骨盤軸整体の「全て」が凝縮された最上の産後のスタートライン【骨盤軸整体レポート】

骨盤軸整体

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

今回は、妊娠中から当院のマタニティ整体コースに通われていて、第二子出産を迎えたPさんのケース。

実はPさん、第一子を出産されて2ヶ月のタイミングから当院の産後のボディケアコースに通われ続けていらっしゃった方。そういった意味では、今回の出産は骨盤軸整体の「全て」が凝縮されたケースであるといっても過言ではないでしょう。

それこそ出産前はおろか、妊娠前から通われていた程の方なので、考え得る限り最上の産後のスタートラインの引き上げを果たしたケースとなったことは言うまでもありません。

産後ケアに訪れる多くのクライアントさんがマタニティ整体に来れば良かったと仰る事実

当院の産後のボディケアコースに訪れる出産されて間もないクライアントさんの多くが実はこう口にされます。

「妊娠中も施術を受けれらると知っていたら来ていたのに。我慢しなくて良かったなんて知らなかった」

妊娠中に抱えてしまった不調やトラブルを諦めて我慢されていたという方は実に多いもの。そして、そんなPさんも例に漏れず妊娠中から整体を受けられることを知らず、第一子妊娠時は後悔されていたのです。

ただ、そこは「安全に」妊娠中も整体を受けることが出来るという、条件付きの話となるでしょう。

そういった意味では、妊娠中というナイーブな時期にある女性は、ことのほか初めての整体院に足を運ぶことに躊躇してしまうもの。

そういうこともあってか、当院の場合、妊娠されると多くのクライアントさんが安心してそのままマタニティ整体コースへと移行されるのです。

骨盤軸整体がマタニティ整体として最適であるこれだけの理由

本当の意味で産後のスタートラインを引き上げるとは

当院のマタニティ整体コースに通われていたPさんの第二子出産は、それは本当に穏やかなものとなりました。

もっと言うと、今回は妊娠中から大きな不調を抱えることなく快適なマタニティライフを送られていたのです。

そもそもPさん、第一子を出産された時は肩こり腰痛はもちろんのこと、膝の痛みや尿漏れにも悩まされていたのですが、今回出産後は、そういった症状はほとんどないか軽微なもので済みました。

それもそのはず、当院では妊娠中から出産後にかけて女性の体に生じる「変化」と、それを改善させるにあたってのアプローチ方法を明確にすることで、あくまで根本的な解決を目指していくから。

そして、当院のマタニティ整体コースと産後のボディケアコースとには、施術による進捗具合を客観的かつ正確に把握するための、ふたつのコースに共通する明確な「指標」が存在しているのです。

つまり妊娠中に、その「指標」が良好なまま臨月のタイミングを迎えることが出来れば、出産後も良好なコンディションのまま迎えることが出来るというわけ。

だから当院の場合、「産後のスタートラインを引き上げる」という言葉に一切の曖昧さが存在しないのです。

そういった意味では第二子出産のタイミングでこそ、骨盤軸整体によるマタニティ整体の効果を最も実感して頂けるはずであると言えるのです。

第二子出産のタイミングでこそ、骨盤軸整体によるマタニティ整体の効果を最も実感して頂けるわけ

産後ケアの本質を正しく理解されているからこそ

ところでPさん、第二子を出産されたあと不調らしい不調がほとんどないにもかかわらず、当院の産後のボディケアコースに引き続き通院されています。いったい何故なのでしょう?

それはPさんが産後ケアの本質を正しく理解されているからなのであって、「妊娠出産を経て本当に回復させておかなければなないもの」をきちんと理解されているからこそ。

また、それは自然分娩でも帝王切開でも同じく大きくダメージを負ってしまう部分なのであり、例え痛みや不調を自覚しなくとも違和感やボディラインといった部分、ひいては出産後の生活のQOLに影響を及ぼし続けるはずであるのです。

それと、Pさんには今回の出産後は「むしろ骨盤ベルトは装着しないでください」とお伝えしてあります。

その理由は「妊娠出産を経て本当に回復させておかなければなないもの」とは、単に開いた骨盤を締めることではないと考えるからで、そもそも骨盤ありきで産後ケアは考えるべきではないと考えるからです。

だから出産後に特に不調や痛みもなく、「骨盤が開いた」という実感がないような方でも産後ケアが必要となってくるケースが当然ある訳で、当院では先述した通りそれらは明確な「指標」をもとに判断されることとなります。

もちろんPさんも、その「指標」をもとに進捗状況を確認しながら、本質的な回復を目指して当院に通われ続けてらっしゃる訳で、その途中経過である第二子出産のタイミングを最高のコンディションで迎えられた事実がそれを証明してくれているという訳でもあるのです。

出産後に「骨盤が開いた」という実感がない方でも産後ケア、骨盤矯正は必要なの?

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP