Pocket

産後ケアだけでなく、ロコモティブシンドローム対策として骨盤軸整体がこんなにも有効である理由

 

こんにちは、院長の三橋です。

ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか?

加齢によって骨や関節、筋肉、さらにはそれを支える神経などが劣化していくことによって、歩行をはじめとする運動機能に障害が生じてしまうことを指す言葉で、将来的に介護を必要とする「寝たきりの生活となるリスクが高い状態」とも言えます。

50歳を過ぎた方々の7割以上がロコモティブシンドロームおよび、その予備軍であるといったデータもあるのだとか。

 

それでは、いわゆるシニアとよばれる年齢に差し掛かった時に、腰が曲がってしまい、杖を突かないと歩けないような状態にならないようにするには、今から何を意識したら良いのでしょう?

そこで今回は、骨盤軸整体がマタニティ整体産後ケアだけでなく、実は運動機能の回復にも効果を発揮できるという側面があることをお話させて頂けたらと考えたのです。

ロコモティブシンドローム対策としての骨盤軸整体ということです。

ロコモティブシンドロームとは関節や筋肉の衰えが原因で運動に問題が生じている状態

 

高齢になるとさまざまな不調や痛みを抱えてしまうようになるもの。

そんななか、特に関節や筋肉の劣化や衰えによって、歩行や移動に問題が生じてしまっている状態をロコモティブシンドロームと定義するそうです。

簡単に言うと、老化による組織の経年劣化によって今まで普通にこなせていた動作がスムーズに出来なくなってしまった状態であり、将来的に要介護、および要介護リスクの高い状態ということになります。

よくつまずくようになってしまったり、極端に歩くスピードが遅くなってしまったり、著しい筋力の低下や立ち上がりの不安が大きい方などは要注意となるのです。

 

高齢でも杖もつかずに姿勢良く歩いている方もいらっしゃる

 

一方で、同じ高齢者でも背筋がシャンとして、杖ひとつつかずに颯爽と歩かれる方もいらっしゃいます。

どうやら年齢によって、みな同じように加齢による経年劣化が起こる訳でもなさそうです。

一般論として、アクティブな生活を送っている高齢者ほどロコモティブシンドロームとは無縁であることは想像するに難しくないと思います。

歩くことをはじめ、運動習慣がある方ほど筋肉量を確保することが出来る訳ですから。

 

何もしないと30歳を過ぎると年に1%ずつ筋肉量が落ちていくと云われ、一般にこれが加齢によって姿勢が崩れていく要因だと考えられています。

さらには運動習慣がない方ほど、新陳代謝が低下して組織の修復が遅くなってしまうもの。

つまり、ダメージからの回復が遅れ、身体の劣化が余計に進んでしまうことになるのです。

 

やはり、いかに筋肉量を維持するかが大切で、それには日頃の運動量が重要であることは言うまでもないでしょう。

しかし、腰や膝の痛みを抱えた状態では、そうそう運動することは困難になるもの。

痛みによる運動量の低下によって、悪循環に陥ってしまうことがいちばん恐ろしいことなのです。

 

40代~50代のうちからロコモ対策を立てることが大切

40代~50代のうちからロコモ対策を立てることが大切

 

重要なことはシニアとよばれる年齢に差し掛かった時点で、きちんと動けるカラダでいられるかどうかということ。

それには、すでに身体に変化が起き始める40代~50代のうちから、先を見据えたロコモ対策を立てることが大切なのです。

つまり、筋肉量を維持するために生活習慣を見直すことが必要となってくるということです。

 

しかし、そうかといって全く運動習慣のない方が、いきなりランニングやスポーツなど強度の高い運動を始めてしまうのは思わぬ故障を抱えてしまうことに繋がりかねません。

良かれと思って始めたことで、却って身体のバランスを崩してしまっては、まさに本末転倒です。

運動習慣がなかった方が、まず最初にするべきことは「きちんと動けるカラダにすること」で、これを言い換えると「運動するにあたって必要最低限の体幹バランスを成立させること」ということになります。

 

体幹バランスが改善することで得られるメリットについて

 

それでは体幹バランスが改善させると、具体的にどんなメリットがあるものなのでしょうか?

まず最初に挙げたいのが筋肉のパフォーマンスアップ効果

体幹バランスが回復することで、持ち合わせている筋肉をより「効率良く使うこと」が可能となり、筋トレをするまでもなく筋肉の出力を上げてしまうことが可能となるのです。

「効率良く使うこと」とは、ひとつの動作をするにあたって複数の筋肉をきちんと正しく協調させて使えるということであり、これにより特定箇所の筋肉や関節に極端な負担がかからなくなることで怪我や故障の予防にも繋がるのです。

産後ケアのカギは体幹の回復にあり!【スタビリティマッスルとモビリティマッスルとは】

次に挙げたいのがギックリ腰や転倒といった不意のアクシデントの予防効果

体幹バランスが回復することで、身体の奥深くを支えるローカル筋とよばれる筋肉がもつ「フィードフォワード機能」という能力が呼び覚まされます。

簡単に言うと、瞬時に反射的な身のこなしが出来るようになることで、これがさまざまなアクシデントから身を守ってくれることに繋がるのです。

もし、強度の高い運動を始めるのであれば、これらをある程度整えた上で始めた方が賢明であるということになります。

産後女性の体幹を回復させることが腰痛の予防と改善につながる理由【フィードフォワード機能とは】

 

「産後のボディケアコース」でもお勧めしている体幹バランスの立て直し方について

 

妊娠出産の過程で生じてしまう「重心の揺り戻し」という現象によって、産後女性も大きく体幹バランスを崩してしまうもの。

だから、体幹バランスを立て直さなければならないという点においては、シニア世代に差し掛かる方々に必要なものと全く共通であると考えることが出来るはずなのです。

実際、当院の「産後のボディケアコース」に訪れる産後女性の方々から、配偶者をはじめ、多くのご家族関係者を紹介して頂く機会が実に多いのです。

 

骨盤軸整体は体幹バランスを回復させるにあたって、産後女性だけでなく、高齢者はもちろん男性にも大きな効果を発揮することが出来ます。

それは骨盤軸整体には運動機能の回復にも効果を発揮できるという側面があるからです。

そして、さらに体幹バランスの強度を高めたい方には、普段の生活のなかで実践できる「歩き方」の指導や、自転車の積極的利用を勧めています。

これらが強度の高い運動を始める前のリハビリテーションとしては、打ってつけだからです。

また、こうした無理のないかたちで運動習慣を生活の中に組み込めること出来たら、それがロコモ対策にあたって最適であると考えるのです。

正しい歩き方を意識することで、みるみる体幹バランスが回復していく【骨盤を引き締める歩き方】

自転車が産後女性の尿もれと膝痛を劇的に改善させてしまう最強のツールである理由

 

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~20:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら