Pocket

 

ワンランク上の産後ケア、産後の骨盤矯正を目指そう

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院は、妊娠出産の過程で崩してしまった体幹バランスのすみやかな回復こそが、本質的な産後ケア産後の骨盤矯正であると考えます。

そして、当院の「産後のボディケアコース」では、骨盤軸整体によって産後女性の体幹バランスに直接アプローチすることができるという点が、他の整体院とのいちばんの違いとなるのです。

そこで、おのずと注目されてくる「体幹」という言葉。

 

ところで古来日本では、似たような意味をもつ言葉で「丹田」という考え方があったことをご存知でしょうか?

実は「丹田」という考え方から、われわれ日本人が目指すべき「体幹」、ひいては「産後ケア」が見えてくるのです。

日本人と欧米人とのあいだに間違いなく存在する身体的特徴の差について

 

日本人と欧米人との瞬発力の違い

 

日本人と欧米人と見比べて、まず真っ先に目につく身体的特徴の差は「お尻の形」ではないでしょうか?

脚の長さも、もちろんなのですが、なんといってもヒップラインに決定的な違いがあります。

悲しいかな標準的な日本人のお尻は、平たく下がってしまっているのが特徴。

これのせいでジーンズを穿いても欧米人ほどサマにならないという訳なんですよね。

 

そして、民族的に特にお尻が上がっているのが黒人の方々。

いかにも爆発的なパワーを生み出しそうな、キリリと上がったお尻の形。

その秘訣は、実は「骨盤の角度」にあったのです。

 

一般的な黒人の骨盤は日本人よりもかなり深く前傾していて、これが「お尻の形」の最大の秘訣。

つまり、民族的に黒人は腰が反っているのです。

陸上中短距離走の領域において、もはや白人をも寄せ付けないほどの瞬発力を生む力の源が、実は「骨盤の角度」にあったのです。

ちなみに日本人がこれを真似したら、間違いなく腰を痛めてしまうことでしょう。

その理由は、日本人は骨盤を支える腸腰筋とよばれる筋肉が民族的に(先天的に)細いから。

腸腰筋とは、腰椎を前に押し出すことで背骨のS字のカーブを作り、骨盤の位置決めをしている筋肉です。大腰筋と腸骨筋と分けて考えることもあります。)

腸腰筋イラスト

日本人の腸腰筋は、黒人の腸腰筋のおよそ三分の一ほどの太さしかないと言われています。

要は、黒人は太く逞しい腸腰筋で、深く前傾させた骨盤を支え切ってしまえるのです。

 

生活習慣や文化が民族による腸腰筋の太さの違いを生んだ?

 

それでは、日本人と黒人の方々とで、なぜこんなにも腸腰筋の太さに差が出来てしまったのでしょう?

いろいろ諸説あるようですが、「生活習慣の違い」によって生じたという説を推したいです。

農耕民族を祖先にもつ日本人が地べたにひたすら座り続ける生活を送ったのに対し、狩猟民族を祖先にもつ黒人は、獲物を追って走り回る必要があったのだとか。

この生活習慣の違いが、日本人と黒人との間に大きな腸腰筋の太さの差を生むことになったとも云われているのです。

 

日本人の地べたに直接座る文化が、丹田という部分を独自に発達させた?

 

それでは日本人も腸腰筋を太く鍛えれば、黒人の方々のように骨盤を前傾させて速く走ることが出来るのでしょうか?

それは、おそらくは難しいかと考えます。

腸腰筋とは、そもそもインナーマッスルである以上、鍛えたところでそう簡単に筋肥大しないものだからです。

早い話、黒人の方々は生まれつき太い腸腰筋をそれこそアウターマッスルのように使えてしまうという、先天的なポテンシャルを持ち合わせているのです。

 

また、白人の方々も椅子から座ったり立ったりする習慣があったぶん、日本人よりも腸腰筋が太く発達したと云われています。

いっぽう日本人はというと、生活習慣において腸腰筋を使う機会が少なかったのだとか。

椅子から立ち上がる時に腸腰筋が充分に活躍するのですが、日本人のように地べたに座り、正座や胡坐(あぐら)の状態から立ち上がる場合においては腸腰筋ではない「別の筋肉」を発達させなければならない必要性に迫られた訳なのです。

そう、その「別の筋肉」こそが丹田であるのです。

つまり、日本人は腸腰筋ではなく、丹田という部分を発達させたことで、床に直接座る文化を成立させたということ。

丹田が使えないと、正座や胡坐の状態から上手く立ち上がることが出来ないのです。

欧米人は正座や胡坐の状態から、あまりスムーズに立ち上がることが出来ないのはこのため。

われわれ日本人は、民族的に丹田という独自に発達させた筋力を先天的ポテンシャルとして持ち合わせているはずなのです。

 

丹田なるものの正体とは?

 

そうなるとわれわれ日本人は、丹田を鍛えれば良いという話になろうもの。

しかし、肝心の丹田なるものの正体が、実は現代の科学では未だ解明されていないのです。

丹田については日本古来から伝わる、あくまで概念的なものであり、東洋的な思想にもとづく抽象的な存在であるからなのです。

 

諸説あるのですが、丹田自体は、お臍(へそ)からちょうど指三本ぶん下の部分に存在すると云われています。

解剖学上(西洋医学において)では、ちょうど小腸のあたりに丹田は存在するのです。

それは大きな力を生み出す場所であったり、または、精神的な力が宿る場所であるとも云われていたり…。

これはもう、あくまで東洋的思想にもとづくものである以上、概念的なものであるとしか言いようがないのです。

 

ただ、僕個人的には丹田とは、骨盤底筋群と腹横筋の連結部分(お臍からちょうど指三本ぶん下の部分とやや重なる)のあたりを指すのではないかと考えます。

それは、ちょうど解剖学上でいうところのインナーユニットが存在するあたり。

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

古来日本人は、丹田を意識することで、自然と腹圧を高めるよう動作をこなしていたのでしょう。

つまり、精神的な意味合いはさておき、丹田を意識することにより「体幹」をうまく利用していたと考えられるのです。

 

丹田は当院の考える「産後ケア」においても重要なヒントとなりうる

 

そもそも日本人の腸腰筋が細いのには、何か重要な理由があるからではないかと考えるのです。

床に直接座る生活習慣にあっては、むしろ腸腰筋が太く発達しない方が好都合だったのかも知れませんし。

胡座や正座をする際に脚を折りたたみ股関節を柔らかく使うためには、その方が有利であったのかも。

 

そこで、日本人は細い腸腰筋の出力を効率良く高めるため、丹田という部分を独特の形で意識することで進化させていったと考えられる訳なのです。

つまり、日本人には日本人に合った「身のこなし」、ないしは身体の運用方法があるはずであり、ひいては、日本人にあった「産後ケア」、「産後の骨盤矯正」があるものと考えざるを得ないのです。

 

現代の陸上競技における一線級のアスリートの方々のなかにも、実際に丹田を意識したトレーニングをされるが多くいらっしゃいます。

また、かつて行商の女性たちが自分の体重の優に倍以上もある荷物を背負っていられたのも、江戸時代の飛脚たちが毎日とんでもない距離を走り抜けていられたのも、丹田に秘訣があったものと考えられているのです。

しかし、われわれ現代に生きる日本人は、すっかり便利になった生活によって丹田が衰えてしまい、結果、細い腸腰筋が仇となり「体幹」を支え切ることが出来ず、肩こりや腰痛の元凶をつくってしまっているとも考えられます。

 

そこで、当院の「産後のボディケアコース」では、丹田をことのほか重要視しており、実際に「丹田に軸を通す」アプローチを施術のなかに取り入れているのです。

 

育児とは、ただひたすらに体力勝負であるもの。

そんな育児において、われわれ日本人は丹田をもっと上手く使いこなすことで、見違えるほど身体のパフォーマンスが跳ね上がる可能性があるのです。

つまり、産後ケアにあって、丹田にこそ産後女性の身体の不調を大きく改善させる重要なヒントがあるはずだと考える訳なのです。

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら