なんと第一子を妊娠する前よりも痩せることに成功してしまったケース【骨盤軸整体レポート】

骨盤軸整体

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

妊娠出産で抱える肉体的負担については、「かなりの個人差が生じてしまう」というのが産前産後ケアの現場に携わる者としての率直な気持ちです。

妊娠中に抱える悪阻(つわり)の程度や胎児の大きさなどから始まり、出産後は生まれてきたお子さんの性格やサイズ、兄弟姉妹の有無も肉体的負担を左右する重要なファクターとなり得るもの。

今回は、そんな妊娠中から身体が悲鳴をあげてしまったQさんのケース。

しかし出産後は、本人の前向きな努力で妊娠前よりも「あらゆる面で」コンディションを上げることに成功することとなったのです。その経緯について。

妊娠後期のタイミングで当院のマタニティ整体コースに新規で来院

Qさんが最初に当院に訪れたのは、マタニティ整体コース。すでに妊娠後期に入ったタイミングで、腰痛やふくらはぎのトラブルに悩まれた末の来院でした。

ご本人も仰っていたのですが、「とにかく疲労困憊だった」という印象が今も強く残っています。

当時、幼稚園通う上のお子さんを育てながらのマタニティライフは、第一子妊娠の時よりも精神的にも肉体的にも遥かに大きな負担となっていたのは言うまでもありません。

だから、とにかく少しでも「疲れにくい身体」へと体質改善させてあげることを目的に施術プランを工夫したことを今でもよく覚えているのです。

何とかして、この苦境を乗り越えさせてあげなければ。

そんな思いでマタニティ整体コースに通って頂いたのです。そしてQさんの側も、こちらの提案することに対して真摯に取り組んで下さったのです。

骨盤軸整体を受けると、何故こんなにも疲れにくいカラダになってしまうのか?

出産後2ヶ月のタイミングで産後のボディケアコースへ再び来院

お腹の子が大きめだったということもあり、予定日よりやや早く出産の日を迎えたQさん。そして今回、第二子出産から2ヶ月が経ったタイミングでの再来院となりました。

聞けば何もケアをしていなかった第一子出産の時とは違って、今回は妊娠中からすでにきちんと産後ケアをしておこうと決めていたのだそう。

ところでQさん、今回の第二子出産にあたって、当院の産後のボディケアコースに「密かに期待すること」があったようなのです。

それは、ズバリ言ってしまうと産後のボディラインの立て直し

Qさん、痛みや不調から解放されたいのはもちろんであるのですが、それ以上に今回はしっかりとボディラインを回復させたいという希望を実はマタニティ整体コースに通われていた時からお持ちであったようなのです。

なお、Qさん自身に妊娠されていた当初からこういった願望があったのかどうかは分かりません。

ただ、マタニティ整体コースに通われていた段階で既に「産後のボディラインの立て直し」については重ねてお話しをさせて頂いていたので、ひょっとしたら自然とモチベーションが上がっていったのかも知れません。

そうであるのならば、Qさんは妊娠中の段階から産後ケアについては高い場所に目標を見据えていたということになります。

出産後、体重は戻ったのにどうしてもウエストラインやお腹のたるみが取れなくて悩んでいるという方へ

運動を始めるタイミングを見据えつつ産後ケアに励む

比較的大きめのお子さんだったということもあり、第二子の育児も困難の連続となりました。

それだけでなく上のお子さんが人一倍手のかかるお子さんだったことも、状況をいっそう困難なものにしていたのでしょう。

しかしQさん、抱っこによる負担につい負けそうになりながらも、骨盤軸整体によるバックアップとご本人による創意工夫で何とかこの苦境を乗り切ったのです。聞けば、これでも第一子の頃よりも体調は断然良いとのこと。

これはこちらの提案に対して何ら疑うことなく真摯に取り組んで下さったQさんの日頃の努力の賜物とも言えるでしょう。

そして、着々と「運動を始めるタイミング」を図っていたのです。

前鋸筋をきちんと使いこなすことで、育児における肩こりを劇的に改善させてしまおう!

なんと第一子を妊娠する前よりも痩せることに成功することに

ただ痩せるだけであるのならともかく、ボディラインから再構築しようとするのであれば、やはりある程度の運動が必要になるものと当院では考えます。

また、それはそこまでの強度の運動でなくとも良く、惰性ではなく、ある程度の意図を持った上で歩くこと、もしくはベビーカーを押すことで十分であるとも考えるのです。

そして、運動を始めることでホルモンのバランスが変わり、より前向きでポジティブな気持ちへと変わっていくことも期待できるのです。むしろ、これが運動による一番の効能であるのかも知れません。

わかりやすく言えば、後ろ向きな気持ちのまま、いたずらに自宅に籠る時間が長くなれば、人間はつい食に走ってしまう生き物であるということです。

まずはベビーカーウォーキングから始めてみませんか?産後女性が始める理想的な運動習慣

しかし、痛みや不調を抱えたままでは「何かを始めよう」という気持ちにはなかなかならないもの。ましてや疲労困憊のままでは、なおさら難しくなるでしょう。

そういった意味では、育児のなかに「余力」を作ることが大切なのではないでしょうか?

痛みや不調はもちろんのこと、疲労を溜め込まないという意味での身体作りです。これを当院では体幹バランスの回復という言葉を用いて、クライアントの皆さまには、その重要性をお伝えしています。

もちろん、Qさんはこういった部分をすべてクリアされただけでなく、ファスティングなど様々なものに挑戦された結果、出産後1年半が経った現在では、なんと第一子を妊娠される前よりも痩せることに成功されたのだとか。

きっと作り出した「余力」が身体を内側から良い方向へと作用させ、好循環を生み出すことに繋がったのでしょう。

育児のなかでしっかりと「余力」を作れている方ほど産後ボディの建て直しに成功している

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP