妊娠出産をすると虫歯が酷くなってしまう本当の理由をご存知ですか?

骨盤軸整体

こんにちは、院長の三橋です。

今回は歯科についての話。

 

出産後に虫歯が酷くなってしまったと実感されている方は、非常に多いのではないでしょうか。

実際、当院の「産後のボディケアコース」に通われているクライアントさんからも、同様の話をよくお聞きするものです。

かつては、「お母さんのカルシウムが赤ちゃんの栄養として持って行かれてしまうから」という話が定説となっていたようですが、本当の原因が別にあることをご存知でしたでしょうか?

妊娠出産で、口腔衛生が悪化してしまう本当の理由とは、いったい?

妊娠出産で歯のカルシウムを赤ちゃんにとられることはない

 

最新の歯科の見解によると、妊娠中および出産後の授乳期において、お母さんの歯から直接カルシウムが栄養として血中に溶け出すことは、まずあり得ないのだそう。

つまり、「お母さんのカルシウムが赤ちゃんの栄養として持って行かれてしまうから」という昔よく聞いた話というのは都市伝説だったということ。

お母さんの歯のカルシウムは、赤ちゃんにとられることはない。

これが事実なのです。

 

それでは、なぜ妊娠中や出産後の女性は、現実にこうも虫歯が悪化しやすいものなのでしょうか?

実は意外な原因が別にあったのです。

 

妊娠中および出産後に虫歯が悪化してしまう本当の原因とは

 

それでは妊娠中と出産後、それぞれの時期で虫歯が悪化してしまう原因を説明していきましょう。

まずは妊娠中の原因についてから。

妊娠中に虫歯が出来やすくなってしまう原因

 

妊娠中の女性は、ホルモンバランスが大きく変化していくもの。

それによって、唾液の質や量にも変化を引き起こしてしまうのです。

一般に妊娠するとホルモンバランスに変化が起こる結果、唾液の量が減少するだけでなく、粘り気を増してしまいます。

そもそも唾液には、口腔内の雑菌の繁殖を抑える殺菌成分が含まれているのですが、粘り気を増したということは殺菌成分が不足している状態にあるのだそう。

つまり、虫歯菌のみならず、歯周病菌などをはじめとする様々な雑菌がとても繁殖しやすい状況に置かれているということ。

口腔内はサラサラな唾液で潤っているのが理想的なのですが、妊娠中はホルモンバランスの変化によって口腔環境が悪化してしまうのです。

 

そして、悪阻(つわり)による影響も。

悪阻によって、どうしても口の中が酸性に傾いてしまうことも虫歯菌にとって好都合になるのだとか。

それと、妊娠後期にもなると、いわゆる「ダラダラ食い」をせざるを得なくなります。

お腹の成長とともに胃がだんだん上に持ち上がってきてしまうことで、一回の食事で食べられる量が減ってしまうからです。

食事の間隔がある程度あいた方が、口腔環境にとっては好ましいのです。

 

出産後に虫歯が出来やすくなってしまう原因

 

出産後は、育児が始まります。

それこそ息の抜けない緊張状態が毎日続くことになる訳です。

今度は緊張状態がストレスとなり、唾液のの質を変えて、妊娠中と同様にネバネバして乾いた状態にさせてしまうのです。

 

人は緊張すると一般に口臭が強くなってしまうもの。

それはストレスによって、唾液の質と量が変わってしまい、結果、口腔内の雑菌が増えてしまうことに原因があったのです。

それと、もうひとつ付け加えると、どうしても育児に時間を取られてしまう結果、ご自身の食事も不規則になり、歯磨きもおろそかになりがちになってしまうことも見逃せないでしょう。

それでは妊娠中と出産後の虫歯対策はどうしたら良いのか?

 

妊娠中と出産後の虫歯対策

 

妊娠中および、出産後に虫歯が酷くなってしまう本当の理由について、ご理解頂けましたでしょうか?

決して、ご自身の歯から赤ちゃんにカルシウムを持って行かれる訳なのではなく、産前産後それぞれの時期に特有の事情によって口腔環境が悪化してしまうことに原因があったのです。

 

それでは、何か対策はないものでしょうか?

出来ることとしては、なるべくサラサラの唾液で口のなかが潤っている状態にしてあげることに尽きるのではないかと考えます。

それには、抱えてらっしゃるストレスを軽減させることで、自律神経系のバランスを整えてあげることが有効。

唾液の分泌の量と質をコントロールしているのが自律神経系であるからです。

つまり、妊娠出産の過程で抱えてしまう、痛みや不調といったストレスを整体やカイロプラクティックなどで改善させてあげることが、口腔環境の改善に繋がり、ひいては虫歯の悪化を抑える効果が期待できるはずであるのです。

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP