本気でボディラインを回復させたいのであれば産後1年かけて取り組むべき理由とは

骨盤軸整体

 

こんにちは、院長の三橋です。

昨今、妊娠出産されてもボディラインは諦めないという方が本当に増えて来たように思います。

だから、そういった方々には機会をみて目標体重をお聞きするようにしているのです。

「あと何キロ落としたいとお考えですか?」

その上で、こうも付け加えておくのです。

「でも、体重計の目盛りが指す数字にあまり一喜一憂しない方が良いですよ」と。

あくまでボディラインの建て直しが目標なのである以上、体重よりも体脂肪率の方が重要視されるべきだから。

そして、その効率を考えたら産後6ヶ月までになすべきこと、さらには本気でボディラインの回復を考えるのであれば、産後1年かけて取り組むべき理由があるのです。

産後ダイエットを目指すにあたって、まずはキチンと燃やせるカラダを取り戻すべき

無理な食事制限をかけても、結局はリバウンドしてしまうもの。

これは極端な食事制限では意外と脂肪よりも先に筋肉の方が落ちてしまうからで、結局、元の生活に戻ったら元どおりでは何の意味もないどころか、ますます太りやすい体質へと変えてしまうことにもなってしまうのです。

産後ダイエットの方法論としては、摂取カロリーを無理に抑えるというよりも、筋肉でしっかりと消費させることの方が重要。

まずは「キチンと燃やせるカラダ」に戻すを目指すべきで、それには妊娠出産で落としてしまった筋肉量を回復させる必要があるのです。

そういった意味では、出産後はしっかりとした食事でタンパク質を積極的に摂取するべきなのです。

それと並行して、インナーマッスルと呼ばれる筋肉を活性化させることで基礎代謝量を引き上げることも重要となってきます。

筋トレによっていたずらにアウターマッスルを増やすことでムキムキになるというよりも、女性らしい、しなやかな肢体を目指したいというのが女性の本音なはず。

それには「眠らせてしまっている」状態にあるインナーマッスルを活性化させることで、筋肉の稼働率を高めてあげるという戦略が賢明なのであり、それによりリバウンドのリスクを減らすことにも繋がるという訳です。

特に妊娠出産されたことで、こういった「眠らせてしまっている」状態にある筋肉が増えてしまうもの。

まずはきちんと体質から改善を図っていくべきであるのです。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

できれば産後1ヶ月からの産後ケアをお勧めする理由

それでは産後女性が本気でボディラインの改善を目指すにあたって、まずは何から取り組むべきなのでしょうか。

何を始めるにもまずは痛みや不調を取り除き、きちんと動けるカラダに戻しておくことが重要であると当院では考えます。

そういった意味でも、あせらずに出産後1ヶ月の間はしっかりと養生をして、その後はやはり何と言っても本格的な産後ケアを受けておくことをお勧めするのです。

痛みや不調を抱えたままの状態では何かを始めようという気持ちには到底なれないもの。

また、これから大きく成長していく我が子にしっかりと対応できるよう、自身の身体を立て直すべき時期なのであります。

やはり産後1ヶ月というタイミングでは、焦らずにしっかりと出産後のカラダを立て直すところから始めるべき。

そして、何かを始めるにあたって、まずは育児における「余力」を作るという意味でも、やはり産後1ヶ月からの産後ケアは必要であると考える訳であるのです。

骨盤軸整体を受けると、何故こんなにも疲れにくいカラダになってしまうのか?

効率を考えたら、まずは産後6ヶ月までに取り組んでおきたいこと

次にぜひ産後6ヶ月までに取り組んでおきたいこと。

それは妊娠中に増えてしまった体脂肪率を落とすことに尽きるかと考えます。

この時期の母乳は脂肪もせっせと原料として使ってくれる関係で、さほど食べても太りません。

だから、その間に基礎代謝を上げておいてしまうべきなのです。

そろそろ離乳食が始まる産後6ヶ月というタイミングに差し掛かると、授乳の回数が減ってしまうことはもちろん、母乳の質も変わってしまいます。

けれども、ご自身の旺盛な食欲は産後6ヶ月が過ぎても、ほとんど落ちないもの。

やはり、それまでにある程度「キチンと燃やせるカラダ」に近づけておく必要があるというわけです。

具体的には、妊娠で落としてしまった筋肉量を戻すことと並行して、しっかりと筋肉の材料となるタンパク質を摂ること。

もちろん暴飲暴食は避けながらも、しっかりとした食事を摂りながら、ご自身の身体の状態に合った運動をなさるべきであるのです。

ちなみに当院ではこの時期に積極的に歩かれることを推奨させて頂いています。

できれば出産後6ヶ月までに準備しておきたいこと【産後一か月からの来院を推奨する理由とは】

ある程度のレベルを目指すのであれば、やはり運動が必要になる

結局、ボディラインを作るのも筋肉です。

ボディラインをさらに磨き、引き締めるには相応の筋肉を纏うこと、つまり運動することも当然、必要となってきます。

また、それを正しく実践するには、正しい鍛え方も必要となってきます。

逆に言うと、間違った理解のもと運動されてしまうと、イメージとはかけ離れたボディラインを作ってしまうことにもなりかねないのです。

美脚を目指す上で知っておきたい事実【出産後に脚のラインが変わってしまう理由】

そういった意味では、ヨガやピラティス、バランスボール教室など専門家の指導のもと、産後ケア産後の骨盤矯正の「次のステージ」を目指すのも賢明なのかも知れません。

もしくは当院の監修のもと、ランニングを始めるのも良いかも知れません。

そして、そういった方々は見違えるほどボディラインを整えることに成功することとなるのです。

産後ケア、産後の骨盤矯正の「次のステージ」を目指して長期通院されている方々

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP