Pocket

こんにちは、院長の野田です。

先日の日曜日に「ベビーマッサージ&楽ちん抱っこ体験会」を開催しました。

 

参加されたのは2名のママさん。

どちらも産後3ヶ月前後の、いわば新米ママさんです。

 

講師は助産師の佐藤先生と田之上先生。

佐藤先生は練馬区と埼玉県秩父市を中心に活躍されている「助産院るのん」の院長さんで、

田之上先生は杉並区で訪問助産師として、たくさんの新米ママさんをサポートされています。

どちらもベテランの助産師さんで、当院が主宰している「アラウンドバースボディケア・スクール」の卒業生でもあります。

 

軽く自己紹介も終わって、まずは佐藤先生担当のベビーマッサージから。

 

楽ちん抱っこ体験会

 

初めは服を着せたままで、ゆっくりマッサージしていきます。

 

楽ちん抱っこ体験会

 

うつ伏せにした状態で、赤ちゃんの顔を見ながら。

どっちもお首がしっかりしてますね!

 

楽ちん抱っこ体験会

 

はだかんぼでマッサージ。

気持ちよかったのでしょうね、赤ちゃんも終始ご機嫌でした。

 

続いて抱っこ教室。

まずは田之上先生が基本的な抱っこのポイントを説明します。

 

楽ちん抱っこ体験会

 

実際に抱っこしてみると、こんな感じです。

 

楽ちん抱っこ体験会

 

腕の使い方と、赤ちゃんの高さがポイントです。

産後のママさんは腱鞘炎になることが非常に多いですが、この抱っこ方法ならそれも予防できますね!

 

そしてお次は布を使ったスリングでの抱っこの方法。

 

楽ちん抱っこ体験会

 

お二人の先生は「ベビーウェアリング」という抱っこ方法を推奨していて、それに基づいたスリングの使い方を説明してくれました。

 

楽ちん抱っこ体験会

 

「すごく楽!!」

「赤ちゃんの重さを感じないです!」

「このまま帰りたーい(笑)」

と、参加されたお二人の快適さにびっくりしていました。

 

記念撮影もパシャリ(笑)

 

楽ちん抱っこ体験会

 

最後はお二人が持参した抱っこ紐の、正しい使い方をレクチャー。

 

楽ちん抱っこ体験会

 

折しも二人とも同じエルゴでした。

やっぱりエルゴ大人気ですねー。

 

スリングとエルゴでは当然使い方が違ってくるのですが、本質的な「体に負担をかけない方法」という意味では共通するポイントがあるので、そこさえしっかり理解していればエルゴでも「快適抱っこ」を再現することは十分可能です。

 

うちのクライアントさんもエルゴが圧倒的に多いのですが、やはり装着していて腰が痛くなる、という方が多いです。

でもそれはエルゴが悪いわけじゃなくて、やはり装着の仕方に問題がある場合がほとんどです。

正しい使い方はこの写真を参考にしてください。

赤ちゃんの高さと肩紐の位置、赤ちゃんのお尻がポイントです。

 

 

参加されたお二人から感想もいただきました。

 

 

楽ちん抱っこ体験会

 

ご参加いただき、ありがとうございました!

 

初めての開催でしたが、和気藹々としたとても楽しい練習会でした。

次回は11月23日(木祝)の開催です。

抱っこ紐を使うと腰が痛くなる、という方は是非ご参加ください。

お待ちしています!(^_^)/

 

高円寺駅南口徒歩1分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

高円寺駅前整体院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】水・日

TEL:03-5913-7358

WEB仮予約専用フォームはこちら