Pocket

 

出産後に力が入りにくくなってしまう理由とは

 

 

こんにちは。院長の三橋です。

 

出産後、間もない時期の女性の悩みというものは、実に多岐にわたるものです。

肩こり腰痛はもちろんのこと、背中の張り、膝や手首の痛みなど、代表的なものだけでも例にあげたらキリがないほど。

 

そんな中でも、意外と見落とされがちな症状がコレではないでしょうか。

 

体に力が入りにくい

 

 

  • 物が掴みにくい。
  • 立ったり歩いたりするときに何だかふらつく。
  • 腰に力が入らない。
  • 膝がカクッとなることがある。 etc…

 

「出産後すぐの時期なんて、そんなものだ」と思い込んでしまう方も多いのではないでしょうか?

しかし、産後数ヶ月経過しても、いっこうに症状が変わらず、不安に駆られて当院を訪れる方が実に多いのです。

 

では、実際に産後間もないデリケートな時期の女性の体には、何が起きているのでしょう?

本当に筋肉という筋肉が消えてなくなってしまっているのでしょうか?

 

いいえ、違います。

「なくなってしまった」のではなく、実は「使い方を忘れてしまっている」だけなのです。

確かに多少の筋肉量の低下があるのも事実なのですが。

 

臨月近くあたりから「お腹で身体の重心バランスをとっていた」ところに、出産によって突然的に根本から身体の重心バランス変わってしまったことによって「脳が混乱してしまっている」だけなのです。

この現象を「重心の揺り戻し」といいます。

筋肉が本来持ち合わせているはずの「筋肉どうしを協調させて使う」といった動作が出来なくなってしまったことで、著しいパフォーマンスの低下を引き起こしてしまうのです。

 

 

また、妊娠中に膨らんだお腹によって体幹部を支えるコアマッスルが引き伸ばされ弱ってしまい、それにより正しく姿勢を保持出来なくなってしまう点も見逃せません。

要は、姿勢が崩れてしまったことからも、主動作を担当するアウターマッスルがパフォーマンス低下(筋力低下)を起こしてしまっているのです。

 

出産後に筋力回復に励む女性

 

いきおい産後ケアとして最も優先すべき大切なことは、体幹部を支えるコアマッスルを一日も早く「正常に使える」状態に戻してあげることになります。

つまりは、弱ってしまった体幹部を支えるコアマッスルの筋力回復を図りつつ、「重心の揺り戻し」によって機能不全に陥ってしまっている筋肉の機能回復をさせることが重要なのです。

これによりインナーマッスルが姿勢保持筋としての機能を取り戻すことによって、妊娠出産で失ってしまった「正しい姿勢」を取り戻しやすくなる訳なんですね。

また、抱っこや授乳をはじめとする日常の動作における負担を大幅に軽減することにも繋がります。

肩こり腰痛の軽減も十分に期待できるということ。

 

出産後、「重心の揺り戻し」による、特にこういった筋肉の機能不全から回復しきれないうちは、上記に挙げた症状を自覚し続けてしまうことになる訳ですね。

もちろん、こういった産後における「体に力が入りにくい」といった症状こそ、十分に当院の「産後のボディケアコース」が得意とするところでもあるのです。

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~20:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら