骨盤軸整体でそれこそ「たった一回の施術」で産後の尿漏れがピタリと止まってしまう場合

骨盤軸整体

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の産後のボディケアコースは、比較的早い段階で産後女性が抱える尿漏れを改善させてしまえる点が大きな特徴のひとつで、なかには初回の施術だけでウソみたいに症状が消失されてしまう方もいらっしゃるほど。

瞬時に大きな変化を出せるのが骨盤軸整体の醍醐味であるのです。

なお産後の尿漏れからの改善にあたっては、骨盤底筋(こつばんていきん)とよばれる筋肉の機能回復がカギを握っていることは今や多くの方が知るところで、そういうこともあってか出産後に骨盤底筋を締める体操や筋トレに取り組むことも一般的になってきたように思います。

しかし、そんな努力とは裏腹に産後の尿漏れについては、これがなかなか結果を出すことが難しいもの。

それもそのはず、骨盤底筋の機能回復を図るにあたっては実はちょっとしたコツが必要であったからなのです。

当院が考える、妊娠出産で骨盤底筋がダメージを受けてしまう原因について

骨盤底筋、イラストイメージ

骨盤のまさしく「底」でハンモックのように下から臓器を支えている骨盤底筋。

その役割のひとつに「尿をコントロールする」という機能があり、これが上手く機能しなくなってしまうことで出産後に尿漏れを抱えてしまうことがあります。

なお、妊娠中から産後にかけて骨盤底筋が機能低下を起こし、尿漏れを誘発しやすくなってしまう理由のひとつとしては、胎児の重さがまず挙げられるでしょう。

妊娠中にお腹の胎児が成長するとともに骨盤底筋に掛かる荷重が増し、「引き伸ばされて」しまうことで筋力低下を起こしてしまうからだと一般的には考えられているからです。

そういうこともあって出産後は弱ってしまった骨盤底筋を「鍛える」という目的で、そういった筋トレや体操が奨励されています。

「引き伸ばされて」弱った骨盤底筋を「鍛える」ことで、再び排尿のコントロールが出来るように目指すという訳です。

骨盤軸整体であれば、それこそたった一回の施術で産後の尿もれが解消してしまうことも

ところで当院の骨盤軸整体であれば、産後女性が抱えてしまった尿漏れについては初回のそれこそたった一回の施術で綺麗に改善してしまうことも珍しくありません。

ここで疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

果たして施術を一回受けただけで、弱っていた骨盤底筋が瞬時に強化されてしまうものなのでしょうか?

当然、そんな都合の良い話はありません。

当たり前ですが、骨盤軸整体ではそもそも施術でクライアントさんの骨盤底筋に直接触れることもありませんから。

なお、この現象については当院ではこう考えるのです。

妊娠出産で骨盤底筋が機能低下してしまう本当の原因は胎児の重さによって「伸びて」、「弱体化」してしまうからなのではなく、妊娠中に長期間にわたって胎児の重さを支え続けたことによって硬直し、柔軟性を失ってしまったことによって生じた機能不全にあるのだと。

つまりは物理的ストレス(胎児の重さ)によって柔軟性を失ってしまった筋肉が、ついにはその機能を失ってしまったと考える訳であるのです。

そこで骨盤軸整体では、まず骨盤底筋そのものではなく、隣接する「機能的に深い関係にある」他の筋肉群を機能回復させてあげることで、骨盤底筋が本来の機能を再び発揮できるよう誘導していきます。

骨盤底筋を単独ではなく、「機能的に深い関係にある」隣接する筋肉群と積極的に連動させて動かすよう促すことで、もう一度「骨盤底筋を動かす」という感覚を思い出しやすくさせてあげるのです。

骨盤軸整体によって「周囲の筋肉との連携を取りやすくする」という意味での「環境」を整えてあげることで、「骨盤底筋を動かす」という感覚を取り戻しやすくなるというわけ。

「締める」とか「鍛える」のではなく、あくまで使い方を思い出させてあげれば良いわけで、「他の筋肉と協調して働く」というインナーマッスルとしての特性を正しく理解することで初めて本質的な回復へと導けるという訳です。

あくまで「締める」とか「鍛える」のではなく、「骨盤底筋を動かす」という感覚を思い出させてあげることが重要であるのです。

劇的な早さで産後の尿もれが改善してしまった秘訣とは?【骨盤軸整体レポート】

骨盤底筋と「機能的に深い関係にある」筋肉とは?

それでは骨盤底筋と「機能的に深い関係にある」筋肉とは、具体的にどの筋肉なのでしょう?

結論から言ってしまうと、内転筋群と呼ばれる股関節を支えるインナーマッスルがこれに当たります。

ただ、出産後の尿漏れに限った話をするのであれば、まずは「腹圧が最低限成立した状態」であることが大前提となるでしょう。

なお、ここで言う「腹圧が最低限成立した状態」とは、骨盤底筋があくまでインナーユニットと呼ばれる腹部を支える筋肉群と機能的に一体化した状態であることを指します。

妊娠後期から産後にかけて、風船が膨らませなくなってしまったり、腹筋がただの一回も出来なくなってしまう現象の多くはおそらくインナーユニットが機能不全を起こしてしまっていることによるもの。

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

出産後に風船を膨らませなくなってしまう理由【産後ケアの本質を突くエピソード】

基本的には骨盤軸整体によって骨盤底筋を取り巻く「環境」を整えてあげた上で、内転筋群と正しく協調させて動かすエクササイズを行って頂くことで産後の尿漏れからの根本的な改善を目指していきます。

妊娠中の尿漏れもまったく同じで、骨盤底筋と内転筋群とを正しく強調させて「動かす」という感覚を思い出せてあげれば良いのです。

それは「締める」とか「鍛える」のではなく、「他の筋肉と協調して働く」という感覚を思い出させるという、あくまで機能訓練であれば良いのであって、その場合、腹圧がきちんと成立している方であれば尿漏れが一発で改善してしまうことでしょう。

これが施術で直接、骨盤底筋に触れることなく、尿漏れが一発で改善させてしまえる理由です。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP