Pocket

産後女性が抱えてしまいがちな歩き方の変化や違和感、疲れやすさの原因とは?

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院は産前産後ケアの専門院である以上、他院ではおよそ解決が困難なケースでこそ、むしろ力になって差し上げられることが強みであると自負しています。

そんな当院の「産後のボディケアコース」にいらっしゃる産後女性の方々から、こんな悩みをよくお聞きするのです。

「出産してからというものの、自分の足でしっかりと地面を踏みしめて歩いている感覚がない」

 

出産後して歩き方自体が変わってしまうのはもちろんのこと、以前ほどの安定感をもって歩けなかたり、ふらついてしまったり、疲れやすくなってしまったりという方が実に多いのです

妊娠出産を経て、産後女性の身体にいったい何が起きてしまうのでしょうか?

産後女性が体幹バランスを崩してしまう二つの大きな要因について

 

妊娠出産を経て、まず産後女性がボデイバランスを崩してしまう最も大きな要因が以下のふたつであると当院では考えます。

  1. 妊娠によるインナーユニットの機能低下
  2. 「重心の揺り戻し」からくる全身の筋肉の機能低下

1については、妊娠中に腹部が大きく膨らんだことで、体幹(胴体)の中枢部を支えるインナーユニットが機能低下を起こしてしまいます。

なお、インナーユニットについては下記のブログを参考にして下さい。

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

2については、妊娠出産という一連の過程のなかで身体の重心位置が大きく移動してしまうことで全身の筋肉の混乱を招いてしまうことになります。

本来、人間は一番重いパーツであるはずの頭部に重心を置くことでバランスをとりながら生活をするものなのですが、これが妊娠中に限っては腹部の方へと重心位置がずれていってしまうことになります。

そして、10か月という長い期間をかけてずれていった重心位置が、出産された瞬間から再び頭部でのみバランスをとらなければならない状況となるのです。

筋肉のみならず、全身のあらゆる感覚が混乱しない訳がありません。

こうして妊娠出産を経て生じてしまう筋肉の混乱を「重心の揺り戻し」と呼び、産後女性の全身にわたる筋肉の機能低下の引き金となるのです。

つまり、これらが原因で出産後に特有の症状やトラブルを招いてしまうことになる訳です。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

体幹の中枢を支えるインナーユニットが出産後に機能低下したままだと

 

産後はインナーユニットが機能低下を起こしてしまうことで腹圧を上手く高めることが出来なくなってしまい、結果、ローカル筋と呼ばれる筋肉が上手く機能してくれない状態に陥ります。

ある程度腹圧が高い状態を作れないと、ローカル筋のパフォーマンスは低下してしまうからです。

なお、「腹圧を高められない」とは早い話、風船を膨らませなくなってしまうような状態のことです。

そして、ローカル筋とは体幹部(胴体)を走行する筋肉のなかでも特に背骨に直結している筋肉群のことを指し、動作をするというよりも局面ごとに背骨を安定させるように働くといった特徴を持ちます。

“ひとつ先の動きに対して、予測的に起動すること”

 

つまり、頭のなかで考えている「次の動作」に入る前に、体幹部(胴体)のバランスが崩れてしまわないよう先回りして背骨を支えるように働く筋肉の存在があるからこそ人間は安定した動作をすることが可能となるのです。

これをローカル筋のもつ「フィードフォワード機能」といい、人間が滑らかで巧緻な動きを表現できる秘訣であるのです。

しかし、それにはインナーユニットがきちんと機能して、ある程度腹圧を高めることが出来る状況にあることが必須となります。

出産後間もない女性が歩くときにふらついてしまう原因のひとつがここにあったのです。

体幹から読み解く骨盤軸整体と腰痛について【グローバル筋とローカル筋について】

重心の揺り戻しによって骨盤を安定させるように働く筋肉が機能低下してしまうと

 

いっぽう、「重心の揺り戻し」による全身の筋肉のパフォーマンス低下も、産後女性の物理的コンディションに重大な影響を与えてしまうことになります。

全般的に力が入りにくい状態なってしまうばかりでなく、特定の動作がまったく出来なくなってしまうなんてこともあるからです。

一般的には、とても全力疾走ができないような状態になってしまうことはもちろんのこと、寝起きでスムーズに態勢を変えることが出来なくなってしまったり、尿意や場合によっては便意をコントロール出来なくなってしまうなんてことも。

 

また、それは動作をするように働く筋肉ばかりでなく、姿勢を安定させるように働く筋肉にも大きな影響を与えてしまうことになるのです。

出産後に姿勢が崩れてしまうことが多いのはひとつはこういった原因も考えられ、特に産後女性にとって大きな影響を与えてしまうファクターとなるのが骨盤を正しく支え切れなくなってしまうことで生じる股関節のアライメントの変化

一般に妊娠出産を経たことで「重心の揺り戻し」が生じ、骨盤の位置決めに重要な役割を果たす筋肉群が機能低下してしまうことで、産後女性はいわゆる内股(うちまた)と呼ばれる状態に陥りがちとなります。

要は「重心の揺り戻し」によって骨盤を正しい位置で支えることが難しくなってしまった結果、骨盤に起点を持ち、本来股関節を支えるように働くはずである内ももの筋肉(内転筋群)や、お尻の筋肉が著しく機能低下を起こしてしまい内股となってしまうのです。

 

もちろん内股になってしまえば足裏への体重のかかり方も変わりますし、何より姿勢が左右に傾かないよう本来バランサーとして働かなければならない内ももの筋肉(内転筋群)や、お尻の筋肉が十分に機能出来なくなることで、以前ほど安定した歩き方が叶わなくなってしまうことになってしまうというわけ。

そして、機能低下してしまっている筋肉の存在のぶんだけ、あらゆる動作において効率的な筋肉の使い方が出来なくなることで疲れやすくなってしまうばかりでなく、余計に負担が掛かってしまう筋肉が悲鳴をあげてしまうことにも繋がってしまうのです。

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら