Pocket

マタニティ整体と産後のスタートラインについて

 

こんにちは。院長の三橋です。

今年2月から当院で取り組んでいる「骨盤軸整体」。

早いもので、もう6ヶ月が経過。

おかげさまで、さまざまなケースにおいて経験値を積ませて頂くことが出来ました。

 

今回は、特に「マタニティ整体コース」にいらっしゃっていたクライアントAさんについての経過報告となります。

テーマは、妊娠中の「尿もれ」についての経過と、「産後のスタートライン」についての考察です。

 

 

当院「マタニティ整体コース」に初めて「骨盤軸整体メソッド」を導入したケース

 

クライアントAさんにおける施術は、新たなアプローチ方法である、当院オリジナルの「骨盤軸整体メソッド」を妊婦さんの施術に取り入れた初めてのケースとなりました。

妊娠中期の段階で来院され、症状はというと、内ももの筋肉のトラブルによる「歩行障害と恥骨の痛み」、それと「尿もれ」。

今回、第2子妊娠だったのですが、実は「尿もれ」については、第1子出産後から症状が改善することなく、ずるずると引きずってしまっていたのだとか。

妊娠中ということもあって、「尿もれ」の改善については、正直厳しい展開になろうものかと覚悟していたのが本音。

妊娠中期に入っていたので、すでに骨盤底筋にかかるストレスは相当なものであると推測できたからです。

腹圧性失禁とは 〜 産後の花粉症は尿もれに注意!

 

しかし、逆に「骨盤軸整体メソッド」の効果を実証するには、これ以上ないケースであるとも考えたんですよね。

「骨盤軸整体メソッド」は、きわめて弱く柔らかいタッチで行えるので、妊婦さんのお腹であっても直接アプローチ出来てしまうのだから。

 

妊娠中の女性でも「尿もれ」が劇的に改善した

 

結果から申し上げると、「尿もれ」については、たった一回の施術でかなり改善してしまったんです。

それも、たった一回の施術で、ですよ。

完全ではないとはいえ、急に走り出したりなど特定の動作をしないように気をつければ、生活の中で困ることはなくなったんだそうです。

これまでの施術によるアプローチだと困難を極めたはずの「妊娠中の尿もれ」が、あっけなく改善してしまったのだから驚き。

クライアントAさんも、「尿もれ」については第1子出産後からの症状だったということもあり、さほど改善については期待していなかったぶん驚かれていた様子でした。

もちろん、「歩行障害と恥骨の痛み」も、1、2回の施術で、生活に障らない程度にまで回復されちゃったんですけどね。

 

メンテナンスとしての通院、妊娠後期に備える

 

症状がいったん落ち着かれてからは、メンテナンスとして通院。

お腹は、これからさらに大きく成長していく訳ですから、再発を避けたいところ。

妊娠後期を見据えて、先々弱っていってしまうであろう「筋肉の強化」に努めつつ、「骨盤軸整体メソッド」によって内ももの筋肉(内転筋群)と腹筋(腹横筋)の連携機能の強化を図っていくのです。

つまり、先述した症状「歩行障害と恥骨の痛み」は、ここに共通した原因があったということ。

「筋肉の強化」とは、お尻の筋肉と内ももの筋肉のいわば筋トレとなります。

 

もちろん、結果が伴えば、ご本人もヤル気が出ようもの。

これが「産後のスタートライン」を引き上げていくことに繋がるのです。

臨月近くまでは、なんとかAさんのQOLを保てて差し上げられたものと自負しています。

 

出産後にふたたび「産後ケア」のため来院

 

出産後3ヶ月のタイミングで、ふたたび来院されました。

もちろん、当院の「産後のボディケアコース」としてです。

 

第2子出産ということだったのですが、これがなんと第1子出産時よりもぜんぜん症状が軽いと仰るのです。

恥骨痛も、出産後まもない頃は多少あったらしいのですが、すぐに自然消失してしまったのだとか。

もちろん、「尿もれ」に関しても、動作に気をつけていれば大丈夫とのこと。

実際、「重心の揺り戻し」によるダメージも少なく、最初から体幹がある程度成立している状態にあることに驚きました。

妊娠中、頭部から腹部に重心の位置が変わってしまうことで引き起こされる筋肉の混乱、機能不全のこと)

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

 

産後のスタートラインを見据えると

 

これまでも多くの妊婦さんたちを「マタニティ整体コース」で、担当してきました。

もちろん「産前産後ケアの専門院」をうたっているいる以上は、それなりの場数を踏んできた自負もあります。

しかしながら、「骨盤軸整体メソッド」によって妊娠中のケアをしてきた女性クライアントさんたちは、そもそもどうやら「産後のスタートライン」が高いところにあるような気がするのです。

つまりは、妊娠中からケアをしておくと「重心の揺り戻し」によるダメージが最小限に抑えられて、出産直後から、ある程度「体幹が成立している」状態にもっていけるということ。

これは妊娠中の女性といえども、あくまで「根本からの改善」を目指せる「骨盤軸整体メソッド」であるからこその利点に他ならないと考える訳なのであります。

 

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~20:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら