「出産してから1年以上経ってしまっているんですけれども」当院の産後ケアにタイムリミットは存在しません

骨盤軸整体

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

「出産してから1年以上経ってしまっているんですけれども、大丈夫でしょうか?」

新規予約を希望される方から、こんな問い合わせを頂くことがよくがあります。

当院の産後のボディケアコースには、それこそ出産されてから1年以上経過してしまっているような方が新規で来院されることも珍しくありません。

もちろん、そういった方々の多くは、どうしても改善しない不調やトラブルを抱え、悩まれた末に来院を決意されたはずであるのですが、産後ケア産後の骨盤矯正における「タイムリミット」を気にされている訳です。

これについては結論から言ってしまうと、まったく心配する必要はありません。また、こういった事例から実は産後ケアの本質が見えてくるのです。

出産後1年以上経過してから新規来院されるケース

出産されて1年以上経ってから、当院の産後のボディケアコースに新規で来院される方々には、いったいどのような背景があるのでしょう。

比較的多いのが「出産後すぐに別の整体カイロプラクティックに通われていた」というケースで、何らかの事情で通院を止めてしまったケースです。「さしたる効果を実感できなかったから」という理由が多いでしょうか。

あとは「時間が経てば自然に回復するだろう」という、楽観的な考えによるケースも。不調やトラブルを抱えたまま、さすがに1年も経過すると不安になってくるという訳で、こういった場合、クライアントさんからの紹介で来院されることが多いです。

それと当院の場合は、当ブログを見て、抱えていた不調やトラブルが十分に改善を目指せるものであることを知り、遠方から来院されるようなケースもあります。それまで1年かかって知るところとなったという訳です。

ただ、こういった「出産されて1年以上経っているケース」だと、ほとんどの方がもはや手遅れではないかと心配されるのです。

「産後6ヶ月までに骨盤矯正しないと間に合わない」

出産後は直ちに開いた骨盤を締めなければならないというイメージを相変わらず多くの方が漠然と抱えているからであるのです。

そもそも産後ケアを「骨盤ありき」で考えるべきではない

ところで、さしたる不調やトラブルを抱えている訳でもなく、当院の産後のボディケアコースに新規来院されるような方も多くいらっしゃいます。そして、そういった方々に共通しているのが「出産したら骨盤を締めなくてはいけないから」という考え方です。

今度は逆に、出産後すぐに他の整体カイロプラクティックで骨盤を締めてもらったはずであるのに、時間の経過とともに不調やトラブルが出現し始めたというケースが存在することも、また事実。

実はこういったケースから、「そもそも産後ケアを『骨盤ありき』で考えるべきではない」という事実が透けて見えてくるのです。

先に言ってしまうと、人間の骨盤は構造的に開きようがありません。つまり、「骨盤が開く」とは便宜的な意味合いで使われているに過ぎないはずであるのです。だから、そもそも開かないものを締めようとしたところで、何も「変化」を起こせるはずもないのです。

出産で本当に骨盤は開くものなのか? 【便宜的に「骨盤が開く」という意味】

よって最初から不調やトラブルを自覚されていないようなケースでは、たとえ「骨盤を締めた」ところで、ほとんど効果らしい効果を実感することもないはずで、通院のモチベーションが保てないのも致し方ないところでしょう。また、開かないものを締めたところで、後々に生じる不調やトラブルを予防する効果など期待できるはずもなどありません。

産後ケアを「骨盤ありき」で考えること自体、ナンセンスであるのです。

いったん「骨盤ありき」という考え方から離れてみることで産後ケアの本質が見えてくる

「産後6ヶ月までに骨盤矯正しないと間に合わない」という都市伝説

骨盤が構造的に開かない以上は、「産後6ヶ月までに骨盤矯正しないと間に合わない」という言説に一切の説得力を持たないことがお分かり頂けるかと思います。

なお、「産後6ヶ月」という時限設定については、当院では効率の良い産後のボディラインの立て直しという視点から言葉として使うことがあります。現実的に「産後6ヶ月」までに取り組まれた方が余計な苦労をせずに済むからです。

しかし、これについてももちろん「産後6ヶ月」を過ぎたら手遅れということはありません。

あくまで、余計な苦労をしないという意味での「効率」を考えた場合、「産後6ヶ月」までに取り組まれた方が良いというだけの話に過ぎないのです。

できれば出産後6ヶ月までに準備しておきたいこと【産後一か月からの来院を推奨する理由とは】

産後1年以上経っても改善しないことから産後ケアの本質が見えてくる

骨盤が開かないものである以上は、産後ケア産後の骨盤矯正における「タイムリミット」は存在しないことは言うまでもありません。1年以上経っていようが、そのことで不安になる必要は一切ないという訳です。

しかしながら1年以上経っていても、依然として不調やトラブルを抱えてしまったままの状態にあるという方が多いのもまた事実で、これは骨盤とはまた別の部分に「本当に回復させなければならないもの」が存在することを暗に示唆しているのです。

出産後にズボンが入らなくなってしまったなど「骨盤が開いた」というさしたる実感がなかったような方でも、それこそ出産後10年以上にもわたって不調やトラブルに悩まされ続けるケースがあるという事実がそれを雄弁に物語っています。

もちろん、こういったものが産後1年かけて自然に回復されてしまうケースもあるでしょう。しかし、なかには産後1年経過しても、なお回復せずに悩まされ続けるようなケースも確かに存在するのです。

そして、そういった1年以上にわたって悩まれ続けているケースであるほど、より本質的な部分にアプローチすることが出来なければ、改善する見込みはないはずであるということです。

1年以上経っても、自然に回復することのなかったケースであるのだから。

出産後に「骨盤が開いた」という実感がない方でも産後ケア、骨盤矯正は必要なの?

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP