正しく腹圧を高めるにあたって必要な「ある工夫」とは?【狙って骨盤底筋を動かすコツとは】

骨盤軸整体

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の考える産後ケアは、そもそも「まず骨盤ありき」という考え方には立っていません。

妊娠中から出産後にかけての繊細な時期に女性が抱えてしまう様々な不調やトラブルの原因の本質は、決して「開いてしまった骨盤」にある訳ではなく、妊娠出産で崩れてしまった体幹バランスにあるのだと考えるからです。

そこで重要となってくるのが腹圧(ふくあつ)。

これが成立しないことには体幹バランスを立て直すことは到底叶いません。

例えば「出産後にただの一回も腹筋が出来なくなってしまう」という現象はこのためで、腹圧を回復させないことには本質的な産後ケアには繋がらないのです。

しかし、実際には正しく腹圧を理解して運用することは難しいものなのですが、実は当院では「ある工夫」を入れることで成果を出しているのです。

本質的な産後ケアを目指す上で重要なカギとなる体幹バランスについて

一般に物理的に体を「安定させる」ように働く筋肉のことをインナーマッスルと呼ぶことがあります。

対して、おもに「動作」を担当するのがアウターマッスル

インナーマッスルがしっかりと骨格を安定させることで、アウターマッスルがその能力を最大限発揮することが可能となります。

だから「動作」を担当する役割をもつアウターマッスルの多くが必然的に手足を支える筋肉に存在するのに対して、「安定させる」ように働くインナーマッスルの多くは体幹、つまり胴体部分に存在しているのです。

例えば歩くのにあたって、インナーマッスルが機能せず体幹(胴体部分)がグラグラしているようでは、足の筋肉(アウターマッスル)はしっかりと地面を蹴ることが出来ず、これでは推進力を十分に発揮できません。

それどころか体幹が安定しないことで、不意の動作で腰(背骨)を捻ってしまい痛めてしまうことにも繋がりかねません。

こういったインナーマッスルとアウターマッスルとがきちんと協調して働けていない状態にあることを「体幹バランスが崩れている」と当院では呼ぶのです。

そして、出産後の女性が痛みや不調を抱えてしまいやすい原因の多くが、こういった「体幹バランスの崩れ」によるもので、「重心の揺り戻し」という周産期に特有の現象に起因するものであると当院では考えるのです。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

体幹バランスの回復において、なぜ腹圧が重要となるのか

インナーマッスルの機能を考える上で、もうひとつ大事な要素となるのが腹圧(ふくあつ)。

ただ単純に「お腹をへこます」のとは違い、お腹を本当の奥底から吐き固めるような力の入れ方でようやく腹圧を高めることが可能となります。

そして結論から言ってしまうと、腹圧を高めることでインナーマッスルの出力を上げることが可能となり、結果、アウターマッスルの出力を高めることにも繋がるのです。

例えば、重いものを持ち上げる時に無意識のうちにお腹に力を入れてしまうのは、腹圧を高めることで持ち上げる力(アウターマッスルの出力)を上げられることを本能的に理解しているから。

また、腹圧が上がれば骨格を安定させる機能も高まることで、姿勢も自然と良くなってしまいます。

逆に言うと、腹圧が成立しないと運動パフォーマンスが低下してしまうばかりでなく、姿勢も崩れてしまうということになります。

そして、多くの産後女性が妊娠中に一度お腹が大きく膨らんでしまったことで、腹圧が成立しない状態での育児を余儀なくされてしまうのです。

出産後に抱える様々な身体的機能低下の一因は腹圧の低下にもあり、腹圧がふたたび成立しないことには体幹バランスの回復もままならないのです。

出産後に歩くとふらついてしまったり、体に力が入りにくくなってしまう原因とは

意外に実践するのが難しい「腹圧を上げる」という作業

そうなると、本質的な産後ケアを目指す上で、どうしても再び「腹圧を上げる」という作業は必須となってくる訳です。

しかし、この「腹圧を上げる」という作業が思いの外、コツを掴むのが難しいもの。

具体的には、骨盤底筋とよばれるインナーマッスルに意図的に力を込めることが出来るかがまず焦点となるのですが、この感覚を掴むのが非常に困難であるのです。

一般的に骨盤底筋については、多くの方がエクササイズをしてもさほど成果を出しづらい要因のひとつが、こんなところにあったのです。

骨盤底筋、イラスト、体幹バランス

実際には狙って骨盤底筋を動かすことは難しいもので、これにはちょっとしたコツが必要であると考えます。

実は内転筋群とよばれる内ももを支える筋肉とセットで動かしてあげることで、骨盤底筋を動かす感覚が掴みやすくなるのです。

内転筋群、イラスト、体幹バランス

当然、当院でも産後のボディケアコースにいらっしゃるクライアントさんたちには例外なく「腹圧を上げる」ためのエクササイズをお教えしています。

そのとき内転筋群を「締める」という要素を付け加えた、独自にアレンジしたものを提供しているのです。

狙って骨盤底筋を正しく動かす(力を込める)ことが出来ていれば、体幹バランスを瞬時にして高めることが可能となります。

これは逆に言うと、骨盤底筋を正しく動かせていなければ体幹バランスにさほど大きな変化は起こせないことを意味します。

つまり、パフォーマンスが実際に上がっているかどうかを客観的に確認することで、クライアントさんが狙って正しく骨盤底筋を動かせているかどうかをチェック出来てしまえるという訳であるのです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP