体重だけでなく妊娠前よりもボディラインを引き締めてしまったケース【骨盤軸整体レポート】

骨盤軸整体

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の「産後のボディケアコース」は、一般的な産後ケアや産後の骨盤矯正はもちろんのこと、妊娠出産で崩れてしまったボディラインについての悩みにも対応させて頂いております。

そして、それは「きちんと燃やせるカラダ」に戻すためのお手伝いだけでなく、ぽっこりお腹ヒップラインの問題、ひいてはО脚などをはじめとするレッグラインの改善など多岐に渡るのです。

もはや今の時代、産後の骨盤矯正や産後ケアを看板に掲げる以上は、こういった問題に対する具体的なプランニングが出来なければ、整体院としては失格の烙印が押されてしまう時代となったのかも知れません。

 

今回は、そんな当院の「産後のボディケアコース」に通われて、それこそ妊娠前よりもボディラインを引き締めることに成功されたLさんについてのお話です。

出産後8ヶ月というタイミングで産後ケア、産後の骨盤矯正を決意

 

当院の「産後のボディケアコース」に出産後8ヶ月と、ややタイミングが遅れての来院となったクライアントLさん。

この記事を執筆中の2020年は、コロナ禍の真っただ中だったということもあり、特に混乱の大きかった春先に出産された方々の多くが産後ケア産後の骨盤矯正に通うことに躊躇されたようでした。

そんなクライアントLさんも例にもれず、出産後しばらくの間ためらわれた後に来院されることを決めたのだそう。

今回、第二子出産後に抱えてしまった腰痛尿もれといった症状の改善はもちろんのこと、翌春に復職を控えるにあたってボディラインを回復をさせておきたいという気持ちが強かったのだそうです。

これについては、きっと美容系の仕事に従事されている方であればこそなのでしょう。

体幹が回復すると骨盤が締まり、下腹の問題が解決してしまう理由【骨盤軸整体とは】

妊娠前の体重にほぼ戻せたのにお腹のたるみやヒップラインがどうしても…

 

クライアントLさん、実は第一子出産から第二子妊娠までは本当にあっという間だったのだとか。

それこそ第二子出産まで自身の身体を立て直す暇もなく時間が過ぎてしまったのだそうで、今回の来院についてはかなり早い段階から周到に検討を重ねて来られたのだそう。

しかし、コロナ禍による世間の混乱によって来院機会は遅くなってしまったものの、ご自身の決意は固く、第二子を出産されてから当院に来院するまでの期間は、食事にはかなり気を使われていたよう。

事実、体重に限って言うと、第一子妊娠前の数字にあと僅かという段階での初回来院だったほど。

だけど、体重の目盛りはほぼ元に戻ったものの、どうしてもお腹たるみやヒップラインだけが元に戻らない…。

そこで、まだまだコロナも怖かったのだけれども、専門家のアドバイスを仰ぎに来院されたというわけです。

出産後、体重は戻ったのにどうしてもウエストラインやお腹のたるみが取れなくて悩んでいるという方へ

産後のボディラインの回復とマイナートラブルとの間には密接な関係があった?!

 

実は、クライアントLさんのように単純に体重計の数字だけでは測れないボディラインの問題と、腰痛や尿もれに代表される産後のマイナートラブルとの間には密接な関係性があるものなのです。

要は、それぞれの問題に共通するファクターがあるのだということ。

そして、それは多くの女性が妊娠中に決定的なダメージを受けてしまう部分なのであり、そこをきちんと回復させてあげない限りは、そういった問題の根本的な解決には当然至らない訳なのであります。

ただ開いた骨盤を締めるだけではない、当院の考える本質的な産後ケアを端的にあらわしている典型的なケースであるのです。

つまり、妊娠前の体重に戻せたクライアントLさんは、一見すると妊娠出産前の身体の状態を取り戻せたように見えるのですが、目に見えない部分でのダメージが残ってしまっていたことで、こういった問題を抱えたままであったというわけなのです。

出産後1年以上経っても改善しないことから、本当に必要な産後ケアが見えてくるという話

かえって妊娠出産前よりもボディラインを引き締めてしまうことに

 

クライアントLさんの場合、おそらく腹筋運動やスクワットといった一般的な筋トレをされたとしてもポッコリお腹ヒップラインといった問題の解決には至らず、最悪の場合、尿もれや腰痛を悪化させてしまっていたことも充分に考えられます。

それこそ、妊娠出産でダメージを負ってしまった根本的な部分をないがしろにしたまま負荷の高い筋トレを始めてしまうことで、特定部位の筋肉に負担を集中させてしまうことがあるからです。

無理な腹筋運動によって、腰痛や尿もれが悪化させてしまうケースがあるのです。

出産後に運動を再開するタイミングについて【産後ケアと体幹の回復を待つべき理由】

しかし、クライアントLさんは妊娠中から、こういった情報に目を通していらっしゃったので、無理をなさる前に当院に来院して下さいました。

しかも、来院されるまでは、ひたすら食事に気を配ることで、コロナ禍にあっても自分で出来ることを強い意志のもとなさってくれていたわけです。

ちなみにクライアントLさん、産後8ヶ月とやや遅めのタイミングでの初回来院だったのですが、来院されて一か月もたたないうちにデニムのサイズが落ちていったことも付け加えさせておきます。

そして、第一子を妊娠される前よりもボディラインを引き締めることに成功されたことは言うまでもありません。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP