そろそろ「産後の骨盤矯正」という考え方から脱却しませんか?【当院の考える産後ケアの本質について】

産後のボディケア

 

こんにちは、院長の三橋です。

産前産後ケアの専門院である当院がかつて看板メニューとして設定していた「産後の骨盤矯正コース」から「産後のボディケアコース」へとメニュー表記を変えたのには実は、こんな理由があったからです。

産後に実感する「骨盤が開いたかのような状態」は、あくまで妊娠出産で生じてしまった決定的な問題が引き起こした「結果」のひとつに過ぎず「原因」ではない。

だから、骨盤を閉めようとしたところで、産後女性の抱える様々な不調やトラブルの本質的な改善にはなり得ない。

 

出産された多くの女性が直面することになる、ポッコリお腹ヒップラインの変化はもちろんのこと、立ち方歩き方といった身のこなしの変化も、決して骨盤が開いたことに原因があるのではなく、妊娠から出産の過程で生じてしまう「決定的な原因」が骨盤とは別に存在するからなのです。

そして、その「決定的な原因」がもとで、あたかも骨盤が開いたように見えてしまう状態を作ってしまっているのだと。

つまりは、産後ケアの本質を語る上で重要なことは、まず骨盤ありきで考えるべきではないと当院は考えるのです。

「出産で開いた骨盤を締めておかないと手遅れになってしまう」というフレーズ

「出産で開いた骨盤を閉めておかないと手遅れになってしまう」

巷でよく聞くフレーズがこれではないでしょうか。

肩こり腰痛はともかく、産後なかなか減らない体重ボディラインの問題、ひいては尿もれポッコリお腹など、開いた骨盤にその原因を求める整体カイロプラクティック院が多く存在するのが現状ではないかと考えます。

また一般の方々も、そういった認識の方が実際に多いのでは。

しかも、早く開いた骨盤を締めないと、時間の経過とともに開いた骨盤が元に戻らなくなってしまうなんて話も。

 

しかし、現実的に骨盤が開くということは、まずあり得ませんし、解剖学的にも考えられないことであるのです。

ただ、実際に妊娠出産で「骨盤が開いたように」見えてしまう現象は起こり得るのですが、それはあくまで「骨盤が開いたように」見えてしまっているだけのこと。後にこれについての詳細を述べます)

そして、冒頭で触れさせて頂いたように、骨盤とは別の部分に産後女性の抱える問題の本質、つまり「決定的な原因」が存在するのです。

それを当院では妊娠出産の過程でどうしても生じてしまう「重心の揺り戻し」という現象によって引き起こされた体幹バランスの崩れにあることを突き止めたのです。

簡単に言ってしまうと、妊娠出産で急激にボディバランスに変化が生じてしまった結果、妊娠前と同じような身のこなしが出来なくなってしまう状態に陥ってしまうということ。

そもそも骨盤は開きもしないわけですから、産後ケアにタイムリミットなんか存在しない訳です。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

「重心の揺り戻し」によって引き起こされる体幹バランスの崩れ

 

妊娠から出産までの過程で、著しく変化していく重心バランス。

一般に人間はいちばん重いパーツである「頭」の重さでバランスをとりながら全身の筋肉を使うように出来ていると当院では考えます。

いちばん重いパーツをトップに持って行った方が、身体は安定するものなのです。

しかし、妊婦さんに限ってはこの限りではなく、およそ10ヶ月かけて「お腹と頭」の重さでバランスをとるように全身の筋肉が変化していきます。

だから、臨月にもなると独特の足の運び方をするように変化する訳です。

これが出産の日を境に、今度はたった1日で再び「頭」の重さだけでバランスをとらなくてはならなくなります。

ここで全身の筋肉に大きな混乱が生じることとなるわけです。(重心の揺り戻し)

 

特に骨格(姿勢)を安定させる(支える)ように働くはずのインナーマッスル群に著しい機能低下が生じてしまうことで、産後女性の多くは姿勢が崩れ、体幹が安定しなくなってしまうことで日常的な動作にも深刻な影響が出てしまうことになるのです。

産後すぐの時期に立ったり、歩いたりといった動作がふらついてしまったり、スムーズに出来なくなってしまうのはこのため。

ちなみにジーンズが引っかかって入らなくなるなどといった、骨盤が開いたような感覚を覚えてしまうのは、股関節を支える筋肉が機能低下してしまったことによるものです。

出産で本当に骨盤は開くものなのか? 【便宜的に「骨盤が開く」という意味】

出産後のさまざまなマイナートラブルの原因となる「腹圧」の低下とは

 

また「重心の揺り戻し」と同様に、妊娠出産を経た女性が大きなダメージを負ってしまうものとして、インナーユニットの存在も挙げられます。

インナーユニットとは腹部にあって、体幹の中枢のもっとも奥深い場所に存在する筋肉の塊(かたまり)のことで、妊娠中に腹部が大きく膨らんでいったことで内側から引き伸ばされてしまい、出産後はいったん機能不全を起こしてしまうものなのです。

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

いわゆる「腹圧をかけられない」状態に陥り、これが十分に機能しない状態にあると腹筋運動が出来なくなってしまうことはもちろんのこと、風船を膨らますことすら困難になったり、尿もれや腰痛の原因になってしまうことも。

そして、「重心の揺り戻し」やインナーユニットの機能低下によって引き起こされた体幹バランスの崩れ(筋肉の機能低下)は、場合によっては自然に回復することなく、それこそ産後10年以上にもわたって日常生活に大きな影を落とし続けることもあるのです。

出産されて10年以上も経っている女性が尿もれを恐れるあまり、縄跳びやランニングができないままといった不幸な話が、こういった理由で存在する訳です。

妊娠出産を経た女性が本当に回復させておかなくてはならないもの

 

それでは妊娠出産を経た女性が本当に回復させておかなければならいものとは、いったい何なのでしょうか?

これで、もうご理解頂けたはず。

「重心の揺り戻し」や、インナーユニットの機能低下によって引き起こされる体幹バランスの崩れをいち早く回復させることこそが産後女性にとって最も必要なことであり、それは決して開いた骨盤を締めることではないのです。

医学的に骨盤が開くという考え方自体がまずナンセンスなのであり、これについては先述させて頂いた「決定的な原因」によって、あたかも骨盤が開いたように見えるようになってしまっただけだということ。

要は、骨盤が開いたように見える現象は、冒頭で述べたように「決定的な原因」によって引き起こされたあくまで「結果」のひとつに過ぎず、だから骨盤を締めようとしたところで何の解決にも繋がらないという話になります。

つまり、産後女性の抱える不調やトラブルの原因の本質が骨盤とは別のところに存在する以上は、「産後の骨盤矯正」という言葉自体が実は不適切なのではないかと考えた訳であるのです。

「まず骨盤ありき」という考え方から脱却できた時に、はじめて産後ケアの本質が見えてくるのではと、当院では考えるのです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP