Pocket

フラットバック、膝の痛み、尿もれ

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の「産後のボディケアコース」には、さまざまな症状を抱えて来院されているクライアントさんたちが大勢いらっしゃいます。

そのなかでたいへん興味深いのが、「膝の痛み」と「尿もれ」という二つの症状をともに抱えてしまっているケースの方が、とても多く見受けられるということです。

そして、この二つの症状とも持つ方々に共通しているキーワードが、フラットバック(平背)とよばれる姿勢的傾向。

今回、これらの症状と、さらにはフラットバックからの根本的な改善を「体幹」から読み解いていきたいと思います。

 

 

フラットバックと呼ばれる姿勢的傾向について

 

フラットバック

 

フラットバック(Flat back)とは医学用語であり、平背(へいはい)と呼ばれる、真横からみると背中から腰にかけて脊柱(背骨)がまっすぐに見える姿勢的傾向を指す言葉。

ふだんから骨盤を後ろに寝かせて(骨盤を後傾させて)椅子などに座る習慣のある方が陥りやすい姿勢です。(この姿勢を腰猫背ともいいます。)

通常、脊柱(背骨)は生理的湾曲といって緩やかなS字のカーブを描いているのが理想とされ、人間が直立歩行するにあたって本来は必要不可欠なものです。

また反対に、この生理的湾曲が過剰である場合を「反り腰」といいます。

ちなみにフラットバックの傾向があると地面からの衝撃をうまく逃せなくなるため、首や腰をたいへん痛めやすくなってしまいます。

 

フラットバックの方の多くにみられる特徴

 

フラットバックの傾向をもつ方々に多く見られる特徴としては、まず大腰筋という筋肉の筋力低下が挙げられます。

大腰筋という筋肉は、インナーマッスルでありながら、上半身と下半身とを繋ぐ長大な筋肉であり、腰椎(背骨の腰の部分)をお腹側に引き出す(腰椎の前弯という)ことで背骨のS字のカーブを作る働きを担っています。

 

大腰筋イメージ

腰椎の前弯を作ることによって、骨盤が前傾して「正しい位置」に入ることができる訳なのです。

背骨に対して骨盤が30度前傾するのが理想的と言われています。)

つまり、大腰筋は「骨盤の位置決め」に関わる重要な筋肉であるということ

ところが、大腰筋が筋力低下を起こしてしまうと背骨のS字のカーブが作れず、骨盤が本来の位置よりも後傾してしまいます。

結果、お尻の筋肉にうまく力を入れられなくなり、股関節を正しく支えきれない状況(内股)を作ってしまうことになるのです。

この状況(内股)をもっと簡単に言い換えると、お尻が垂れて貧相になってしまっている状態ということになります。

 

また普段、骨盤を後傾させて使ってしまうことで、お尻と太もも裏の筋肉が萎縮してしまい、腰がやや落ちて、膝が伸びきらない独特の姿勢をとるようになってしまいます。

それだけでなく、内股になってしまうことで内転筋群とよばれる内ももの筋肉にもストレスがかかってしまい、筋力低下を引き起こしてしまうのです。

こうしてフラットバック、つまりは大腰筋が弱い方は股関節を正しく支えることが出来なくなり、太もも裏や、内ももといった筋肉に余計な負担を掛けてしまうことで、膝関節に痛みを抱えてしまうリスクが高めてしまうことになるのです。

 

内転筋イメージ

 

フラットバックを「体幹」という観点から考えてみると

 

今度は、フラットバックを「体幹」という観点から考察してみたいと思います。

要は、普段の姿勢や身体の使い方のクセなどといった「何らかの原因」によって大腰筋の機能低下を招いてしまった結果、フラットバックという姿勢的傾向を抱えてしまうようになってしまう訳です。

そうなると多くの場合、大腰筋と機能的に密接な関係にある内転筋群の機能低下をも引き起こしてしまうことになります。

ふたつの筋肉は相互に協調し合うことによって、初めてそれぞれのパフォーマンスが上がるように出来ているからです。

 

また、このふたつの筋肉はインナーユニットとよばれる、お腹のいちばん奥深くに存在して「体幹」を支える中枢部分とも連結していて、それぞれが相互に緊密な関係にあるのです。

 

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

 

要は、大腰筋と内転筋群は、インナーユニットで作り出した力をお互いに連携しながら脚に伝える役割を果たしているということ

つまりは、フラットバックの傾向にある方は「体幹」がうまく機能させられないことによって、手足といった個々の筋肉を効率良く使えない状況にあるとも言える訳なのです

 

インナーユニットを支える骨盤底筋について

 

今度は、インナーユニットそのものについて焦点を当ててみましょう。

インナーユニットを構成する筋肉の一部であり、骨盤を底から下支えしている骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)とよばれる筋肉をご存知でしょうか?

「出産したらコツバンテーキンを引き締めましょう」というアレです。

近頃は、出産後に「尿もれ対策」として、産科から骨盤底筋群を引き締める体操を教わることが一般的になってきているようです。

 

ただ、ここでひとつだけ注意が必要。

残念ながら、骨盤底筋群だけ単体で引き締める訓練をしても、「尿もれ」についてはあまり効果が期待出来ないのです。

骨盤底筋群をはじめとするインナーマッスルとよばれる筋肉全般に共通することなのですが、それ単体で鍛えてもあまり意味がなく、他の複数の筋肉と協調して使う訓練をして初めて効果が出るのです。

特に尿もれ対策については、骨盤底筋群と内転筋群とを協調して使えるように訓練することが改善へのカギとなります。

これは、おなじくインナーマッスルである大腰筋やインナーユニットを構成する他の筋肉も同様で、それぞれを互いに協調させて使えるように訓練をすることがとても重要だということです。

そして、これこそが「体幹」を鍛えるということでもあり、手足といった個々の筋肉の機能改善に繋がるのです。

 

最後に

 

フラットバックの傾向のある方は、ある意味「体幹」がとても弱い状態にあると言えるかと思います。

それは、特に「体幹」を支える重要なコアマッスルである、大腰筋や内転筋群といった筋肉の出力が下がってしまっている状態にあるからです。

また、これらの筋肉にストレスが掛かってしまう状況を放置してしまうと、「膝痛」や「尿もれ」といった悩みを抱えてしまいやすくなるということになります。

 

フラットバックからの根本的な改善を図るには、崩れてしまった「体幹」の回復こそが重要となってきます。

そして、「体幹」に直接アプローチすることができるのが、当院の骨盤軸整体であるのです。

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~20:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら