第二子出産のタイミングでこそ、骨盤軸整体によるマタニティ整体の効果を最も実感して頂けるわけ

骨盤軸整体

 

こんにちは、院長の三橋です。

今やすっかり一般的となった感があるマタニティ整体マタニティケア

妊娠中の女性への整体がまだ禁忌だった時代が実に懐かしいです。

 

ところで、実際にマタニティ整体マタニティケアの効果を実感する機会って、どんな時なのでしょう?

当院の場合、なんといっても第二子出産のタイミングになります。

それは明らかに当院の「マタニティ整体コース」でしたら「産後のスタートライン」を引き上げられるという自負があるから。

もちろん、ここ荻窪にも駅前近辺を中心にマタニティ整体、マタニティケアをメニューに掲げる数多くの整体、カイロプラクティック院が存在していますが、産前産後の専門院だからこそ提供できる本物のマタニティ整体、マタニティケアがあるということです。

快適なマタニティライフ送りましょう!そこに明確なコンセプトはありますか?

 

いまや多くの整体院で普通に見かけるようになったマタニティ整体ですが、その内容はというと「当たり障りのない内容」に終始せざるを得ないというのが実情のよう。

妊娠中の女性への施術は非常に大きな制約が付き纏うことになるからです。

いきおい一般の整体院では無難な施術内容に終始することになるはずで、リラクゼーション的なものを「それらしい理由をつけて」提供するくらいのものでしょう。

だから、施術プランに明確なコンセプトが存在するはずもなく、ひたすら抽象的な効果をうたう整体院が多い訳であるのです。

「快適なマタニティライフを送りましょう!

かなり使い古された言葉ですが、場当たり的なマッサージを繰り返すことが果たして本当に快適なマタニティライフを送ることに繋がるのでしょうか?

快適なマタニティライフと産後のスタートラインを見据えた上でマタニティ整体に求められるもの

リラクゼーションではなく、あくまで根本的解決を目指すのが骨盤軸整体

 

そもそも骨盤軸整体は、産前産後の女性のために開発された整体法。

まさに触れるくらいの柔らかいタッチで施術を行えるのが大きな特徴となります。

だから妊娠中はもちろん、産後1ヶ月に満たないような非常に繊細な時期にある女性でも安心して施術を受けることが出来るのです。

 

そして、当院の「マタニティ整体コース」の最大の特徴が、妊娠中の女性であっても痛みや不調からの根本的な改善を目指せるという点。

「体幹バランス」という独自の着目点から、特定の筋肉に負担を集中させないように筋肉の使い方から変えてしまうことで、痛みや不調を作り出さない体に作り変えてしまうのです。

つまり、都度硬くなった筋肉を揉みほぐすのではなく、「体幹バランス」を回復させることによって筋肉自体が硬くならないように根本的な解決を図ってしまえるということ。

骨盤軸整体であれば、たとえ妊娠中であっても抱えてしまった症状を原因の部分から改善出来てしまえるのです。

ここが「よくある普通の整体院」の提供するマタニティ整体との決定的な違いとなります。

当院のマタニティ整体であれば、妊娠中であっても不調やトラブルからの根本的解決が目指せる理由 

本当の意味で「産後のスタートラインを引き上げる」こととは?

 

実は当院の「産後のボディケアコース」と「マタニティ整体コース」との間には、施術による進捗度合いを測る上でのある共通する明確な指標が存在しています。

それは先述させて頂いた「体幹バランス」。

産後女性の抱える不調やトラブルの原因の多くがこの「体幹バランス」の崩れにあると当院では考え、また崩れてしまった「体幹バランス」を回復させてあげることこそが妊婦さんだけでなく、産後の不調からの根本的解決になると考えるのです。

また、どれくらい「体幹バランス」が成立しているかを確認する客観的な指標を施術者のみでなく、クライアントさん自身にも確認して頂き共有することとなるのですが、「マタニティ整体コース」に限った話をさせて頂くと妊婦さんには妊婦さんなりの「体幹バランス」および正しい姿勢(理想的な姿勢)があるということになります。

そして、妊娠中に「体幹バランス」を大きく崩さなかった方ほど、出産後も「体幹バランス」が成立しているもの。

つまり、産後のスタートラインに実際に差がつくこととなるのです。

そういった意味では第一子出産後に初めて当院にいらっしゃったような方こそ、当院のマタニティ整体に通われたことによって第二子出産の産後のスタートラインが引き上げられたことを実感して頂けるはずであるのです。

 

当院のマタニティ整体マタニティケアには明確な施術コンセプトが存在しています。

それは妊娠中であっても場当たり的で慰安的なものではなく、あくまで根本的な解決を目指すものであり、さらには本当の意味で「産後のスタートライン」を引き上げるものであるのです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP