Pocket

 

出産後の女性に起こる変化とは

 

こんにちは。院長の三橋です。

先日、当院の「産後のボディケアコース」に通われているクライアントさんが、こんなこと仰ったんです。

「そういえば、出産したら風船を膨らませなくなってしまったんですけど。これって何か妊娠出産と関係あるんですか?」

 

あります(笑)。

実はこれ、妊娠出産によるダメージによって「これまで普通に出来ていたことが、出来なくなってしまうこと」を身近に起こることから非常にわかりやすく説明してくれているケースなのです。

 

果たして周産期の女性の身体にはどんな変化が起きているものなのか?

そんな、まさに産後ケアの核心を突くエピソードだったりするのです。

 

ところで。

出産後に起こるマイナートラブルとして代表的なものの一つに「尿もれ」が挙げられるかと思います。

この「尿もれ」を改善させるにあたって、まず施術者側は、「妊娠出産によって実際に女性の身体に起こる変化」を正しく理解できていないとなかなか良い結果は導けないものです。

 

どういうことかと言いますと…。

「尿もれ」の改善にあたって、多くの場合、単に骨盤底筋(こつばんていきん)を鍛えることだけに終始してしまいがちですが、結果が伴わないことが多いようです。

産婦人科で教わる産褥体操も、然り。

 

では、改善しないのは何故なのでしょう?

結論から言うと、鍛える前にまず「骨盤底筋と他の筋肉をきちんと協調させて使えるように」訓練しなければいけないからです。

特にインナーマッスルの特性として、単独ではあまり機能しないという特徴があります。

つまり、「尿もれ」してしまうのは、おしっこを止める役割を持つ骨盤底筋を他の筋肉と正しく協調して使えてないから。

また、骨盤底筋をはじめとする体幹を支えるインナーマッスル群がきちんと機能できるように環境も整えなければならないのです。

だから、一般的に「尿もれ」については、なかなか結果を出すのが難しいケースであるのかも知れません。

実際、「整体であまり改善しなかった」という声を多くお聞きする訳です。

そういった意味では「尿もれを改善する」という明確な結果が求められる以上、施術者側には、「産後ケア」への本質的な理解がより一層求められてくるはずなのです。

 

ここで、冒頭の「風船を膨らませなくなってしまった」という話に戻ります。

実は、風船を膨らますという作業にも、骨盤底筋という筋肉が深く関わっています。

そして、骨盤底筋と横隔膜をはじめとする複数のインナーマッスルとを協調させて使うことが出来て、はじめて風船を膨らませることが可能なのです。

要は、妊娠出産を経た結果、こういった呼吸に関わるインナーマッスル群をきちんと協調して使えなくなってしまった訳なのですね。

また、これら呼吸に深く関わる、腹部を支えるインナーマッスル群は、体幹を支える筋肉としての機能も持ち合わせています。

なので、これらが本来の機能を果たせてないと、当然、姿勢にも悪影響を及ぼすのです。

 

もう、お分かりでしょうか?

出産して風船を膨らませなくなった」という状態が、産後の女性の身体の状況をある意味、端的に現している訳なのです。

 

周産期の女性の身体に、実際に起こる変化とはいったい何なのか。

また、「産後ケア」として何を為すべきかなのか。

 

この命題に対する当院の見解は以下のとおりです。

妊娠中に膨らんだお腹によって引き伸ばされてしまった、体幹部を支えるインナーマッスル群のダメージからの回復と強化。

また「重心の揺り戻し」によって機能不全に陥ってしまっているインナーマッスル群の機能回復。

 

(※「重心の揺り戻し」については以下のリンクを参考にしてみて下さい )

骨盤軸整体 – 産前産後の女性のために生まれた“次世代の骨盤矯正”です

 

インナーマッスル群の機能不全からの回復とは、分かり易く言い換えると、こんな感じでしょうか。

単独ではなく複数の筋肉どうしをきちんと協調させて使えるように筋肉を再教育すること。

 

これが成立すると、驚くほど筋肉のパフォーマンスが上がります。(筋力が増すということ)

さらに、妊娠出産で崩してしまっていた、姿勢や骨盤をはじめとする骨格バランスも改善していく訳なのです。

そして、これらを叶えてくれる最強のメソッドが「骨盤軸整体」であるのです。

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~20:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら