Pocket

荻窪駅と丸の内線との歴史を紐解いていくと見えてくる方南町駅という存在について

 

こんにちは、院長の三橋です。

荻窪駅を最寄駅として暮らす最大のメリットは、なんといっても交通アクセスの良さではないでしょうか?

JR中央線はもちろんのこと、東京メトロ丸の内線と複数路線が利用できるという点に尽きるかと思います。

台風など強風が吹いた時、JRは意外と早い段階で運行を止めてしまうのですが、そんなとき地下鉄を利用できることが大きなアドバンテージになるのです。

そこで、今回は荻窪駅の隠れた主役である丸の内線について、ちょっと掘り下げた話をさせて頂こうかと思います。

 

中央線と丸の内線という2大路線が荻窪駅に多くの人々を呼び込む

 

まず、荻窪駅を語る上で絶対に外せないのが、JR中央線東京メトロ丸の内線という複数路線が乗り入れているという点。

この利便性があるから都心のオフィスに向かう通勤客が荻窪駅界隈のみならず、比較的近隣を走る西武新宿線沿線駅である上井草駅井荻駅下井草駅からも大挙して路線バスに乗って荻窪駅に殺到するのです。

実は、荻窪駅前のバスターミナルは杉並区内最大の規模を誇り、荻窪駅へと繋ぐ幹線道路である青梅街道のバス専用レーンで西武バスおよび関東バスが列をなして走るさまは、まさに壮観そのもの。

荻窪駅前に展開する幾筋もの商店街が、この時代にあっても活気がある理由がこんなところにあったのです。

杉並区における交通アクセスの中心である荻窪という街について

 

東京メトロ丸の内線といえば中野坂上駅での「分岐」

 

東京メトロ丸の内線の路線図

https://marunouchisen.com/img/marunouchisen-big.png

 

ところで東京メトロ丸の内線といえば、複雑怪奇な路線図がまず思い浮かぶことかと思います。

新宿駅、東京駅、そして池袋駅という日本有数のターミナル駅を網羅しながらも、気ままに都内を大きく遠回りしながら路線が伸びてゆくさまは、おなじく迷走する都営大江戸線も遠くおよばないレベル。

都内に暮らす方でしたら、まさか荻窪駅から終点である池袋駅までを丸ノ内線で行こうなんて考える方はいらっしゃらないことでしょう。

だいぶ遠回りをすることになりますから。

 

そして、極めつけは中野坂上駅での分岐。

支線が荻窪駅とおなじ杉並区内である方南町駅へと伸びているのです。

 

方南町駅の大規模改修工事と駅前の再開発計画により

 

かつては、方南町駅は丸ノ内線にあって非常に不便で有名な駅でした。

まず挙げられるのは、駅に長らくエレベーターが設置されていなかったことで、駅から地上に出るには長い長い階段を昇らなければならなかったこと。

さらには交通アクセスの面でも不便があり、方南町駅から都心に向かうにあたっては、いちど中野坂上駅で乗り換えなければならなかったこと。

その理由は、荻窪駅と池袋駅とをつなぐ本線が6両編成であったのに対して、中野坂上駅と方南町駅とをつなぐ支線はなんと3両編成であったからです。

たまたま調べてみて分かったことなんですが、なんと方南町駅は駅のホームの長さが短かかったせいで6両編成の電車が停車できなかったというのです。

これが2019年に行われた方南町駅の大規模拡張工事によって駅ホームの長さが拡張され、ようやく6両編成の丸の内線が運行できるようになり、都心方面への直通運転が可能になったというわけ。

それと、方南町駅の拡張工事によって、ようやくエレベーターとエスカレーターの設置も実現されたのです。

これにより、方南町駅前の再開発計画による大型マンションの建設ラッシュと相まって、ベビーカーを利用する若い子育て世帯の流入を大きく呼び込むこと成功したのです。

 

荻窪駅~方南町駅はもともと支線ではなく本線であったという事実

 

ところで、丸の内線の車両基地が方南町駅のひとつ手前にある中野富士見町駅そばにあるのをご存知でしょうか?

実は、中野富士見町駅こそがもともとの丸の内線の終着駅だったそうで、車両基地が存在するのもその名残なんだとか。

隣の方南町駅まで延伸することで、かつての丸の内線は池袋駅~方南町駅間を運行していたのそうなのです。

そこに戦後の高度成長期が到来。

当時の政府が東京西部への輸送力増強を目指していたこともあり、中野坂上駅から分岐するかたちでJR中央線荻窪駅との連結を図ったのだそう。

 

もう、お気付きでしょうか?

つまりは、荻窪駅~中野坂上駅間こそが本当は支線だったのであり、方南町駅~中野坂上駅が本線だったということ。

しかし、輸送力増強を図るため丸の内線を従来の3両編成から6両編成に刷新するにあたって、方南町駅のサイズが短すぎて6両編成に対応出来なかったことで支線へと格下げになってしまったのです。

さらには支線に格下げになってしまった方南町駅~中野坂上駅間は3両編成で運行していたため、都心に向かうにあたって中野坂上駅でいちど6両編成の電車に乗り換えなければならないという不便さも背負うこととなったのです。

 

荻窪駅は高度成長期の輸送力増強の大号令のもと、丸ノ内線の乗り入れが叶った結果、杉並区でも有数の交通アクセスの良さを誇る一大ターミナル駅として成長することが出来たのですね。

そして、これから再開発によって発展を遂げていくであろう方南町エリアとも直通運転で繋がったことで、荻窪駅もさらなる商業圏拡大が見込めるという訳であるのです。

 

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら