骨盤軸整体であれば産前産後ケアだけでなく、高齢者の運動機能回復にも貢献できる理由

骨盤軸整体

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

産前産後ケアの専門院である当院にも、実はそれ以外の目的で通院されているクライアントさんたちが多くいらっしゃっています。

肩こり、腰痛など一般的な身体の不調の改善やメンテナンスを目的に、男性はもちろん、高齢者の方々もいらっしゃっているのです。

みなさん基本的には産後のボディケアコースや、マタニティ整体コース通われていたクライアントさんたちからご紹介して頂いた方々なのですが、これは骨盤軸整体が産前産後ケアだけでなく、生活習慣などに起因する一般的な症状に対しても幅広く効果が期待出来るからこそ。

骨盤軸整体のもつ「運動機能の回復」という側面が、慢性化してしまった不調やトラブルに対して、とても効果的であるからなのです。

ロコモティブシンドロームという言葉をご存知ですか?

 

いきなりですが「ロコモティブシンドローム」という言葉は、ご存知でしょうか?

その内容は、ざっと以下の通り。

加齢によって骨や関節、筋肉、さらにはそれを支える神経などが劣化していくことによって、歩行をはじめとする運動機能に障害が生じてしまうことを指す言葉で、将来的に介護を必要とする「寝たきりの生活となるリスクが高い状態」とも言えます。

加齢によって歩行機能を低下させてしまうことが、著しくQOLの低下を招いてしまうだけでなく、将来的に要介護リスクを跳ね上げてしまうことに繋がってしまうのです。

歩くことが困難になり、行動範囲が制限されてしまうようになると、毎日の生活を楽しむことも難しくなろうもの。

やがて、自宅に引きこもるようになってしまうことで、認知機能にも悪い影響を与えることになってしまうのです。

産後ケアだけでなく、ロコモティブシンドローム対策として骨盤軸整体がこんなにも有効である理由とは

運動機能の衰え方には、実はかなりの個人差があるもの

 

高齢であっても背筋がシャンと伸び、颯爽と歩いている方って、いらっしゃいますよね。

実は運動機能の衰え方には、かなりの個人差が出てくるもの。

生活に直接差し障るような既往症や、スポーツ障害(膝や腰などの故障歴のある方など)をお持ちのような方は別とすると、多くの場合は生活習慣によって左右されるものと考えて良いでしょう。

現代人は、特に長時間にわたるデスクワークで、背骨や骨盤など骨格を支えるように働く筋肉を劣化させてしまっていることが多く、こういった筋肉を早くに弱らせてしまった方から姿勢が崩れ、歩き方も高齢者独特のそれに近づいていってしまうのです。

また、慢性的に抱えてしまっているような肩こりや腰痛は、こういった筋肉の衰えに起因することが多く、ある意味、ギックリ腰や四十肩、五十肩などは、そういった現状にあることを知らせるサインであるとも考えるべきなのです。

 

そこで、ブログ冒頭で紹介した高齢者や男性のクライアントさんたちは、こういった状態に陥らないように当院に定期的に通われてらっしゃるのです。

それは骨盤軸整体のもつ「運動機能の回復」という側面があることによって、姿勢や歩行などといった問題にも充分にアプローチすることが可能であるからこそ。

高齢なっても背筋が伸び、颯爽と歩ける方の秘訣とは【老化のカギを握る大腰筋】

産前産後ケアと同様に骨盤軸整体で体幹バランスを回復させることで

 

当院の産後のボディケアコースおよび、マタニティ整体コースでは、本来「背骨や骨盤など骨格を支えるように働く筋肉」の機能を回復させることで妊娠中や産後女性の抱える不調やトラブルからの根本的解決を目指していきます。

当院では、これを産前産後の女性の体幹バランスを回復させると表現し、これこそが本質的な産前産後ケアであると考える訳です。

そして、骨盤軸整体であれば、妊娠中や産後まもない女性の「背骨や骨盤など骨格を支えるように働く筋肉」を機能回復させることと同じように、男性や高齢の方々の筋肉を機能回復させていくことも、もちろん可能であるのです。

 

加齢による衰えに加えて、長時間のデスクワークや運動不足などによって、身体の中枢部分、まさに体幹を支える筋肉が自覚のないまま機能低下を起こしてしまうと、姿勢だけでなく歩き方すら変えてしまうことになります。

歩き方をはじめとする身のこなしが変わってしまうのは、機能低下している筋肉の働きを別の筋肉が補おうとしてしまうから。

これを筋肉の代償動作といい、無意識のうちにこういった本来とは違う筋肉の使い方を続けてしまうことで、一部の筋肉や関節に余計に負担を掛け続けてしまう結果となってしまうのです。

そして、体幹バランスが崩れたままにある状態(代償するような筋肉の使い方)で日常生活を送り続けることで、肩こり腰痛だけでなく、膝や首などの関節に痛みだけでなく組織の変形をもたらすことに繋がってしまいます。

こういったアンバランスな状態にある筋肉の連携を改善させる、つまり体幹バランスを回復させることこそが骨盤軸整体のもつ「運動機能の回復」という側面に他ならない訳であるのです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP