マタニティ整体、産後ケアにおいて、いったい整体カイロに「どこまで」期待するべきであるのか?

骨盤軸整体

 

こんにちは、院長の三橋です。

産前産後ケアの専門院である当院には出産後まもない女性の方はもちろんのこと、妊娠中にある女性の方々も多くいらっしゃいます。

さて、大きなお腹を抱えて生活される妊婦さん、ひたすら抱っこと中腰を繰り返す日々におかれている産後女性のの方々は、それぞれ肩こり腰痛をはじめとする肉体的負担を抱えながらの生活を余儀なくされるもの。

そこで多くの整体院では、凝り固まった筋肉を揉みほぐしていくことになるのですが、果たして凝った筋肉を都度揉みほぐすことが根本的な解決策となり得るのでしょうか?

おそらくは時間の経過とともに元の状態に戻ってしまうだけなはずで、出来れば筋肉が必要以上に疲弊してしまう「原因」から追及できたら理想的となるでしょう。

逆に言うと、同じ生活を送っていても、さほど負担を感じずに過ごすことが出来ている方との明暗を分ける、何か決定的な「差」が原因として確かに存在する訳であるのです。

マタニティ整体、産後ケアにおいて、いったい整体カイロに「どこまで」期待するべきであるのか?

 

マタニティ整体産後ケア産後の骨盤矯正に足を運ばれるような方々は、いったい整体カイロプラクティックに何を期待するのでしょう?

ただ凝った筋肉を都度揉みほぐすだけでは根本的な解決に繋がらないわけで、もしそれで十分であるとお考えならば、そもそもクイックマッサージに行かれるはず。

しかしそうではなく、多くの方は妊娠出産の過程で決定的に生じてしまう「何か」を改善しようと、マタニティ整体産後ケアに足を運ぶ訳であるのです。

そして、おそらく一般的にはこれがいわゆる「開いた骨盤を締める」という作業になるのでしょう。

しかし当院では、「開いた骨盤を締める」といった考え方の側には立ちません。

妊娠出産の過程で決定的に生じてしまう「何か」とは、日常生活における筋肉の使い方、つまり姿勢や身のこなしやクセといった部分にあると考えるからです。

なお、これについては例えば妊娠中や出産後に、明らかに姿勢や歩き方が変わってしまったようなケースを考察してみると理解しやすいかと思います。

妊娠出産で決定的に変わってしまう「何か」の正体とは?

 

それでは妊娠出産で決定的に変わってしまう「何か」とはいったい何なのでしょう?

姿勢にしろ身のこなし(動作)にしろ、結局はすべて筋肉の問題である訳です。

例えば、妊娠初期にある妊婦さんと、同じく後期にある妊婦さんとでは、同一人物であっても、まるで歩き方が変わってしまうものです。

これは大きく膨らんだお腹によって身体の重心位置が動いていってしまった結果、お尻や内ももといった筋肉が上手く機能出来なくなってしまうから。

そして、こうした妊娠されたことによって機能低下してしまった筋肉のぶんも、他の筋肉が余計に負担を抱え込んでしまう状況を生み出してしまうのです。

当然、こういった筋肉は日常的に疲労が溜まりやすく、限界を超えてしまえば症状を持つようになってしまうことに。

お尻や内ももだけに限らず、実は妊娠から出産までの過程で、こういった筋肉のパフォーマンス低下が股関節まわりの筋肉を中心に、そこかしこで生じてしまいやすいのです。

これが妊娠出産で決定的変わってしまう「何か」の一例となります。

いったん「骨盤ありき」という考え方から離れてみることで産後ケアの本質が見えてくる

妊娠中および産後女性の抱える不調を根本から改善させるには

 

妊娠すると、およそ10ヶ月もの時間をかけてお腹は大きく成長してゆきます。

当然、お腹の成長とともに身体の重心バランスも変化していき、妊娠後期ともなると、かなり前がかりの重心をとるようになってしまうもの。

しかし、同じ妊娠後期にある方でも、姿勢バランスや歩き方の変化には、かなりの個人差があるのもまた事実です。

これは特に骨盤や背骨を支えるように働く筋肉が、どれくらいその機能を維持できているかによって生じる差なのであり、崩れてしまっている方ほど日常の何でもない動作でも太ももや背筋に余計な負担をかけてしまうことになるのです。

また、出産後も相変わらず姿勢や歩き方が変わってしまったままなんていう方は、おそらくこういった筋肉が機能低下を起こした状態のままであることが推測され、当然さまざまなトラブルの呼び水となることに。

そして出産後に、こういったいわば「眠らせてしまった」状態にある筋肉をかばうように使い続けてしまうことで、負担が集中してしまった筋肉が悲鳴をあげてしまうことになります。

つまり妊娠出産という過程で「眠らせてしまった」状態にある筋肉の機能を回復させてあげることこそが、妊娠出産で抱えてしまった不調を根本から改善させることに繋がる訳です。

これを当院では「体幹バランスを回復させる」と表現し、言い換えると筋肉を効率良く使えるように改善させることで、痛みやコリの原因の部分からの改善を図れるのです。

そして、もちろんそれは妊娠中の女性であっても成立させることが可能であり、これが当院のマタニティ整体コースが他の整体院とは一線を画す理由ということになります。

当院が産前産後ケアの専門院であるからこそ提供できるもの

 

そもそも医学的見地からして、「骨盤が開く」という現象はまずありえないもの。

だから「開いた骨盤を締める」という考え方に沿って、産後ケア産後の骨盤矯正マタニティ整体を構築しようとしたところで、当然矛盾が生じるだけでなく、結果も伴わないはずであるのです。

確かに整体カイロの先生に「開いた骨盤が締まりましたよ」と言われればそういった気もするかも知れませんが、痛みや不調ばかりは誤魔化すことは出来ません。

 

妊娠出産で決定的変わってしまう「何か」のうち、ほんの一例を先ほど挙げさせて頂きました。

なお当院の考える産後ケアにおいては、出産時に生じてしまう「重心の揺り戻し」という現象を特に重要視しており、これこそが妊娠出産で決定的変わってしまう「何か」のすべてであると言っても過言ではありません。

「重心の揺り戻し」とは要約すると、妊娠中10ヶ月という時間をかけて変化していったボディバランスが、出産というイベントによって一気にリセットされてことによって引き起こされる全身の筋肉の混乱。

急激な重心位置の変化によって、いわば脳が筋肉の使い方を一時的に忘れてしまう現象なのであり、動作をする筋肉のみならず、姿勢を制御する筋肉でさえも機能不全に陥ってしまうのです。

出産後に抱えてしまう大抵のトラブルの原因は、この「重心の揺り戻し」によって説明がついてしまうことから、もちろん当院でも本質的な産後ケアを考える上で「重心の揺り戻し」からの回復を最も重要視する訳であるのです。

ご興味のある方は、どうぞ以下の記事をお読み下さい。

当院が産前産後ケアの専門院である理由が、きっとご理解頂けることかと思います。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

体幹が回復すると骨盤が締まり、下腹の問題が解決してしまう理由【骨盤軸整体とは】

尿もれ対策のためだけではない、出産後に骨盤底筋を締めなければならない理由とは

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP