのだから多少辛くても仕方のないもの」

おそらくこういった考えのもと、都度凝り固まってしまった筋肉を揉みほぐすといった場当たり的な施術を繰り返しているのが一般的なマタニティ整体の現状なのではないかと考えます。

いきおい、慰安やマッサージ的なものに終始せざるを得ないものになりましょう。

骨盤軸整体の考えるマタニティ整体について

 

骨盤軸整体では痛みや違和感といった症状の原因を筋肉の使い方や姿勢のクセに求めることとなります。

どういうことかと言いますと。

筋肉の「効率的」でない、いわば「間違った」使い方を繰り返すことで、無意識のうちに特定箇所の筋肉に負担を掛け続けてしまっていることが原因の本質であると考えるのです。

言い換えると、なんらかの原因によって「眠ってしまっている」状態にある筋肉のぶんまで、他の筋肉が余計に物理的負担を背負い込むことで破綻が起きてしまうと考えるのであり、当然、動作をするにあたって動員する筋肉が変わってくる以上、歩き方をはじめとする身のこなし全般に変化が生じてしまうのは当然の現象であるということなります。

特に産前産後ケアの領域でよくみられる慢性的な症状の原因のほとんどがこれに起因するものであると当院では考え、また、こういった非効率な身のこなしをする状態にあることを「体幹バランス」が崩れた状態と定義することとしたのです。

つまり、妊娠中の女性の抱える不調やトラブルからの根本的な改善を目指すにあたって、「体幹バランス」の回復こそが最も重要な命題であるということ。

そして、これを理解するにあたって、第二子妊娠における場合を考察することがケーススタディとして重要であると考えるのです。

妊娠中に抱えてしまう尾てい骨や恥骨の痛みの原因について、体幹から考察してみる

第二子妊娠が本質的なマタニティケアを考える上で重要なケーススタディである理由

 

「なんだか近頃、強く蹴って歩けるようになった気がするんです」

ブログ冒頭で紹介させて頂いた言葉です。

この言葉を仰ったクライアントさんは、それこそまだ安定期にも入っていないほどの早いタイミングで当院の「マタニティ整体コース」に来院されました。

それは第一子出産後にほとんど何も産後ケアらしいことをされなかった後悔があったからなんだそう。

聞けば、明らかに前回出産後から体に言い知れぬ違和感を抱えたままの状態であるそうで、今回の妊娠でさらに状態が悪化する予感があったことで早めの決断となったのだとか。

つまり、第一子出産で「体幹バランス」が崩れてしまったまま、それが自然回復しないまま数年が経過してしまった典型的なケースということになるのです。

また、このクライアントさんの場合は「第一子出産後にほとんど何も産後ケアらしいことをされなかった」ことで、これがさらに明確化されてしまった貴重なケーススタディであるとも言える訳です。

 

ところで、一般に妊娠出産を経験すると、体の重心位置が前にずらされてしまうもので、これが極端なケースが「反り腰」ということになります。

無意識のうちに、お腹を前に突き出すことで体のバランスをとってしまうあまり、太ももの筋肉が張ってしまった状態が常態化してしまうのです。

そして出産後もこういった姿勢変化が抜けきらないのは、抱っこを繰り返すことになってしまうから。

つまり、多くの女性が出産後も引き続き、妊婦さんみたいな立ち方や歩き方を繰り返してしまっているものなのです。

そこで、冒頭の言葉を頂けた訳です。

それこそ無意識のうちに、本来の歩き方を自然と取り戻して頂けた訳で、これは確実にこのクライアントさんの体幹バランスが回復しつつあることを示唆する現象に他ならないのです。

まだ妊娠初期の序盤戦。

お腹がいよいよ大きくなるまでは、まだ時間的猶予があるぶん、このクライアントさんの場合は非常に見通しが良いと言わざるを得ないでしょう。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP