出産後に多くの女性が腰痛と股関節の可動域低下とをセットで抱えてしまう原因とは

骨盤軸整体

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

一般的に妊娠、出産を経験すると慢性的な腰痛を抱えるようになってしまうことがよく知られています。

またそういった場合、多くの方が同時に股関節が固くなってしまったことも自覚するものです。

こういった出産後に抱えてしまうようなタイプの腰痛と股関節の可動域との間には、どのような関係性があるのでしょう?

安易に「出産で骨盤が開いたから」などと考えるのではなく、産後女性の身体に実際に起こる変化からその原因について考察してみたいと思います。

多くの産後女性が出産後に腰痛と股関節の不調をセットで抱えてしまうもの

 

それまでほとんど腰痛を自覚してこられなかったような方でも、妊娠出産を経験したことで一転して腰痛を抱えてしまうようになってしまったという話をよく聞きます。

そもそも育児において腰痛をまったく自覚しない方のほうがむしろ珍しいのかも知れません。

早い方だと、妊娠中からすでに腰痛を抱えて生活することを余儀なくされてしまうものなのです。

 

また、多くの女性が腰痛だけにとどまらず、出産後に股関節の柔軟性が低下していることを実感することになります。

特に妊娠前からヨガやクラシックバレエなどをされている方ほど、こういった変化によく気が付くもの。

多くの場合、出産後は腰痛と股関節の柔軟性の低下とセットで抱えることになるものなのです。

妊娠出産の過程で女性の身体に生じる「変化」について

 

それでは妊娠出産を経ることで、なぜ腰痛や股関節の可動域の低下を抱えてしまうようになるのでしょう?

実は、これこそが産後女性にとって本当に必要な産後ケア、産後の骨盤矯正に直結する話となってきます。

妊娠出産を経て産後女性の身体に生じる「変化」とは。

さらには本当に必要な産後ケア、産後の骨盤矯正とはいったい何なのか?

 

結論から先に申し上げると、早ければ妊娠中から、多くは出産されると腹圧を高められなくなり骨盤を安定させることが出来なくなてしまうから「こういった変化」が起こってしまうのです。

なお、「腹圧を高める」という点については、風船を膨らませなくなってしまう現象がいちばん分かりやすい例として挙げられるかと思います。

ただお腹をへこますのではなく、お腹のそれこそ奥底から吐き固めるような動作がほとんど出来なくなってしまうのです。

これは腹部を物理的に支えているインナーユニットとよばれる、人体の最も奥深くに存在する体幹の中枢ともいうべきインナーマッスルの塊りが妊娠中にお腹が大きく膨らんだことで引き伸ばされてしまい、本来の機能を失ってしまうことに起因します。

特にインナーユニットを構成する筋肉の一部である骨盤底筋(こつばんていきん)が機能不全に陥ると、尿もれの原因となることは、今や一般的に知られているところかと。

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

そして、インナーユニットがその機能を発揮できなくなると(腹圧を高めることができなくなってしまうと)、尿もれだけでなくインナーユニットに直結するインナーマッスル群に著しい機能低下をもたらしてしまうことに繋がってしまうのです。

本来、骨盤を安定させるように働くはずのインナーマッスル群が弱ってしまうことで、あらゆる動作において効率的でない筋肉の使い方を余儀なくされてしまうことになります。

極論をいえば、ただ立っているだけでも特定箇所の筋肉に大きな負担を掛け続けてしまうことになり、これが産後女性が抱えてしまう一般的な腰痛の原因となってしまうのです。

また、こういった一連の筋肉の機能低下を指して当院では「体幹バランスの崩れ」と呼ぶこととし、産後女性の体を「体幹バランスの崩れ」から回復させることこそが本当に必要な産後ケア産後の骨盤矯正であると考えるのです。

産後女性が腰痛だけでなく股関節の固さも招いてしまう原因について

 

いわば体幹の中枢ともいうべきインナーユニットが機能しなくなり腹圧をうまく高めることが出来なくなってしまうと、インナーユニットに直結するインナーマッスル群が著しくその機能を低下させてしまうことは既述したとおりです。

そして、インナーマッスルとよばれる筋肉群の多くは本来、骨格を支えるように働く筋肉であるため、その機能が低下してしまうと骨盤のポジションを正しく安定させることが出来なくなってしまうのです。

これによって産後女性が特に大きな影響を受けてしまう筋肉がお尻の筋肉内ももの筋肉であり、それは臨月に入った妊婦さんの独特の歩き方を想像していただければ分かりやすいでしょう。

早い話、骨盤を正しく支え切れなくなってしまうと、もはやお尻と内ももの筋肉に十分に力を入れることが出来なくなり、妊娠後期の方によくみられる独特の歩き方になってしまうのです。

さらには、お尻の筋肉や内ももの筋肉をひたすら効率的でない使い方を繰り返すことによって、それら筋肉のコンディションが低下してしまうだけでなく、他の筋肉に余計な負担を掛けてしまうことになるのです。

 

なお、股関節の柔軟性の低下の原因についてはお尻の筋力低下と、内もも(内転筋群)の筋肉の萎縮(硬直)による影響が大きいでしょう。

股を広げる動作をするにあたって、筋力低下してしまっているお尻の筋肉が大腿骨(太ももの骨)をなんとか動かそうとするにも、固く萎縮してしまった内ももの筋肉が邪魔してしまっている状態である訳です。

これに近い考え方でヨガの世界でヒップオープンヒップオープナーという考え方があります。)

つまり、体幹の中枢(腹部)を支えるインナーユニットの機能不全が全身のインナーマッスル群の著しい機能低下を呼び込んでしまうことで、腰痛と股関節の柔軟性の低下を引き起こしてしまうことに繋がってしまうのです。

ヒップオープン、ヒップオープナーという考え方と、骨盤軸整体における産後ケアとの共通点について

それと最後に「関節の正しい使い方」という視点からも、産後の腰痛と股関節の柔軟性の低下について説明することができることをここで簡単に紹介させて頂きます。

端的に申し上げると、腹圧を高められなくなることで腹部を物理的に安定させることができなくなってしまうことで、股関節に本来とは違う使い方を強いる状況を作ってしまうことで股関節の柔軟性が低下してしまうといった話になります。

かなり視点を変えた話となりますが、もしご興味がある方は以下のブログを読まれてみて下さい。

関節の使い方から産後ケアを考えてみると【ジョイント・バイ・ジョイント・セオリー】

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP