Pocket

産後に抱えてしまった「お腹のたるみ」や「ぽっこりお腹」が腹筋運動では改善できない理由

 

こんにちは、院長の三橋です。

近頃、出産されて間もないクライアントさんたちから「お腹のたるみ」や「ぽっこりお腹」についての相談や質問をお聞きする機会が多いんですね。

産前産後ケアの専門院ということもあって、こういった質問が多いのは当然といえば当然なのですが。

出産してみたものの、思ったよりもお腹がへこまなくて…」なんていう悩みが実に多く、なかには良かれと思って自己流で腹筋運動(上体起こし)をされてしまっているケースもあります。

しかし、ご注意ください。

出産後むやみに腹筋運動を始めてしまうと、かえって状況が悪化してしまう場合があるのです。

産後女性が「お腹のたるみ」や「ぽっこりお腹」を抱えてしまう原因

 

出産してみたものの、思っていたほどお腹がへこまなくて困っているという方は実に多いもの。

だけど多くの場合は産後数ヶ月ほどかけて、完全に元通りではないにしても妊娠前のお腹に近い状態へと戻っていくものです。

それは出産後すぐに授乳が始まることで、どんどんそちらへ栄養が持って行かれてしまうからです。

 

ところが、産後数ヶ月が経過しても相変わらず「ぽっこりお腹」が治らない、もしくは体重は元に戻ったものの「お腹のたるみ」だけがそのままといったケースがあることもまた事実。

こういったケースについては、お腹を支える腹筋群の機能不全に原因があることが多いようです。

多くの場合、まず妊娠中にお腹が大きく膨らんだことによって腹部を支える筋肉群は引き伸ばされ弱ってしまい、さらには分娩時に大きな傷を負ってしまった状態から産後がスタートすることによって引き起こされてしまうのです。

それは通常分娩でも帝王切開でも、分娩時にダメージを負ってしまうことに変わりはありません。

そして、そういった機能不全に陥ってしまった筋肉群がもはや臓器を支えきれずに下垂させてしまうのです。

さらには腹部にかかる臓器からの圧力に腹筋が負けてしまう形で、出産後特有の「ぽっこりお腹」や「お腹のたるみ」の元凶を作ってしまうことになるのです。

 

「お腹のたるみ」や「ぽっこりお腹」が酷いときに疑うべき症状とは

 

また、あまりにも「お腹のたるみ」や「ぽっこりお腹」が酷かったり、それこそ出産後1年以上経過していて、なお状態の改善がみられない場合は腹直筋離開(ふくちょくきんりかい)を疑うべきかも知れません。

場合によっては妊娠中にお腹の圧に耐えかねて、腹直筋(6個に割れるいわゆる「腹筋」のこと)が縦に裂けてしまっている場合があるのです。

産後女性のほとんどの方が、大なり小なりこの腹直筋離開を抱えて産後をスタートさせるという話もあります。

多くのケースは自然に治癒してしまうことが多いのですが、重度であるケースは自然治癒が見込めずに、そのまま出産後何年にも渡ってその状態を引きずってしまうことになるのです。

ポッコリお腹がどうしても治らないという方へ【骨盤軸整体なら腹直筋離開から早期回復へ導ける理由】

産後に抱えてしまった「お腹のたるみ」や「ぽっこりお腹」を改善させるには

 

腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋イメージ

それでは、出産後に抱えてしまった「ぽっこりお腹」や「お腹のたるみ」からの回復を目指すには、いったい何から手をつければ良いのでしょう?

ここで押さえておきたい重要なことは、一般的な腹筋運動として知られるクランチ(上体起こし)は、ほぼアウターマッスルである腹直筋への効果しか期待出来ないという点です。

もし先述したような重度の腹直筋離開を抱えているような場合、ほとんどの方がクランチをただの一回でさえ、こなすが難しいはずです。

腹直筋がいわばケガをしているのであって、とても本来のパフォーマンスを発揮できる状態にないからです。

 

また、アウターマッスルである腹直筋を下支えするはずのインナーマッスル群が正しく機能できない状態にあると、これもクランチが出来ない要因となります。

特に腹横筋(ふくおうきん)と呼ばれる腹部を支える重要なインナーマッスルが充分に機能できる状態にないと、アウターマッスルである腹直筋にも充分に力が入らないのです。

そして、実はこの腹横筋こそが「ぽっこりお腹」や「お腹のたるみ」からの回復のカギを握っているのです。

つまり、お腹のアウトラインを支えているのは腹直筋ではなく腹横筋であるということ。

腹横筋が機能しない状態にあると、内臓が下垂してきてしまうのです。

逆に言うと、重度の「ぽっこりお腹」や「お腹のたるみ」を抱えているような産後女性の方々は、おそらくこういった腹部を支えるインナーマッスルが正しく機能しない状態にあるので、クランチを満足にこなせないはずであるのです。

そこで無理にクランチを行なってしまうと、腹部を支えるインナーマッスル群が腹圧を受け止めることが出来ずにかえって筋肉のメカニックが壊れてしまい、症状の悪化を招いてしまいかねないから注意が必要。

腹直筋離開が悪化してしまうことがあるだけでなく、腰痛や尿もれの引き金となってしまうこともあるのです。

やはり産後ケアには正しい手順が必要。

なお、正しい対処法についてご興味のある方は、以下のブログを参考にしてみて下さい。

出産後、体重は戻ったのにどうしてもウエストラインやお腹のたるみが取れなくて悩んでいるという方へ

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら