Pocket

出産後1年以上経っても改善しないことから、本当に必要な産後ケアが見えてくる

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院は、あくまで産前産後ケアの専門院である以上、常に「本質的な」産後ケアないし、産後の骨盤矯正を追求させていただいています。

ただ開いた骨盤を閉じるだけの整体院とは、そこが決定的に違うところ。

そもそも、骨盤がそんなに簡単に開閉出来てしまう構造であったならば、人間はおそらく歩くことはおろか、立つことすらままならないはず。

それほど、骨盤というのは本来、頑強な組織である訳なのです。

 

それでは骨盤が開かない以上、本当に必要な産後ケア、産後の骨盤矯正とは、いったい何なのでしょう?

それは、「出産後1年以上経っても回復していないこと」を考えてみると分かりやすいかも知れません。

初めての妊娠出産で、予想だにしなかった体の変化に驚かされる

 

まず、初めての妊娠出産を経て、予想だにしなかった体の変化に驚かれる方というのは実に多いものです。

出産後まもない時期は、ベッドから簡単に起き上がれなくなり、歩くだけでもふらついてしまったり、とにかく体に力が入らないことに驚かれることかと思います。

また、体型にも大きな変化が生じるもので、それは単純に体重の増減だけでは説明のつかないものであったりすることがほとんど。

多くの方がお尻の形が変わってしまったことで、妊娠前に穿いていたデニムが入らなくなってしまい、俗に言う「骨盤が開いてしまった」ような感覚を実感することとなるのです。

 

出産後に「骨盤が開いた」と感じさせてしまう本当の原因とは

 

しかし、現実的は骨盤は開きようがありません。

逆に簡単に開閉してしまうような構造をとっていたのなら、上半身の重さを受け止めることが出来ないはず。

それほど強固な構造であるのが骨盤なのであり、骨盤内に存在する関節は、現実的には股関節の動きを補助する程度にほんの「数ミリ」単位で動くくらい。

実際にデニムに当たって引っかかってしまう部分は骨盤なのではなく、「大腿骨大転子(だいたいこつだいてんし)」とよばれる太ももの骨の付け根部分であるのです。

そして、産後女性のお尻の形を変えてしまう本当の原因は、「内股」なのであり、「内股」に股関節のアライメントが変わってしまったことによって大腿骨大転子が外に「せり出して」しまうからデニムが引っかかって入らなくなるのです。

本当に必要な産後ケア、大転子

出産で本当に骨盤は開くものなのか? 【便宜的に「骨盤が開く」という意味】

 

なかには出産後一年経過しても回復しないこともある

 

ところで。

出産後1年以上が経過しているのにも関わらず、以下に挙げることから「回復できないまま」という方はいらっしゃいませんか?

  • 腹筋運動が相変わらずただの一回も出来ないまま
  • 風船を膨らませないまま
  • 尿もれがつづく

これら症状は、妊娠出産によって引き起こされた筋肉の機能不全によるものであり、ひとつは骨盤底筋群をはじめとする身体の最深部を支えるインナーユニットとよばれる筋肉群が妊娠中に大きなダメージを負ってしまったことによるもの。

もうひとつは、妊娠出産の過程で身体の重心位置が大きく移動したことによって引き起こされる、「重心の揺り戻し」という現象による全身の筋肉の機能不全によるもの。

いわば体幹バランスが崩れた状態とも言えます。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

早い話、産後女性は、妊娠出産という一連の過程を経て一部の筋肉に大きなダメージを負ってしまうばかりでなく、体幹バランスの崩れによって、いわば一時的に脳が筋肉の使い方を忘れてしまう状況に置かれてしまうことになるのです。

つまり、腹筋運動がただの一回も出来なくなってしまった原因は、腹筋が消えて無くなってしまったからなのではないということ。

出産後にきちんと筋肉をダメージから回復させ、もういちど筋肉の使い方を脳に思い出させてあげれば良いのです。

これを「体幹バランスを回復させる」と言い、これこそが本当に必要な産後ケア、産後の骨盤矯正であると当院は考えるのです。

 

出産後にいきなり筋力トレーニングをすることは禁物

 

さすがに出産後1年以上経過して、腹筋運動がただの一回も出来ない状況にあると心配になるもの。

そして、多くの産後女性たちは、体重は妊娠前の数字に戻っているのにお腹まわりやヒップの状態が相変わらず元に戻らない現状に焦りをおぼえるのです。

だけど、気を付けて下さい。

ここで良かれと思い、自己判断でいきなり腹筋運動なんかを始めてしまうと却って状態が悪化してしまう可能性があるので注意が必要。

ダメージを負い、機能不全を抱えたままの筋肉にいきなりストレスを掛けてしまうと、最悪の場合、腰痛の悪化や尿もれの発症など、状態の悪化を招いてしまうこともあるのです。

出産後に運動を再開するタイミングについて【産後ケアと体幹の回復を待つべき理由】

 

産後女性が本来目指すべき「本質的な」産後ケア、産後の骨盤矯正とは

 

焦る気持ちを抑えてください。

産後女性の体というのは、きちんと順序立てて回復させていくべきであるのです。

 

まずは、先述した身体の最深部を支えるインナーユニットがきちんと機能出来るように回復させてあげることが大切なのであり、まずは手始めにインナーユニットを支える骨盤底筋群の働きを取り戻すことが重要となってきます。

その上で、「重心の揺り戻し」によって失ってしまった体幹バランスの回復を図ること。

つまり、忘れてしまっていた、身体本来の使い方を思いださせてあげるということです。

これにより、姿勢保持筋とよばれる筋肉が息を吹き返すことによって、骨盤がやっと正しい位置に戻ることが出来ます。(器具を使って物理的に締めようとしても、骨盤は締まらないのです。)

そうすると股関節を支える筋肉が機能を取り戻すことで、「内股」からやっと脱却することが出来るのです。

そう。いわゆる「骨盤が開いてしまった」ような状態から改善して、デニムが入るようになる訳です。

その頃には、腹筋運動もこなせるようになり、尿もれも改善していることでしょう。

 

なかには一年かけて、こういった段階を踏み、自然と回復してしまう方もいらっしゃいます。

しかし、一年以上経っても、いっこうに改善の兆しをみせない方がいらっしゃるのも、また事実。

それこそ出産後数年、いや10年経っても相変わらずそのままの状態で不調を抱えてしまっている方が多いのも事実で、こういったケースこそ「本質的な」産後ケア、産後の骨盤矯正が必要となってくるのです。

そして、それは、ただ開いた骨盤を閉じるなんていう単純な話でもなく、ましてや「一年以内に締めないと手遅れになる」なんていう荒唐無稽な話でも決してない訳です。

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら