代償動作(だいしょうどうさ)から産後ケアを考察してみると本質が見えてくるという話

骨盤軸整体

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の産後のボディケアコースは、妊娠出産で抱えてしまった不調やトラブルからの、あくまで根本的な改善を目指す内容であることが特徴となっています。ただ硬くなってしまった筋肉を揉みほぐすのではなく、硬くさせてしまう原因の部分にアプローチしていくという訳です。

たとえ症状が緩和されても、時間の経過とともに元に戻ってしまっては、時間もお金ももったいないですものね。

そこで原因の本質を探る上で重要なカギを握ることになるのが妊娠中に生じてしまった「代償運動(だいしょううんどう)」。

考えてみれば、ただ普通の生活をしているだけなのに膝や尾てい骨、恥骨まわりに痛みを抱えてしまうことになるなんて不思議な話だと思いませんか?

産後に抱えてしまう不調やトラブルの原因となる代償運動とは?

まずは「代償動作(代償運動)」という言葉について説明しなくてはなりません。

ある動作を行おうとする時、本来機能しなくてはいけない筋肉の代わりに別の筋肉で動作を補ってしまう状態にあることを指す言葉で、本来ではない使い方を繰り返すことでやがて筋肉は損傷してしまうことになります。

例えば猫背の状態にあるような方は、両手を上に伸ばそうする時、無意識のうちに腰を反らせてしまうような動作をしてしまいがち。本来動かなくてはならない部分(背中)が硬くて動かないため、やむなく腰を反らせて動作を「代償」してしまっているという訳です。

しかし、これは本来の使い方ではないため、繰り返すことで腰を支える筋肉も関節もオーバーワークとなり、結果的に損傷してしまうことになります。

これと似たような現象が妊娠中から女性の体のあちこちで起こるもので、お腹の成長とともにボディバランスが変化していく過程で、どうしても一部の筋肉が機能できない状況を作ってしまうのです。

例えば妊娠後期に入った妊婦さんをイメージしてみて下さい。独特の歩き方をするものですよね。

これは妊娠後期ともなると腹筋が機能低下していってしまうことで、どうしてもお尻や内ももの筋肉といった、本来、歩行時に活躍しなければならないような筋肉に上手く力が入らなってしまうことで生じてしまう現象です。

当然、代わりに酷使されているような筋肉は悲鳴をあげることになります。

そして問題は、こうした一連の「代償動作」が困ったことに必ずしも出産後にリセットされるという訳でもないということ。つまり、こういった部分に出産後に抱えてしまう不調やトラブルの本当の原因が潜んでいるとい訳であるのです。

産後のボディケアコースに初回来院された後こそ歩き方の変化を実感していただきたい理由

妊娠出産を機に経験したことのない不調やトラブルを抱えてしまう理由は

多くの女性が妊娠中、すでに代償動作による不調やトラブルを抱えるようになってしまうのは先述した通り。

ただ普通の日常生活を送っているだけなのに、膝や腰の痛みはともかく、恥骨や尾てい骨といった部分にトラブルを抱えてしまうようになってしまう理由のなかには、実はこういった原因が存在していたのです。

そして、さらにには妊娠中10ヶ月かけて変化していったボディバランスが出産の日を境に今度は劇的に変わってしまうことになります。このタイミングで、さらに多くの筋肉が機能低下を起こしてしまうことになるのです。

これを当院では特に「重心の揺り戻し」と呼び、この現象によって引き起こされる様々な代償動作を解消することではじめて産後女性が抱える不調やトラブルからの根本的な解決を図れることを突き止めたのです。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

骨盤軸整体であれば妊娠出産以外のケースにも応用可能である理由

機能低下を起こし、いわば「眠らせてしまっている」状態にある筋肉のせいで、一部の筋肉に過剰な負担を掛けてしまっていることに問題の本質が潜んでいたという訳です。

これは言い方を変えると、ひたすら効率の悪い筋肉の使い方を繰り返している状態とも言えるかと思います。

そして、こうした「眠らせてしまっている」状態にある筋肉の機能を呼び覚まし、再び効率の良い筋肉の使い方に短時間で変えてしまうのが当院の提供する骨盤軸整体メソッドです。分かりやすく例を挙げるとするならば、筋トレをすることなく筋力を上げてしまうことが可能になるという話。

つまり、筋肉が本来持ち合わせている能力を十分に発揮できる状態にして差し上げれば、少なくとも育児のなかで膝や股関節まわりの痛みといった、これまで経験したことのないようなトラブルを抱えることなく生活を送ることが十分に可能となるはずなのです。

なお妊娠出産とは全く関係のない話なのですが、似たような話で、長いブランクのあと長距離走を再開した男性が以前は痛めなかったような箇所に問題を抱えるようになってしまったケースがあります。

おそらく故障箇所を押して無理して走っているなかで、知らず識らずのうちに望ましくないフォームへと変化していってしまったのでしょう。これもやはり代償運動を行っている箇所を突き止めて修正しないことには、ずっと問題を引きずることになってしまうはず。もちろん、こういった場合でも骨盤軸整体は適用可能となります。

そういった意味では、骨盤軸整体は産後ケアにとどまらず、一般の方々が抱える思いがけない不調やトラブルにも十分応用が可能である施術アプローチ法と言えるでしょう。

「床からスッと立ち上がれるようになった!」骨盤軸整体がもたらす意外な効能について

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP