Pocket

 

骨盤を引き締める歩き方

 

こんにちは、院長の三橋です。

今回は、正しい歩き方。もっというと「骨盤を締める歩き方」についての話です。

 

まず前置きから。

当院の「産後のボディケアコース」では、器具などを用いた、ただ単に開いた骨盤を閉じるだけの産後ケア、産後の骨盤矯正はいっさい行っておりません。

それは、産後に骨盤が開いてしまったように感じる本当の原因が、骨盤を支えるインナーマッスル群の衰え、言い換えると体幹バランスの崩れにこそあると考えるからです。

つまりは、「体幹」を支えるインナーマッスル群がその機能を取り戻し、本来のパフォーマンスを発揮できるように戻してあげれば、骨盤は自然と締まってくるという訳です。

そして、それを後押ししてくれるのが正しい歩き方、骨盤を締める歩き方ということになるのです。

妊娠出産で女性の骨盤は本当に開いてしまうものなのか?

 

妊娠出産を経て、女性のお尻まわりは大きくその形状を変えてしまうもの。

一般には産後女性のお尻は、横に広がり垂れてしまうことが多いのです。

これがいわゆる出産後の「骨盤が開いた状態」といわれ、多くの女性が分娩時に開いてしまった骨盤を締めなくてはいけないと考える理由なのです。

また、骨盤ベルトもそういった目的で使う方がほとんどではないかと思います。

 

しかし、現実的には骨盤は構造的に開きようがなく、分娩時に骨盤の恥骨結合とよばれる部分を繋ぐ組織が「数センチほど」伸びるくらいなのです。

ホルモンの分泌により、出産前後の骨盤は開いてしまうのではなく、柔らかく物理的に不安定な状態になってしまうということ。

もし、仮に骨盤が簡単に開いてしまうような構造であったとしたら、上半身の重みを充分に受け止めることができず、歩くことはおろか立っていることも困難な状況となることでしょう。

骨盤は本来、とても頑丈な組織であるので、骨盤ベルトで締めたくらいで動くことは、まず考えられないのです。

骨盤ベルトを巻かないと産後の骨盤は戻らないものなの?【産後ケアの本質とは】

 

妊娠出産すると骨盤が開いたように感じてしまう本当の理由とは

 

それでは、実際に産後女性のお尻の形を変えてしまう本当の原因とは何なのでしょう?

それはズバリ結論から言うと、「内股」ということになります

妊娠出産の過程で「重心の揺り戻し」とよばれる現象により体幹バランスを崩してしまうことで、産後女性は、お尻をはじめとする筋肉群が股関節を正しく支えきれなくなることで内股となってしまうのです。

お尻の筋肉に上手く力が入らなくなってしまうから、妊娠後期にもなると歩き方すら変わってしまうというわけ。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

特に股関節が内股にもっていかれることで、太もも付け根にある「大転子」とよばれる部分が外側にせり出してしまい、これがお尻の形を横に広げてしまうのです。

だから、「骨盤が開いた」のではなく「股関節が開いた」と言った方がより正確なのかも知れません。

要は、妊娠出産で内股に変わってしまった股関節のバランスを元に戻してあげれば再びお尻はもとのサイズと形に戻る訳なのです。

内股、骨盤が開く、お尻の形

骨盤を締めるには体幹バランスの回復と股関節まわりの筋力回復がカギ

 

早い話、内股によって外側にせり出してしまった「大転子」をもとの位置に戻せば良い訳です。

そこでまず重要となってくるのが、まずは股関節を支える筋肉群をきちんと使えるように機能回復させてあげること。

それには妊娠出産の過程で生じてしまった「重心の揺り戻し」からの回復が重要となってきます。

これこそが体幹バランスの回復ということであり、当院の骨盤軸整体なら直接「体幹」にアプローチすることが可能なのです。

その上で、筋力低下を起こしてしまったお尻や内ももといった筋肉の筋力アップに励まれると良いというわけ。

もちろん当院では、そういった体幹バランスを強化するエクササイズや、股関節周りの筋力を鍛える簡単な筋トレなども「産後のボディケアコース」でお教えしています。

すると、内股の原因が根本から改善されていくなかでお尻の形が締まるだけでなく、ヒップアップをはじめとする美脚効果も期待出来るのです。

美脚を目指す上で知っておきたい事実【出産後に脚のラインが変わってしまう理由】

 

骨盤を引き締める歩き方とは

 

それでは、いよいよ本題である「骨盤を締める歩き方」について。

要点は以下の3点となります。

  1. お尻の筋肉を使う 股関節を使って大きなストライドで歩く。太ももを持ち上げ、膝から下だけでちょこちょこ歩かない。
  2. 内ももの筋肉を使う 見えない一本のロープの上を落ちないように歩くイメージ。太ももどうしを擦り付けるように。
  3. ふくらはぎの筋肉を使う かかとから着地して、つま先で蹴り上げる。決して引きずって歩かないこと(スリッパ歩き)。

 

1に関しては、膝関節に頼り切らない歩き方ということになります。

無意識のうちに腰が落ちてしまっているような歩き方をしてしまうと、お尻の筋肉にはもはや力は入らないものです。

膝をしっかりと伸ばしきるよう意識して、お尻できちんと足を後ろに蹴り上げるようなイメージが正解。

 

2に関しては、歩行する時に両足との間が10センチ以上離れないように歩くイメージ。見えないロープの幅は10センチくらいということになります。

上手くお尻の筋肉を使って歩けるようになると、歩行時に両足の内側(内もも)に重心が移動していく感覚がつかめるかと思います。

身体の外側に流れてしまっていた重心が、あたかも身体の中心軸に一本化していくイメージです。

いわゆるガニ股歩きの反対で、うまくコツがわかると左右にぶれずに、より安定して歩けるようになります。

これが内ももで歩くということであり、お尻の筋肉の負担が減ることで腰痛の改善にも繋がるのです。

 

3に関しては、足首をきちんと使って歩くということ。

普段なかなか使えていないふくらはぎの筋肉を動かすことで、足のむくみの改善に効果が期待出来るのです。

また、お尻の筋肉が使えていないことには、足首を使った歩き方は出来ないということでもあります。

 

以上3点を意識して歩くようにしてくだされば、脚は細く締まり、お尻は持ち上がり、内股も改善していくというわけ。

つまり、自然と骨盤が締まっていく訳なのです。

また、「重心の揺り戻し」で失ってしまった体幹バランスの回復にも効果が期待できます。

そして、この歩き方を実践するにあたって、もっとも大切なことは、地面と喧嘩をしないで歩くということ。

「お尻できちんと足を後ろに蹴り上げるようなイメージ」と申し上げましたが、これは「地面と喧嘩しないで」というニュアンスにおいては「蹴り足で地面を後ろに送り出していくイメージ」がより正解に近いかたちとなります。

それにあたって、必要最小限の膝と足首の屈伸を伴って歩くということ。

くれぐれも、足を前に運ぶ動作をメインに歩かないこと。あくまで蹴り足で前への推進力を得る歩き方が理想なのです。

そういった意味で、冒頭で「お尻できちんと足を後ろに蹴り上げるようなイメージ」で歩くとお伝えした訳であるのです。

 

当院では、骨盤軸整体によって体幹バランスが回復していくことで、自然とこういった歩き方に誘導されていきます。

そして、先に挙げた3点をさらに意識していただくことで、より改善への進捗が早まっていくのです。

それは、「骨盤を締める歩き方」こそが「体幹」をきちんと利用した合理的な歩き方である以上、それを実践することが体幹バランスを回復させるため(特定箇所の筋肉に負担を掛けない効率的な体の使い方)の良い反復練習になるからです。

つまり、立ち方や歩き方をはじめとする妊娠中の体の使い方を変えないことには、骨盤が締まらないだけでなく、本質的な産後ケア、産後の骨盤矯正には繋がらないということになる訳です。

運動を組み合わせることで骨盤軸整体の効果がアップ!【より効率的な産後ケアへ】

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら