育児のなかでしっかりと「余力」を作れている方ほど産後ボディの建て直しに成功している

骨盤軸整体

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

昨今、テレビCMや電車の車内広告などで「痩身」を謳った広告を目にすることが当たり前になってきたように思います。高まる健康志向の表れといったところなのでしょうか。

ところで、ひとつ気になることがあります。

ただひたすらマッサージを受けたり、機械を用いて電流を通したり、クライアントは完全に受け身の状態で施術を受けるだけで本当に望んだ結果を得られるものなのでしょうか?

人間の体から脂肪を落とすのはそう容易いことではなく、ましてやある程度「作り込む」にはやはり運動が必要となってくるはずだからです。

産後ケアにおいて運動するまでもなく痩身効果が期待出来てしまうケース

当院の産後のボディケアコースには、妊娠出産で崩れてしまったボディラインの建て直しが目的で通われているクライアントさんたちが大勢いらっしゃいます。

一言でボディラインといっても、ヒップラインの問題であったり、ぽっこりお腹レッグラインの悩みであったり、それは多岐にわたるものなのですが、筋肉の機能低下に起因するものであれば即効性を期待できる場合もあります。

それこそ、たった一回の施術で出産後に穿けなくなっていたジーンズが入るようなってしまうなんてことも。

もちろん個人差が出てくる話でもあるのですが、股関節のアライメントに問題があったようなケースでは比較的早く効果を実感して頂きやすいようです。

しかし、こういった場合は瞬時にして脂肪が消失したという話ではなく、筋肉の機能が瞬時にして回復したことによって骨格が動いたことによるもので、間違っても一回の施術によって「何キロ痩せました」という話ではないことをここで強調しておきます。

たった一回の施術で出産後に穿けなくなっていたジーンズが入るようになってしまう場合

当院の産後のボディケアコースにおける基本的な流れについて

当院の産後のボディケアコースでは、筋肉の機能回復によるボディラインの再構築と並行して、基礎代謝の改善も図っていくことで「きちんと燃やせるカラダ」を目指していきます。

具体的には、通院による施術によってきちんと筋肉が機能できる状態に回復させてあげつつ、自宅で出来る簡単なエクササイズを実行して頂くことで妊娠中に落としてしまった筋肉の「量」の回復をも図っていくのです。

あくまでカロリーを燃焼してくれる主役は筋肉です。その筋肉の「量」と、稼働率といった意味での「質」も追求することで、効果的に基礎代謝を上げていくのです。眠らせたままの筋肉では燃焼してくれない訳ですから。

つまり、「施術一回で何キロ痩せる」といった有りもしないこと標榜するのではなく、施術によって「きちんと動かせるカラダ」そして、エクササイズによって「きちんと燃やせるカラダ」にもっていくという訳です。

ですので、ある程度理想的なボディラインに到達するまで少なくとも産後6ヶ月を目処に、本気でボディラインを回復させたいのであれば産後1年かけて取り組むことを推奨させて頂いています。

ここまでが当院の産後のボディケアコースにおける基本的な流れとということになります。

本気でボディラインを回復させたいのであれば産後1年かけて取り組むべき理由とは

痛みや不調を抱えたままでは前向きな気持ちは生まれにくいもの

ここで当院の考える筋肉の「稼働率」について補足しておこうかと思います。

妊娠から出産までの過程で、女性の体にはどうしてもある意味「眠らせたまま」にある筋肉が生じてしまいます。

妊娠中はもちろんのこと、お腹の成長とともにおよそ10ヶ月かけて変わっていったボディバランスが、出産というタイミングで急激に変化してしまうことにより機能しなくなってしまう筋肉が出てきてしまうからです。

そして、こういった「眠らせたまま」にある筋肉をかばってしまう、いわば「間違った体の使い方」をしているうちに特定の筋肉に負担を集中させてしまうことに繋がるのです。

またそれだけでなく、筋肉の運用という面でも無理のかかる合理的でない体の使い方をしてしまっているぶん、余計に筋肉が疲労しやすくなるはず。でも逆に言うと、こういった使い方を修正できれば「疲労しにくいカラダ」に体質を変えてしまうことももちろん可能となります。

そして、こうして痛みや不調から解放されると心に余裕が生まれ、「何かを始めよう」という前向きな気持ちが生まれてくることになるのです。つまり、こうして日々の生活のなかに「余力」が生まれる訳です。

骨盤軸整体を受けると、何故こんなにも疲れにくいカラダになってしまうのか?

育児のなかに「余力」を生み出さないことには何も始められないもの

当院の産後のボディケアコースに通われるクライアントさんたちのなかには、妊娠前よりも格段にボディラインを引き締めることに成功されてしまうような方も多くいらっしゃいます。

そういった方たちの中には「育休中のこの機会に本気でカラダを磨きなおしてしまおう」といった、妊娠中から目標を立てていたような方もいれば、当院に通われるうちに徐々に身体や健康といったものに興味を持ち始めるようになったなんて方も。

そして両者に共通して言えるのが、アクティブな生活を送っているということです。

やはり人間というのは、自宅に篭る時間が長くなると却って食欲が刺激されてしまうもので、ただでさえ出産後の女性というのは食欲が旺盛になってしまうものだから困ってしまうもの。

そこで「運動」が重要なキーワードとなってくるのです。

それこそ歩くことや走ることはもちろん、ベビーカーを押すことでも良いのです。運動することでポジティブな気持ちにさせるホルモンの分泌が促され爽快感を得られることだけでなく、外部から刺激を受けることで良い意味で食欲を紛らわせることにも繋がります。

ある程度身体を「作り込む」には、やはり運動が必要となってくるという訳です。

しかし、育児をされるにあたって痛みや不調を抱え疲労困憊の状態では、当然のことながら運動をしようなんて気持ちにはならないですし、そもそも自分の身体に関心や興味も向かないもの。

そういった意味では、一歩踏み込んだ産後ボディの建て直しを考える上で、育児のなかにしっかりと「余力」を作り出してあげることが、まず何よりも重要であると当院では考えるのです。

育児に負けない体を作ろう!本質的な産後ケアで産後12ヶ月がここまで変わる!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP