Pocket

 

こんにちは、院長の三橋です。

出産後に「膝の痛み」で悩まれる方というのは実に多いものです。

当院にも、「手首の痛み」と同様に、辛い症状を抱えて育児をされているクライアントさんが多数来院されます。

 

ところで。

「膝の痛み」からの根本的な解決を目指すにあたって、施術者はいったい何にポイントを置くべきなのでしょうか?

当然、出産後に初めて出現した痛みであるのならば、原因を探る上で重要なキーワードとなってくるのが「妊娠出産にともなう身体の変化」であるはず。

当院では、それを体幹バランスの崩れに求めるのです。

 

妊娠出産で膝の痛みを抱えてしまう多くの原因とは

 

出産後に抱えてしまう、これまでの人生で一度も経験したことのない「痛み」の代表格は、「手首の痛み」と並び「膝の痛み」なのではないでしょうか?

それが妊娠出産後に初めて自覚した「痛み」なのであれば、原因は明らかに妊娠出産の過程にあるはずで、身体の「何か」が妊娠出産によって変わってしまったことを意味するのです。

当院は、その「何か」を体幹バランスの崩れであると考えます。

重心の揺り戻し」という現象によって、産後の女性の「体幹」は一度大きく崩れてしまうからです。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

 

出産後すべての方が膝の痛みを抱えてしまう訳ではない

 

出産後、膝には育児で大きな負担を掛け続けることになってしまう訳ですが、そうかといって皆すべての方が膝の痛みを抱えてしまう訳ではありません。

赤ちゃんの重さや抱っこの頻度にもよるのですが、膝の痛みを発症してしまうかどうかを左右するファクターのひとつが体幹バランスの状態にあると当院は考えるのです。

要は、育児における物理的負担をどれだけ軽減できるか、「体幹」が鍵を握っている訳であると。

ここでいう「体幹」とは、全身の筋肉をいかに効率よく使えるかどうかということになります。

なぜ保育士さんは自分の子供だと腰を痛めてしまうのか?【本質的な産後ケアとは】

 

出産後に膝の痛みを抱えてしまいやすい方の特徴について

 

特に出産後に抱えてしまう「膝の痛み」については、症状を自覚しやすい方に特徴的な姿勢的傾向があるのです。

膝関節を支えている筋肉に大きなストレスを与えてしまうような姿勢ということになります。

それはフラットバックとよばれる姿勢的傾向で、いわゆる背骨のS字のカーブがとても弱く、あたかも背骨がまっすぐに見えてしまうような姿勢のことです。

比較的筋肉量の少ない女性が出産後に陥りやすい姿勢で、腰を丸めて座るような生活習慣のある方に多く見受けられます。

フラットバックの傾向があるとお尻の筋肉が貧弱になってしまうこともあり、腰痛はもちろん、尾てい骨が接触する痛みを抱えてしまうことも多いようです。

また、フラットバックとは「腹圧を高められない」姿勢でもあり、お腹のいちばん奥底に存在し「体幹」を支える中枢部分であるインナーユニットとよばれる部分がうまく機能しない状態でもあります。

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

特に内転筋群とよばれる内ももの筋肉とインナーユニットとの連携が上手くいかない状態(体幹バランスが崩れている状態)にあると、「尿もれ」を引き起こしてしまいやすくなります。

これが、フラットバックの方が膝痛と尿もれを併発してしまいやすい原因であると当院では考えるのです。

出産後に膝痛と尿もれの両方で悩まれている方へ【フラットバックを体幹から読み解く】

 

産後に抱えてしまった膝の痛みを根本的に解決するには「体幹」の回復が重要

 

それでは、目の前のクライアントさんを出産後に抱えてしまった膝の痛みから根本的に回復させるために、いちばん大切なこととはいったい何なのでしょう?

痛み止めの湿布や、飲み薬は授乳があるのでもちろん論外です。

硬くなってしまった太ももまわりの筋肉をただ弛めれば、それで良いのでしょうか?

それだとたとえ施術によって痛みが緩和したとしても、おそらく原因となっている生活習慣が変わらなければ、すぐにまた筋肉は硬くなり出し、痛みが再発してしまうことでしょう。

大切なのは、筋肉が再び硬くならないようにすること。

 

膝関節に余計な負担が掛からないような筋肉の使い方を取り戻すべきで、これを言い換えると膝関節を支える筋肉をもっと効率良く使えるように調整してあげることではじめて根本的な解決になるのです。

つまり、これこそが妊娠出産で崩してしまった体幹バランスを回復させてあげるということなのです。

 

産後の女性の膝痛を劇的に改善してくれる最強のツールである自転車

 

当院では、妊娠出産で崩してしまった体幹バランスの回復こそが、本質的な産後ケア産後の骨盤矯正であると考えます。

つまりは、妊娠出産を経て機能不全に陥ってしまった筋肉をふたたび効率良く使えるようにすることで、膝のみならず肩や腰に掛かる負担すらも軽減させてしまうということ。

これが骨盤軸整体メソッドという考え方である訳なのです。

 

最後に。

産後女性の「体幹」をさらに強化させることができる「最強のツール」であるのが実は自転車なのです。

特に膝の痛みを抱えているような方は、「体幹」を支える大腰筋や内転筋群といったコアマッスルを鍛えてあげると効果的。

しかし、こういった筋肉を鍛えるにあたって、プールやバランスボール、ヨガ教室などに通うのはなかなか現実的には面倒なものです。

そこで、こういった鍛えにくいコアマッスルを効率良く鍛えることを可能にしてくれる存在こそが自転車なのであります。

普段の生活のなかで、無理なく「体幹」を鍛えることができる優れもの。

もちろん普通の電動自転車で十分なんですよ。

よろしければ、以下のブログを参考にされて下さい。

自転車が産後女性の尿もれと膝痛を劇的に改善させてしまう最強のツールである理由

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら