「たった一回で、おそらく劇的に良くなってしまいますよ」産後ケアの進捗が早いケースとは

骨盤軸整体

 

こんにちは、院長の三橋です。

先日、当院の「産後のボディケアコース」に新規で来院されたクライアントさんが抱えてらっしゃった不調が、「身体に上手く力が入らない」というもの。

出産されて4ヶ月以上経ったというものの、歩き方や姿勢が変わってしまったことはもちろん、未だ妊娠される以前のような身のこなしが一切出来ないままの状態にあるのだそう。

当然、肩こり腰痛も酷くない訳がありません。

それだけでなく、下腹のたるみやヒップラインも妊娠出産で崩れてしまったままという悩みも。

でも実は、産前産後ケアの専門院である当院は、こういったケースでこそ力を発揮できるのです。

また、このクライアントさんが抱えている症状がとりわけ重いのにも関わらず、特段に進捗が早かった理由についてお話させて頂きます。

 

産後女性を悩ます「体のふらつき」や「疲れやすさ」の正体とは

体がふらついてしまったり、歩き方が変わってしまったり。とにかく疲れやすい…。

妊娠する以前とは明らかに「何か」が決定的に変わってしまっている状態であるものの、その「何か」が何であるのか分からないような状態。

おそらく一般の整体院だと、「骨盤が開いてしまっているから」ですとか、「自律神経のバランスが乱れているから」といった説明でお茶を濁されてしまうケースでしょう。

でも当院では、こういった現象についても「重心の揺り戻し」という独自の考え方で説明することが可能となります。

つまり抽象的であったり、曖昧な表現に頼ることなく、きちんとしたロジックにもとづいた説明が可能であるから、当然、クライアントさんの求めることに理路整然とお答えすることが出来る訳です。

そういった意味では、今回のようなケースは他の一般的な整体院とは差をつけることが出来る、当院が得意とするケースであると言っても過言ではないでしょう。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

骨盤軸整体における産後ケアの進捗を左右する条件とは

ところで、このクライアントさんなのですが、初診時におこなう簡単な筋肉のバランスチェックをした瞬間にもう、回復の進捗がとても早くなるケースになるだろうと確信したのです。

なかなか一般の方が発達していないような部分の筋肉(内転筋群や腸腰筋といったインナーマッスル)の筋肉量がとても充実していたからで、聞けばやはり妊娠される前はフルマラソンを年に2回もこなしていたのだそう。

特にこのクライアントさんの股関節を支えるインナーマッスル群は強靭そのもの。

しかし、残念なことにそれらインナーマッスルが有機的に機能していない状態にあったのです。

いわば個々の筋肉が孤立してしまっているような状態で、インナーマッスルが骨格を安定させるという本来の機能を果たせていない状態にあり、これは先述した「重心の揺り戻し」という産後女性に生じる特有の現象による典型的なダメージということになります。

要は、インナーマッスルをはじめとする筋肉量は最初から充実されているので、あとは筋肉の「使い方」を思い出させてあげさえすれば良い訳で、これについては本格的に運動をされていたことから、最初から研ぎ澄まされた感覚をお持ちであるはずなのです。

そうでなければフルマラソンを走り切ることは到底不可能なこと。

早い話、ちょっとヒントを与えればトントン拍子に回復されるケースであると踏んだのです。

そういった意味では、過去にある程度本格的にスポーツに取り組まれ、大きな古傷を持ち合わせていないような方は、骨盤軸整体による産後ケアの進捗が非常に早いものになるといっても過言ではないでしょう。

要は筋肉の使い方を忘れてしまっているだけ【産後女性が抱える膝の痛みを考察してみる】

妊娠出産で著しく体幹バランスを崩してしまった要因とは

それでは、フルマラソンを走り切る体力を持ち合わせていながら、このクライアントさんはどうして妊娠出産で著しく体幹バランスを崩してしまう(全身の筋肉を有機的に使えなくなってしまう)結果となってしまったのでしょう?

これはおそらくお腹のお子さんが3800グラムと比較的大きかったことで「重心の揺り戻し」が余計に強く生じてしまったことと、ギリギリ自然分娩の選択となったことで分娩の瞬間に骨盤底筋に大きなダメージ(外傷)が入ってしまったことが考えられます。(もう少し大きかったら帝王切開の選択となったのだそう)

しかし、骨盤底筋のダメージについては、出産後4ヶ月経過されていたので、傷口はとうに塞がれ回復していたのですが、骨盤底筋の筋肉としての機能については相変わらず機能不全を抱えたままであったことが推測されるのです。

つまり、本来はインナーユニットの一部として「腹圧」を生み出すように働くはずの骨盤底筋が機能しないことで体幹バランスが崩れてしまい、せっかく持ち合わせていた筋肉量を有機的に使えない状況にあったと考えられる訳です。

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

当初の予想通り、たった一回の施術で劇的な回復をみせる

このクライアントさんの場合、産後4ヶ月経過していたことで骨盤底筋のダメージ(外傷)からはほとんど回復していて、あとは筋肉の正しい使い方を思い出させてあげれば良いだけという状況であったということになります。

合理的でない筋肉の使い方を繰り返すことで、特定部位の筋肉に負担を集中させてしまう状況を取り除いてあげさえすれば良いということ。

そこで骨盤軸整体で直接、筋肉の使い方の再教育をすることとなるのですが、ここでスポーツ経験が生きてくるのです。

ある程度本格的にスポーツに取り組まれていた経験のある方ですと、競技のパフォーマンスを向上させるため無意識のうちに試行錯誤のなかで「効率の良い筋肉の使い方」を身に付けているものだからです。

それと、もちろん持ち合わせている筋肉量自体も違います。

敢えて言うならば今回のクライアントさんに限って言えば、こちらがほんのちょっと助走を付けてあげさえすれば、あとはそのままの勢いで回復に向かって突き進んでいってしまうケースであるのです。

初回のそれこそたった一回の施術で、お帰りの際には自然と歩き方が変わり、あれほど苦しかった中腰姿勢が普通にとれるようになってしまっていることに大変驚かれていました。

そして何より「たった一回で、おそらく劇的に良くなってしまいますよ」とこちらが予言したことが、短い施術時間ながらも現実のものとなったことに感動されている姿がとても印象的でした。

 

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP