Pocket

 

骨盤軸整体で姿勢が良くなる理由とは

 

こんにちは。院長の三橋です。

産後の女性のカラダを根本的に改善させるべく開発した、当院オリジナルの「骨盤軸整体メソッド」。

骨盤から体の中心に軸が通ったような状態を作り出し、体幹を安定させ、それによって体が持つ本来のバランスを回復させるテクニック”であることが、その特徴。

柔らかいタッチによる、本当に短い時間での施術なのですが、その圧倒的な効果に皆さん驚かれるのです。

そんな多くのクライアントさんたちが、施術直後に口を揃えて、こう仰るんです。

「なんだか勝手に姿勢が良くなってしまったんですけど…」

 

実際、本当に姿勢が改善してしまうんですよね。

いったい、どうしてなのでしょう?

 

体幹を支える「インナーユニット」

 

骨盤軸整体メソッドにおいて、特に注目するのが骨盤に起点をもつインナーマッスル群

その中でも、とりわけ「インナーユニット」と呼ばれる、肋骨の存在しない腹部空間(腹腔といいます)を物理的に支えるインナーマッスル群の機能回復が姿勢改善にあたって大きな鍵を握ります。

 

例えるのならば、腹腔に「パンパンに膨らませた風船」を入れるイメージ。

そして、「パンパンに膨らませた風船」であるには、骨盤底筋群をはじめとするインナーユニットが本来の役割を果たすべく、きちんと機能している状態でないと駄目なのです。

これが萎んでしまうと腹腔がつぶれてしまい、姿勢が悪くなってしまうという訳。

 

産後の骨盤矯正とインナーユニット

プロメテウス 解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系 より引用

 

脊柱(背骨)を支える重要な役割をもつ「大腰筋」

 

そして、もうひとつ姿勢改善にあたって重要な役割を持つのが「大腰筋と呼ばれるインナーマッスル。

上半身と下半身を繋ぐ、人体のなかでもとりわけ重要な役割をもつインナーマッスルとなります。

腸骨筋とあわせて腸腰筋と呼ぶこともあります)

 

姿勢の鍵を握るインナーユニットと大腰筋

 

大腿骨(太ももの骨)と腰椎(背骨の腰の部分)とを繋ぐ、縦にとても長い筋肉であることが大きな特徴。

この「大腰筋」。

様々な働きをする筋肉なのですが、いわゆる「背骨のS字のカーブ」形成するにあたって、とても重要な役割を果たしている筋肉でもあるのです。

簡単に言うと、臀部(お尻)の筋肉と協調して上半身を支えてくれている筋肉。

なので、大腰筋が衰えてしまうと背骨のS字カーブが崩れ、猫背になってしまうのです。

さらには骨盤の位置決めにも関わっているので、大腰筋が衰えたり、萎縮したりしてしまうと「ポッコリお腹」や「反り腰」の元凶をも作ってしまうことに繋がる訳なのですね。

 

骨盤軸整体メソッドによる機能回復

 

もう、おわかりでしょうか?

骨盤に起点をもつインナーマッスルの機能回復を図っていくのが「骨盤軸整体メソッド」。

これら体幹を支えるインナーマッスル群が「骨盤軸整体メソッド」により直ちに機能を回復するので、姿勢が勝手に良くなってしまうという訳。

立っても座っても、「スッと伸びたような」感じでいられるのは、このためなのです。

 

特に姿勢に関しては、今回取り上げた「インナーユニット」と「大腰筋」の機能改善がとりわけ大きな鍵を握るということなのですね。

そして、妊娠出産によって弱体化してしまい機能不全に陥ってしまっている、これらインナーマッスル群の機能回復を図ってあげることが、本質的な意味での「産後ケア」なのではと考えるのです。

 

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~20:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら