Pocket

 

自転車イメージ、尿もれ、膝の痛み、妊娠出産

 

こんにちは、院長の三橋です。

今回は、産後に抱えてしまった「膝の痛み」と「尿もれ」を劇的に改善させてしまう自転車というツールについてのお話。

 

産後に抱えてしまうような膝の痛み尿もれは、大腰筋や内転筋群といった「体幹」を支えるインナーマッスルの機能低下にその原因があると当院は考えます。

一般に妊娠出産の過程で生じる「重心バランスの変化」によって、こういった機能低下が引き起こされてしまうのです。

 

しかし、こういったインナーマッスルは鍛えることが非常に難しいのが特徴。

特に大腰筋と内転筋群は、なかなか普段の生活で意識的に使うことのできない筋肉であるからです。

そこで、こういった筋肉を手軽に効率良く鍛えることが出来る、いちばんお勧めのツールが自転車であるという訳です。

 

妊娠出産の過程で女性の身体に起こる変化とは

 

そもそも、なぜ妊婦さんや産後女性の身体に「膝の痛み」や「尿もれ」といった症状が出現してしまうのでしょうか?

「膝の痛み」については多くの場合、「体幹」を支える大腰筋内転筋群といったインナーマッスルがその機能を大きく落としてしまうことが原因となるケースが多いものと考えます。

内転筋群イメージ

大腰筋イメージ

骨盤底筋群イメージ

それに加えて、骨盤底筋群とよばれる筋肉が機能低下してしまうと「尿もれ」も誘発してしまうことになるのです。

骨盤底筋群とは、インナーユニットとよばれる、身体のいちばん奥深くを支えている「体幹」の中枢ともいうべきインナーマッスル群を支える筋肉のひとつ。

そういうこともあってか、骨盤底筋群については、昨今、尿もれ防止のために医療機関では出産すると「締めるように」指導されることが多くなってきたようです。

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

つまりは、「体幹」の中枢であるインナーユニットを支える大腰筋や内転筋群といったインナーマッスルが、それぞれ協調して機能しなくなると「尿もれ」が生じてしまうことになるのです。

そして、これら症状の改善にあたっては、こういった身体の奥深くを支えるインナーマッスル群をふたたび「正しく協調して」使えるように訓練することが重要で、個々の筋肉を別個に筋肥大させるようなトレーニングやエクササイズはほとんど無意味ということになります。

そういった意味では、あくまで筋力アップを図るのではなく、機能回復のトレーニングをすることが大切ということになります。

また、それがインナーマッスルを鍛えるコツであり、「体幹」を鍛えるということにも繋がるのです。

 

産後に女性が「体幹」のバランスを崩してしまう理由とは【重心の揺り戻し】

 

そして、産後女性がこういった筋肉の機能不全を引き起こしてしまう主な原因が「重心の揺り戻し」にあると当院は考えます。

「重心の揺り戻し」とは簡単に言うと、妊娠出産という一連の過程で、頭部から大きく膨らんだ腹部へと重心位置が移動していくことで、全身の筋肉の混乱を引き起こしてしまう現象を指します。

いわば脳が一時的に筋肉の使い方を忘れてしまうのです。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

膝の痛みと尿もれからの根本的改善を目指すには「体幹」を回復させることが重要

 

それでは出産後に抱えてしまうような膝の痛みや尿もれから根本的な改善を目指すにはどうしたら良いのでしょう?

それには「重心の揺り戻し」によって生じた大腰筋や内転筋群、さらにはインナーユニットを構成する骨盤底筋群の機能回復がカギとなります。

しかし、ただ個々の筋肉に負荷をかけて筋トレするだけではあまり意味がないことは先に申し上げた通りです。

大切なのは、それぞれの筋肉を同時にきちんと協調させて使う訓練をすること

そういった意味で機能回復のためのエクササイズをすることが重要なのです。

そして、これこそが「重心の揺り戻し」で崩れてしまった「体幹」を回復させることに他ならないということになります。

それを実践するための最強のツールこそが自転車であるのです。

 

自転車が膝の痛みと尿もれの改善において最強のツールである理由とは

 

なぜ、自転車が大腰筋、内転筋群、骨盤底筋群といったインナーマッスルの機能回復に有効であるのか?

一般によく言われるのが、自転車での「膝上げ」とよばれる動作が大腰筋の筋力アップに効果的であるということです。

踏み込んだ足とは反対側のペダルを引き上げる際の「膝を高く上げる」という動作で大腰筋という筋肉はよく働きます。

実は、この大腰筋という筋肉、ウォーキングやジョギングでは、さほど働いてくれないのです。

 

また、「ペダルを踏み込む」という動作でも、普段なかなか使い切れていない内転筋群がよく働きます。

そして、「自転車を倒さないように支えながらペダルを漕ぐ」という動作自体が、実は臀筋群(お尻の筋肉)や背筋、ひいては二の腕の筋肉をはじめとする全身運動にも繋がります。

ある程度、「体幹」が成立しているような方でしたら、重く感じるようなギアで負荷を感じるような漕ぎ方をすれば良い筋トレとなるでしょう。ムキムキになりたい方におすすめです。

しかし、「体幹」がまだまだ弱く、膝の痛みや尿もれといった症状からの改善を目指すような方、もしくは女性らしく、しなやかなボディラインを目指したいような方には、「スムーズなペダリング」を意識した漕ぎ方をおすすめします。

 

どういうことかというと。

先述したとおり、自転車を漕ぐという動作は全身運動です。

ペダルを踏み込む足と、引き上げる足とを交互にスムーズに効率良く行うには、全身の筋肉をきちんと協調させて、極めて効率の良い使い方を追求する必要があります。

これは言い換えると、大腰筋や内転筋群、骨盤底筋群といった「体幹」を直接支えるインナーマッスル群を最大限に利用する漕ぎ方ということでもあるのです。

そして、そういったインナーマッスル群は有酸素運動を意識することで、その能力を十分に発揮させることが出来ます。

この時、正しい姿勢でペダルを漕ぐという意識も重要となります。

つまり、有酸素運動を意識することで深層部の筋肉(インナーマッスル)がよく働き、姿勢を意識することで普段なかなか意識して使うことが難しい骨盤底筋群を十分に刺激することが出来てしまうということです。

 

早い話、普段の生活のなかで積極的に自転車で遠出されることで、自然とこういった意識のもとペダルを漕げるはずなのです。

また、荷台にお子様を乗せることで適度な負荷をかけることにも繋がります。

自転車で一駅ぶんとは言わず、二駅でも三駅ぶんでも遠くに繰り出すような生活習慣がある方ほど、産後の膝の痛みや尿もれからの回復が劇的に早くなる理由がこんなところにあったと考えられる訳なのです。

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~20:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら