Pocket

骨盤軸整体なら腹直筋離開から早期回復へ導ける理由

 

こんにちは、院長の三橋です。

今回のテーマは、腹直筋離開(ふくちょくきんりかい)についてです。

 

皆さんのまわりには出産してずいぶん経つのに、お腹だけがどうしても元に戻らないなんて方はいらっしゃいませんか?

ただの「ぽっこりお腹」程度だったら良いのですが、なかには未だ妊娠中であると勘違いされてしまうようなレベルの方もいらっしゃいます。

そんな方は、たいていお腹の中心を縦に走る溝のようなものがあったり、もしくは腹部真ん中あたりにに明らかに感触の異なる部分が確認できたりするはず。

こういった所見がある方は、腹直筋(いわゆる6個に割れる腹筋)という、お腹を支える筋肉が縦に裂けてしまっている可能性があるのです。

これを腹直筋離開といい、見た目の問題もさることながら、多くの機能障害をも呼び込んでしまうことになるから注意が必要となってくるのです。

 

妊娠中に多くの女性が経験する腹直筋離開について

 

妊娠中に分泌されるリラキシンというホルモンの働きによって、妊婦さんの骨格は出産に備えて柔らかく変化していきます。

それは、分娩時に骨盤から赤ちゃんを通すため。

このときお腹を支える腹直筋の「白線」とよばれる部分もホルモンの影響でかなり弛んでしまい、場合によっては大きく膨らんだお腹の圧に負けて左右に裂けてしまうことがあるのです。(白線とは下のイラストの一番中心を縦に走る太いラインのことです。)

この状態を腹直筋離開(ふくちょくきんりかい)といいます。

腹直筋離開イラスト

程度の違いがあれど、妊婦さんのおよそ9割が腹直筋離開を発症しているとも云われていますが、その多くが出産後6ヶ月から1年ほどかけて自然に治癒していくというデータもあるそうです。

しかし、なかにはいつまで経っても治らず、そのままの状態を引きずってしまう方もいらっしゃるのです。

 

出産後に腹直筋離開によって引き起こされる機能障害とは

 

腹直筋離開は、単に見た目の問題だけに留まりません。

早い話、腹筋が裂けてしまっていて正常に機能しない状態にあるわけです。

当然、お腹に力が入らないから、普通の腹筋運動は、ほとんど出来なくなります。

また、腹直筋は体幹部を支える役割を持つ重要な筋肉であるので、腹直筋離開が生じてしまうと腰痛をはじめとする様々な機能障害をも誘発してしまうことになるのです。

腹直筋の機能回復こそが、産後ケア、産後の骨盤矯正において最も重要なカギを握っている理由

いちばんの問題が腹圧を高められなくなってしまうこと

すなわち、腹直筋離開が生じたことによって、「体幹」がうまく使えなくなってしまうのです。

 

どういうことかと言うと。

実は、人間は無意識のうちに腹圧を高めることによって、身体が大きな出力をだせるようにデザインされているのです。

重いものを持ち上げるとき、無意識のうちにお腹に力を入れる動作がそれ。

走ったり、無理な体勢をとる時など、筋肉にひときわ高いパフォーマンスを要求する時に、人間は本能的に腹圧を高めるものなのです。

つまり、腹圧を高めることで「体幹」、つまり身体の中枢部分であるインナーユニットの生み出す力を上手く利用しているというわけ。

そして、「体幹」が成立しないことには、姿勢バランスも正しく制御できなくなってしまうのです。

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

 

ちなみに腹圧が高められなくなる、いちばんわかりやすい例として、「風船を膨らませなくなってしまう」といった現象があります。

出産後にこれが出来なくなってしまう方が実に多いのです。

出産後に風船を膨らませなくなってしまう理由【産後ケアの本質を突くエピソード】

 

腹直筋離開からの回復を目指すには

 

それでは、腹直筋離開からの回復を目指すにあたって、いったい何をすれば良いのでしょうか?

まず最初に押さえておかなければならないポイントは、腹直筋が部分的であるにしろ裂けてしまっている状態であるということ。

つまり、外傷(ケガ)を負ってしまっていて、もはや正常に機能出来ない状況にあるということです。

ですので、無理に腹圧をかけるような行為は当然NGとなります。

良かれと思って一般的な腹筋運動なんかをやってしまうと、却って状態が悪化してしまうこともあるので気をつけて下さい。

 

先述させて頂いたとおり、腹直筋という筋肉は体幹部を支える重要な役割をもつ筋肉である以上、実はほとんどあらゆる動作において無意識のうちに使わざるを得ないといった特徴があります。

歩いたり走ったりすることはもちろんのこと、立ったり座ったり、振り向いたり屈んだりといった日常のあらゆる動作で使われているものなのです。

ここで大事なことは、万全でない腹直筋をいかに無理をかけないという意味で「効率良く」使うことが出来るかということ。

要は、あらゆる動作時において、腹直筋に必要以上のストレスを与えないような使い方ができれば患部へのダメージが減り、離開部分の回復が早まるという訳です。

 

とは言っても、腹直筋離開はあくまでも外傷、つまりケガである訳ですから、回復までにはそれ相応の期間(数ヶ月ほど)が必要となります。

それでも出産後、一年以上経っても改善がまったくみられない場合は、やはり一度専門家のもと相談されるべきでしょう。

 

骨盤軸整体なら腹直筋離開からの早期回復を見込める理由

 

ところで、当院の骨盤軸整体なら、腹直筋離開から回復までの期間を大幅に短縮させることが実は可能であるのです。

骨盤軸整体は「体幹」に直接アプローチすることができるという点が、その大きな特徴であるから。

 

早い話、施術によって腹筋群の機能を直接高めてあげることによって、腹直筋をもっと効率良く使えるようにしてあげれば良い訳です。

さらに骨盤軸整体においては、「丹田」という考え方も重要視しています。

丹田を上手に利用することで育児に負けない身体を作る【ワンランク上の産後ケア、産後の骨盤矯正を目指そう】

 

骨盤軸整体によって、丹田に軸を通してあげれば、より腹直筋に負担を掛けないような身体の使い方が出来るようになるのです。

これが早期回復の秘訣。

よかったら、こちらの動画を参考にされてみて下さい。(高円寺院は現在、荻窪院に統合しております。)

 

 

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら