「床からスッと立ち上がれるようになった!」骨盤軸整体がもたらす意外な効能について

骨盤軸整体

こんにちは、院長の三橋です。

当院の産後のボディケアコースには、皆さんそれぞれに様々な悩みを抱えて来院されるもので、肩こり腰痛はもちろんのこと「骨盤が開いてしまった」かのような状態、もしくはそれに付随する尿もれや、ぽっこりお腹などといった産後のマイナートラブルからの改善を求めていらっしゃいます。

もちろん、こういった悩みを抱えた方々が当院に集まるのも“産前産後ケアの専門院”であるからこそなのですが、なかには通院していくうちに早い段階で本人が予想していなかった意外な効能を実感されてしまうケースがあるのです。

今回はそういった「意外な効能」の実例を挙げて、紹介させて頂こうかと思います。

まずは当院の考える本質的な産後ケアについて

ここでまず最初に当院が考える本質的な産後ケアについてお話しさせて頂きます。

当院の産後のボディケアコースでは、基本的に凝り固まってしまった筋肉を都度揉みほぐすといった考え方には立っていません。ただ凝った筋肉をほぐすだけでは同じことの繰り返しとなってしまうだけであるからです。

もちろん筋肉をほぐす作業もおこなうのですが、それと並行して筋肉のコンディションが再び低下してしまわないよう筋肉の使い方から変えてしまうのです。いわば筋肉の使い方の「効率」を上げることで、特定の筋肉にばかり負担を掛けてしまう状況を原因から改善させてしまうのが骨盤軸整体であるのです。

これにより施術後、再び同じ日常生活に戻られたとしても、以前ほどの疲労感を感じにくくなります。

これを当院では体幹バランスの回復と定義することとし、筋肉の使い方の「効率」を変えることで産後女性が抱えている症状からの根本的解決を目指していくという訳です。

多くの産後女性は、妊娠出産の過程で著しくボディバランスを変化させてしまうことで知らず識らずのうちに体幹バランスを崩してしまい、結果、様々な不調の原因を作ってしまうもの。そこで、こういった出産後に崩れてしまった体幹バランスを直接回復させてあげることで、短期間のうちに産後に抱えてしまった不調や痛みからの根本的改善が図れるはずであると当院では考えるのです。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

初回施術を受けただけで勝手に姿勢が良くなってしまった

まず何と言っても、初回来院の際に真っ先に変化を感じて頂ける部分が姿勢の変化。たった一回の施術を受けただけで、意識しなくとも勝手に姿勢が良くなってしまうことに多くの方が驚かれます。

なかには指摘されて初めて姿勢の変化に気付かれるような方ももちろんいらっしゃるのですが、そういった方でも以前とは比べ物にならないほど楽に立つことができ、座った時の「腰の収まり」が格段に変わっていることに驚かれることになるのです。

これは施術によって活性化したインナーマッスルが本来の機能を果たしてくれるようになったことで起こる現象で、本来、筋肉は現状のボディバランスにおいて最も物理的負担の少ない姿勢を勝手に探ってくれるものだからなのです。

つまり、これが本来目指すべき生理的に正しい姿勢なのであって、一人ひとりのボディバランスがそれぞれ異なる以上は「画一的な」正しい姿勢など存在しないということ。他者に強制された姿勢をとると却って疲れてしまうのは、このためです。(それは視覚的に正しい姿勢にすぎないということ。)

骨盤軸整体を受けると途端に姿勢が良くなってしまう理由【出産後の姿勢改善に】

歩き方が自然と変わってしまった、楽に歩けるようになった

続いて実感しやすいのが歩き方の変化。こちらも初回の施術の後に比較的実感して頂きやすい部分で、また当院が来院初期の段階で、ことのほか重要視するポイントでもあります。

骨盤軸整体を受けたことによって体幹バランスが回復し“骨盤に軸が通った”状態になると、股関節のアライメントに変化が起き、脚やお尻の筋肉の力の入り方はもちろんのこと足裏への体重の乗り方から変化していることに驚かれることになります。そして妊娠出産を経て、すっかり歩き方が変わってしまっていた事実にようやく気付かれることとなるのです。

また、これについては逆の考え方も然(しか)り。

そういった歩き方が出来るよう意識することで、“骨盤に軸が通った”状態へ自らの体を復元させていくことも可能で、これが理解出来るようになると、頻繁に当院の施術を受けなくとも自力で良い状態を保てるようになると当院では考えるのです。

そういうことから、機会を見て当院では「正しい歩き方」をレクチャーさせて頂いています。

たとえ抱っこで腰を反らせ、授乳で背中を丸める日々が続いたとしても、惰性で歩くことなく正しい歩き方を意識することで骨盤を正しいポジションへと誘導することができ、ご自分の体を自分自身で正しいバランスへと導けるのです。

それと余談ですが、歩き方が変わったことで脚のラインが自然と綺麗になったという話もよくお聞きすることをここに付け加えておきます。

正しい歩き方を意識することで、みるみる体幹バランスが回復していく【骨盤を引き締める歩き方】

胡座(あぐら)がかきやすくなった、前屈が出来るようになった

続いて多くお聞きするのが、「胡座(あぐら)をかきやすくなった。前屈が出来るようになった」という声。

骨盤軸整体によってインナーマッスルが活性化し、骨盤のポジションが正しい位置に誘導されると、股関節を支えている筋肉の負担がだいぶ軽減されます。これにより、例えこれまで通り同じ生活を送ったとしても、以前ほど筋肉が疲労して固まってしまうということがなくなってきます。

こうして疲れて硬直してしまった筋肉が特定の動作を妨げることがなくなってくる訳です。

また、それまで上手く力を入れられなかったお尻の筋肉のパフォーマンスが上がることで、股関節を広げる力自体が増し、これが「胡座をかきやすくなった」という実感をもたらしてくれるのです。

育児をされている方は、床に直接座る機会が多いもの。

しかし皮肉なことに、妊娠出産によって股関節の柔軟性を失ってしまう女性が非常に多いものであるのです。

立ったまま靴下が履けるようになった、床からスッと立ち上がれるようになった

「立ったまま靴下が履けるようになった」

そもそも立ったまま靴下を履くという行為にトライするような産後女性が少数派であることは言うまでもありません(笑)。しかし、これも比較的よくお聞きする効能です。

それと「床からスッと立ち上がれるようになった」という声も、よくお聞きします。

どちらも、股関節を支える筋肉が格段に上手に使えるようになったことで、実感出来る効果、効能です。

特に当院で重要視している丹田とよばれる部分に軸が通ると、飛躍的に股関節まわりの筋肉のパフォーマンスが向上することで実感されやすくなります。そして、こういった部分が妊娠出産で知らず識らずのうちにパフォーマンスが低下してしまっていた事実にようやく皆さんは気付かれることとなる訳です。

丹田を上手に利用することで育児に負けない身体を作る【ワンランク上の産後ケア、産後の骨盤矯正を目指そう】

 

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP