Pocket

 

産後の腰痛、股関節の硬さ、関節の正しい使い方

 

こんにちは。院長の三橋です。

 

出産すると多くの女性が、妊娠前にはおよそ感じなかったような体の不調を抱えてしまうものです。

そんな産後に抱えてしまいがちな症状で代表的なものが、腰痛と股関節の不調(可動域の低下、硬さ)ではないでしょうか。

もちろん、当院の「産後ケア」に訪れるクライアントさんたちからも、いちばん多くお聞きする症状でもあります。

 

ところで。

実は、このふたつの症状には密接な関係があったのです。

今回、そんな産後女性の多くが抱えてしまう「腰痛と股関節の不調」の原因を解き明かすにあたって、「あるひとつの考え方」をお話しさせて頂こうかと思います。

それは「関節の正しい使い方」についてです。

 

正しい関節の使い方「ジョイント・バイ・ジョイントセオリー」という考え方について

 

人間の関節は、その役割によって2系統に分けることが出来るそうです。

  • モビリティ関節→動作を行う際に動きを出す役割を担う関節
  • スタビリティ関節→動作を行う際に固定させる役割を担う関節

 

人間の体はその構造上、固定されるべきところが固定されていて(スタビリティ関節)、初めて大きな力を生み出すことが可能となっているのです(モビリティ関節)。

また、この2系統の関節は、それぞれが隣り合うことなく、必ず交互に重なるように配置されています

同じ系統の関節どうしが決して隣り合わないように配置されていることからも、あらゆる動作において2系統の関節の協調がいかに重要であるかが簡単に推測できます。

動作において、それぞれの系統の関節を本来の使い方、つまり「正しい使い方」が出来ていないと様々な問題が生じてしまうことになるのです。

 

“固めるべき所はきちんと固めて、動かすべき所をきちんと動かせるようにすれば身体の機能性を高めることができる”

こういった考え方を「ジョイント・バイ・ジョイントセオリー」といい、運動機能の向上のみならず、ケガの防止においても重要な考え方となるのです。

 

実際の人体におけるスタビリティ関節とモビリティ関節について

 

脊椎イメージ

人間の関節の配置を上から順に確認していくと、頚椎(首)、胸椎、腰椎と骨盤(仙腸関節)、股関節、膝関節、足関節(足首)といった並びになっています。

これを先述のとおりに分類分けすると以下のようになります。

  • 頚椎、腰椎と骨盤(仙腸関節)、膝関節→スタビリティ関節
  • 胸椎、股関節、足関節→モビリティ関節

 

ここで、「腰を捻る」という動作を例にとって考えてみましょう。

「腰を捻る」という動作において、実際に動作として捻るように動くのは胸椎となります(モビリティ関節)。

腰椎と骨盤が土台として固定されていることで(スタビリティ関節)、初めて上半身(胸椎)に十分な捻る動作が生まれる訳なのです。

つまり、「腰を捻る」動作において、実際に捻っているのは胸椎(胸)だったということ。

逆に言うと、本当に腰(腰椎と骨盤)で捻るように身体を使ってしまうと、それは身体本来の使い方ではないので腰を痛めてしまうことに繋がってしまうのです。

本来、腰をあまり捻るように使ってはいけないものなのです。

 

腰をスタビリティ関節として使えるかどうかが「体幹」のカギを握る

 

ジョイント・バイ・ジョイント・セオリー」によると、人体の構造を考える上で、どうやら腰(腰椎と骨盤)をスタビリティに(固定させるように)使えるかどうかがとても重要となるのだそう。

肝心要(かなめ)である腰がスタビリティ関節として、あらゆる動作において胸郭(肋骨に覆われている部分)と骨盤とを物理的に安定させるように働くことが出来なければ、「体幹」は成立しませんから。

「投げる」や「走る」といった多くの動作において体幹(胴体)が安定しないことには、そのパフォーマンスを大きく下げてしまう結果に繋がってしまうのです。

体幹がぶれてしまっていては、手足にきちんと力が伝わりません。

 

しかし、出産後の女性は、「重心の揺り戻し」による影響もあり、いったん体幹が崩れてしまった状態からのスタートを余儀なくされてしまいます。

体幹を支えるコアマッスルの機能低下もあり、腰(腰椎と骨盤)がスタビリティ関節として十分にその機能を果たすことが出来なくなることから、代わりに本来モビリティ関節であるはずの股関節をスタビリティ関節として使ってしまうことになるのです。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

 

つまり、股関節がその可動域を狭めスタビリティに働くことによって、なんとか体幹を成立させようとしてしまうのです。

こうして、本来は体幹を支えるはずだった腰(腰椎と骨盤)の不調が、股関節の間違った使い方に繋がり、結果、不調を誘発してしまう原因となってしまうのです。

また、今度は股関節が可動域を狭めてしまうことで、本来はスタビリティ関節であるはずの膝関節をそうではない使い方、つまりモビリティ関節として使い始めてしまうことにも繋がっていきます。

こういった流れで、産後の女性は膝を痛めてしまいやすいとも考えられる訳なんですね。

 

要は、腰(腰椎と骨盤)の不調を発端に、全身の関節の使い方を大きく変えてしまう結果に繋がってしまったということ。

これが、「ジョイント・バイ・ジョイント・セオリー」に基づく考え方なのです。

 

産後ケアにおける骨盤軸整体

 

当院の考える「産後ケア」とは、以下のとおりです。

”骨盤軸整体を受けることで「重心の揺り戻し」によって失われた体幹の安定性を回復し、本来の体の働きを取り戻すこと”

特に骨盤に繋がる筋肉を調整し、体幹を支える深層筋の機能を呼び覚ますことによって、全身の筋肉の機能を回復させていくという考え方です。

そして、これは「ジョイント・バイ・ジョイント・セオリー」という考え方と非常に共通する部分もあるのです。

「ジョイント・バイ・ジョイント・セオリー」によると、腰(腰椎と骨盤)から使い方がずれていくことによって、全身の関節において「間違った使い方」があたかもオセロのように広がっていってしまうという考え方をします。

だから、まず腰(腰椎と骨盤)から、その使い方を改善していくべきだと。

つまり、「体幹」と「腰(腰椎と骨盤)」という表現の違いはあれど、体の基幹(中心部)を改善させることによって、全身の機能を回復させていくという考え方に相違はないということです。

「ジョイント・バイ・ジョイント・セオリー」については、「関節の正しい使い方」という別の観点からみた、「あるひとつの考え方」ということになりますが、「骨盤軸整体」という考え方にも非常に似通った考え方でもあるのです。

 

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~20:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら