帝王切開で出産された方こそ「産後の骨盤矯正」ではなく本質的な産後ケアを受けるべき理由とは

骨盤軸整体

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の産後のボディケアコースに初回来院された際に、必ず念押ししているポイントがひとつあります。

それは出産後に抱えてしまった不調やトラブルの原因は、決して骨盤が開いたことによるものではないということ。ましてや、そもそも骨盤が開くということ自体が、まず解剖学的にあり得ないということです。

ともすれば、「分娩時に開いてしまった骨盤は、出産後直ちに締めないと開いたままになってしまう」といったイメージをお持ちの方が多いようですが、それだと帝王切開だと産後の骨盤矯正は不要ということになりますよね。

しかし、現実的には帝王切開で出産された方のほうが、ボディラインを含めた不調やトラブルをより抱え込んでしまっているケースが実に多いのです。

開いた骨盤を締めることが果たして本当に必要な産後ケアであるのか?

出産された多くの女性が実感することになる「骨盤が開いたかのような状態」。

お尻の形の変化ポッコリお腹、実際にジーンズが入らなくなってしまうなどといったボディラインのトラブルだけでなく、恥骨や尾てい骨の痛みなどといった痛みや不調を伴ってしまうような場合も。

実は、これら現象については骨盤の器質的変化とは別のところに本当の原因があるとだと当院では考えます。

だから「まず骨盤ありき」という考え方では、到底本質的な産後ケアには辿り着けないはずであると考えるのです。

以下が当院の考え方となります。

産後に実感する「骨盤が開いたかのような状態」は、あくまで妊娠出産で生じてしまった決定的な問題が引き起こした「結果」のひとつに過ぎず「原因」ではない。

だから、骨盤を閉めようとしたところで、産後女性が抱える様々な不調やトラブルの本質的な改善にはなり得ない。

https://noda-chiro.jp/sorosoro-sangonokotuban.html

帝王切開で出産された方のほうが、ボディラインを含めた不調やトラブルをより抱え込んでしまっていることが多い事実

出産されて間もないクライアントさんたちから、よく頂くご質問がこれです。

「帝王切開だったのですが、それでも産後の骨盤矯正は必要なのでしょうか?」

どうしても「分娩時に骨盤が開いてしまう」といったイメージが先行してしまっているからなのでしょうか、帝王切開であれば骨盤が開くことはないと考える方が少なからずいらっしゃるようです。

しかし、たとえ帝王切開であったとしても、自然分娩の場合と同様に出産後の不調やトラブルに悩まされることになるのは一緒で、むしろ帝王切開の場合の方がより深刻であるケースがあるほど。これが現実であるのです。

こうしたことからも、産後ケアの本質は必ずしも「開いた骨盤を締めること」ではないことがお分かり頂けることかと思います。また、そういった意味では、そもそも産後の骨盤矯正という言葉自体が矛盾をはらんでいることもご理解頂けるかと思います。

自然分娩にしろ帝王切開にしろ、周産期の女性にとって本当に必要な産後ケアは、「開いた骨盤を締めること」とは別のところに存在するはずであると。もっと言うと、まず骨盤ありきで産後ケアを考えるべきではないと当院では考えるのです。

いったん「骨盤ありき」という考え方から離れてみることで産後ケアの本質が見えてくる

帝王切開だと、より深刻な不調やトラブルを抱えてしまいやすい理由

ここで帝王切開だと、より深刻な不調やトラブルを抱えてしまいやすい理由について考察してみたいと思います。

一般に帝王切開を選択する場合、逆子や双子、胎児のサイズといったイレギュラーな要素を抱えての出産であることが前提となりやすく、そもそも妊娠中から母体に対する負担は大きいものになりがち。

しかし、それ以上に腹筋に直接メスが入ることによるダメージが大きく、当たり前ですが術後しばらくは傷跡の痛みが残ってしまいます。

そこで生じてしまうのが代償動作とよばれる、腹筋を「かばってしまう」ような身体の使い方で、本来は腹筋が行うべき動作を別の筋肉が代わりに補完するように働いてしまうのです。

本来働くべき筋肉が機能しないことで当然身体のパフォーマンスは低下してしまうのですが、それだけでなく本来の役割以外の負担を背負わされた筋肉のコンディションが著しく低下してしまうことにも繋がります。

つまり、無意識のうちにメスが入った腹筋を使わないような(代償運動)身のこなしに変化していくことで、出産後に腰痛や膝のトラブルなど、思いもよらぬ不調を抱えてしまう原因をつくってしまうことがあるのです。

特に腹筋群は人体を物理的に支える上で最も重要なパーツであるとも言えます。

そいった意味では、帝王切開で出産された方こそ「産後の骨盤矯正」ではなく、本質的な産後ケアを受けるべきであると当院では考えるのです。

腹直筋の機能回復こそが、産後ケア、産後の骨盤矯正において最も重要なカギを握っている理由

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP