Pocket

尿もれ対策のためだけではない、出産後に骨盤底筋を締めなければならない理由とは

 

こんにちは、院長の三橋です。

「産んだら骨盤底筋を締めましょう!」

産後に抱えてしまう尿もれの原因の多くが骨盤底筋(こつばんていきん)の機能低下にあることは、もはや多くの一般女性が知るところではないでしょうか。

だから出産後に緩んでしまった骨盤底筋を締めることは今や当たり前の時代になっていて、多くの医療機関で産褥体操やケーゲル体操といった形で積極的なケアを推奨しています。

 

ところで、産後女性が骨盤底筋を締めなくてはならないのは、果たして尿もれ対策のためだけなのでしょうか?

実は、骨盤底筋は排尿のコントロール以外にも重要な機能を担っていて、それはまさに産後ケア、産後の骨盤矯正の肝心要(かなめ)の部分といっても過言ではない存在でもあったのです。

体幹の中枢部分を支えるインナーユニットの一部としての骨盤底筋

 

骨盤底筋イラスト、尿もれ対策

骨盤底筋とは正しくは骨盤底筋群といい、名前の通り何層にも重なって存在している筋肉であり、その形状についてはちょうどハンモックの形を想像してみるとわかり易いかと思います。

ハンモックのように骨盤の底を支えている筋肉。

そのうちの一層が排尿のコントロールを担当している筋肉であるというわけ。

そして着目すべきは、この骨盤底筋群という筋肉のもつ「もうひとつの顔」が人間の体幹のまさしく中枢部分を担う筋肉であるという点です。

産後の骨盤矯正とインナーユニット

ちょうど肋骨が存在しない、物理的に極めて脆弱である腹部を骨格に代わって支えている筋肉の塊(かたまり)をインナーユニットといいます。(上の右側イラストの太い赤線で囲まれた部分がインナーユニットです。)

そして、インナーユニットを構成する筋肉群の一部が骨盤底筋群であるのです。

なお、インナーユニットについてはパンパンに膨らませたバスケットボールをイメージして頂けたら理解しやすいかと思います。

腹部に収まっているバスケットボールが萎んでしまっていたら、つまり腹圧を高めることが出来ない状況にあれば、上半身の重さを骨格に代わって支え切れるはずがありませんよね。

インナーユニットは胸部との隔壁として存在する横隔膜をはじめとする4つの筋肉で構成している筋肉の塊(かたまり)であり、それらが互いに正しく協調して収縮することではじめて腹圧を高めることができるのです。

そして、人間の身体は腹圧を高めることで姿勢を保持するだけでなく、強い力を必要とするような局面で高いパフォーマンスを発揮できるように設計されているのです。

これは逆に言うと、インナーユニットが正しく機能できる状態になければ、人間は体幹を正しく支えられなくなることを意味します。

さらに補足させて頂くと「腹圧を高めること」の具体的なイメージについては、ただ単純にお腹をへこますのではなく、排便の時にいきむ「あの感じ」がより正確であるかと考えます。

つまり、いきむように力を入れる時、インナーユニットを構成する一部である骨盤底筋群が他と協調して正しく収縮することが出来れば腹圧を高める動きに繋がり、その時、骨盤底筋群だけを弛めてしまうと排尿や排便する動きに繋がってしまうという訳です。

 

出産後はインナーユニットの機能低下が様々な不調の呼び水となってしまう

 

出産後に抱えてしまうような不調の原因の多くが、妊娠出産によるインナーユニットの機能低下によって引き起こされたものと言っても過言ではないでしょう。

そのくらい産後ケア産後の骨盤矯正の本質を考える上で、インナーユニットという存在は重要となってくるのです。。

そんなインナーユニットのなかでも、特に骨盤底筋は妊娠中に大きく成長していく子宮によって内側から引き伸ばされていってしまいます。

さらには自然分娩においては大きな外傷(ケガ)を負ってしまうことにもなってしまうのです。

そして、こういった骨盤底筋がまだ十分に機能できない状況で無理に腹圧をかけてしまうような動作をしてしまうと、もはや腹圧を受け止めきれなくなった骨盤底筋が決壊して尿もれを引き起こしてしまうことに繋がってしまう訳です。

 

また、骨盤底筋がその機能を発揮できない状態にあると、インナーユニット全体として正しく腹圧を高めることが出来なくなってしまいます。

結果、上手くインナーユニットで生み出した力を利用できなくなってしまうことで、全身の筋肉のパフォーマンスを著しく下げてしまうことに繋がってしまうのです。

こういった状態が体幹が成立していない状態、もしくは体幹バランスが崩れてしまっている状態ということであり、全身の筋肉を使うにあたって、ひたすら効率の悪い使い方を余儀無くされてしまうことになってしまうのです。

例えば、出産後間もない女性が抱えてしまいがちな「なんとなく体に力が入りにくい」、もしくは「歩くとふらついてしまう」といった症状の原因が、こういったインナーユニットの機能低下によるものであることは容易にご理解頂けるでしょう。

出産後に歩くとふらついてしまったり、体に力が入りにくくなってしまう原因とは

骨盤底筋というよりも、あくまでインナーユニットとして機能回復を目指すべき

 

インナーユニットをその機能面から考えるとき一番重要なことは、それを構成する4つの筋肉群を互いに正しく協調させて使えるかどうかという一点に尽きるかと考えます。

つまり、出産後に体幹バランスを回復させるにあたって、それぞれの筋肉ごとに単体で鍛えるというよりは、4つの筋肉をあくまで1セットとして使うための機能訓練をすることこそが大切なのであるということ。

そして、インナーユニットがその機能を回復してくれないことには、妊娠出産で崩れてしまった体幹バランスはいつまで経っても完全に回復することはないのです。

例えば、出産されてから上手く風船を膨らませなくなってしまったなんて方はいらっしゃいませんか?

腹圧を高めることができない状態にある方の代表的な症状がこれです。

出産後に風船を膨らませなくなってしまう理由【産後ケアの本質を突くエピソード】

腹横筋イラストイメージ、インナーユニットとして

なお、尿もれ対策として骨盤底筋を締め直すにあたっては、隣接する腹横筋(ふくおうきん)とよばれる、同じくインナーユニットを構成する深層を走る腹筋との連携回復がきわめて重要となってきます。

これらの筋肉は互いに助け合うように働くという特徴があることからも分かるとおり、やはり骨盤底筋単体で鍛えるというよりも、あくまでインナーユニット全体としての機能回復を図っていく方が大切であるのです。

そして、骨盤底筋は決して排尿や排泄のコントロールだけを担当する筋肉というわけではなく、産後女性がきちんと腹圧を高められるよう(体幹バランスを回復させられるよう)機能回復させるにあたって、とりわけ重要な筋肉であるという点を押さえるべきなのであります。

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら