Pocket

帝王切開におけるケースから見えてくる本質的な意味での産後ケア、産後の骨盤矯正

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院に産後ケア、産後の骨盤矯正を目的に初診で訪れた産後女性のほとんどの方々が仰るフレーズがこれです。

「出産後の骨盤は開いたままだから、直ちに骨盤矯正で閉じなければ産前の体には戻れない…」

 

あたかも出産時に骨盤が開いてしまうかのようなフレーズですが、実際には解剖学的に骨盤が開いてしまうことということはまずあり得ません。

仮に骨盤が開いたままだったとしたら、歩くことはおろか立つこともままならないことでしょう。

そして、帝王切開にしろ自然分娩にしろ、あたかも「骨盤が開いたかのような」症状を出産後同様に抱えてしまうことが、この事実を雄弁に証明してくれている訳であるのです。

つまり、帝王切開におけるケースから、本当に必要な産後ケア、産後の骨盤矯正が見えてくるのです。

帝王切開にしろ自然分娩にしろ「骨盤が開いたかのような」症状は同じ

 

多くの整体カイロプラクティック院が、あたかも出産時に骨盤が開いてしまうかのように喧伝してしまっている現状。

実は、これについては「昔から整体カイロプラクティック界で論争になっていて…」と言いたいところなのですが、西洋医学にベースを置くカイロプラクティック界隈においては「骨盤は開かない」という考え方が昔からのスタンダードだったと認識しています。

もっとも、解剖学を少しでも学んだ人間でしたら、骨盤が構造的に開きようがないことについては考えるまでもないこと。

おそらく、産後女性の身体の状態を分かりやすく説明するための「骨盤が開く」という便宜的な表現がいつの間にか独り歩きして浸透してしまったのでしょう。

 

だから、「骨盤が開く」というロジックをもとに施術プランを立てても、それはどこかで必ず矛盾に行き着く結果となるしかないのです。

理由は簡単、事実に反しているからです。

例えば、仮に出産で骨盤が開いてしまうのであれば、自然分娩と帝王切開とでは産後ケア、産後の骨盤矯正におけるアプローチが変わってくるはず。

帝王切開では骨盤が開かないことになるはずですから。

でも、現実的にはどちらのケースでも、産後に抱えてしまう不調はまったく同じであるのです。

それはまさしく「骨盤が開いたかのような」症状。

出産で本当に骨盤は開くものなのか? 【便宜的に「骨盤が開く」という意味】

産後ケア、産後の骨盤矯正を「まず骨盤ありき」で考えるから矛盾が生じてくる

 

そもそも出産後に抱えるトラブルや不調を「まず骨盤ありき」で考えるから矛盾が生じてくるのです。

妊娠出産という一連の過程のなかで、産後女性のボディバランスを決定的に変えてしまう「何か」が産後に抱えてしまう様々な不調の原因そのものなのであり、ヒップラインやウエストラインなど体型変化といった問題は、所詮はそれに付随する末端の症状に過ぎないのです。

つまり、妊娠出産で「何か」が決定的に変わってしまったせいで、「骨盤が開いた」ような症状を抱えてしまったということ。

だから、仮に開いた骨盤を締めることが出来たところで、それは問題の本質的な解決には到底及ばない訳であるのです。

 

なお当院では、妊娠出産を経た産後女性のボディバランスを決定的に変えてしまう主な原因のひとつが「重心の揺り戻し」という現象にあることを突き止めました。

産前産後ケアの専門院として長年にわたる臨床の積み重ねによって、ようやく辿り着いた事実が「重心の揺り戻し」なのであり、これによって産後女性の抱えるすべての症状をロジックに基づいて説明することが可能となった訳であるのです。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

帝王切開から見えてくる本質的な意味での産後ケア、産後の骨盤矯正について

 

実は帝王切開を経た産後女性におけるケアから本質的な意味での産後ケア産後の骨盤矯正のアウトラインが見えてきます。

例えば帝王切開によって出産したものの、痛みやコリといった症状がほとんどないケースは果たして産後ケア、産後の骨盤矯正は不必要となるのでしょうか?

ましてや、それが「骨盤が開いたかのような」症状すらなかった場合は?

 

「帝王切開だった場合も産後の骨盤矯正が必要なのでしょうか?」

昔から当院でよくお聞きする質問がこれです。

これが多くの一般の方が、あたかも「出産時に骨盤が開いてしまう」ように誤解されている証左であるのではと考えます。

 

こういった場合、「まず骨盤ありき」で考えてしまっている整体カイロプラクティック院では説明に大変困ることになることでしょう。

だけど骨盤軸整体でしたら、これについて明確にきちんと説明させていただくことがもちろん可能となります。

安易に「骨盤が開いたから」なのではなく、産後女性が本当にケアしなければならないことを「重心の揺り戻し」をはじめとするロジックに基づいて明確化されているからです。

そして、もちろん仮に「骨盤が開いたかのような」症状があったとしても、当院でしたら簡単に改善させてあげることが可能となりるのです。

それは「骨盤が開いたかのような」症状はあくまで「原因」ではなく「結果」に過ぎないのですから。

出産後に「骨盤が開いた」という実感がない方でも産後ケア、骨盤矯正は必要なの?

 

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら