Pocket

 

ヒップオープン、ヒップオープナー、骨盤軸整体、産後ケア

 

こんにちは、院長の三橋です。

最近、ヨガの世界では「ヒップオープン」、「ヒップオープナー」なる、聞きなれない表現が使われるようになってきているみたいです。

お尻を柔らかくする

“開脚する”

こんな意味で使われているのでしょうか?

聞きなれない言葉にいろいろ文献をあさってみたのですが、どうやら”股関節にくまなく効かせましょう”といった意味合いが、もともとの英語での意味に近いようです。

早い話、英語においてヒップとは“お尻”ではなく、“股関節”だということ。

 

ただ、言葉としての解釈はまちまちのようで、日本では一般に「お尻を柔らかくする」、もしくは「開脚する」といった意味で使われることが多いのだとか。

ともすれば、ひたすらにお尻の筋肉を柔らかくすることに終始してしまいがちなのですが、言葉としての本当の意味は、股関節の可動性と安定性を高めるということにあるのだそう。

その結果、お尻の筋肉も柔らかく使えるようになるということらしいのです。

つまり重要なのは、股関節を柔らかくするにあたって、必ずしもお尻の筋肉を柔らかくすることが全てではないということ

これ実は、われわれが取り組んでいる「骨盤軸整体」という考え方と非常に近いんですよね。

 

「ヒップオープン」、「ヒップオープナー」の本当の意味とは

 

欧米でのヨガにおける「ヒップオープン」、「ヒップオープナー」という考え方を探る上でいちばん説得力があった記述が以下のとおりです。

(ヒップオープン、ヒップオープナーとは…)

“股関節にくまなく効かせましょうという意味合いがあります。または、股関節をまたいでいる筋肉のいずれかに焦点を当てましょう。という意味にもなり得ます。”

つまり、股関節をより広く大きく使えるようにするにあたって、お尻の筋肉の柔軟性がその全てではないということを示唆しているのです。

 

なお、これについては逆説的に「股関節が硬いとは、いったいどういうことか」という視点で考えると理解しやすいでしょう。

股関節を支えるお尻の筋肉や内ももの筋肉、または股関節を縦に支える腸腰筋といった筋肉が硬いことで、動作において伸びてくれないと(柔軟性に欠ける)、もちろん、股関節の可動域が制限されてしまいます。

しかし、股関節を動かす筋肉自体が筋力不足にあっても、広く大きく動かすことは出来ません。

仮に太ももや内もも付け根の筋肉に柔軟性があったとしても、実際に脚を動かす動力源となるお尻の筋肉自体が筋力不足にあっては、股関節の動きに制限がかかってしまうということ。

もっと言うと、骨盤と大腿骨(太ももの骨)とを安定させるように働く筋肉がきちんと機能しないことには、こういった股関節を支える筋肉は正しく働いてはくれないのです。(これが「体幹」の強さということでもあります。)

そもそも「股関節の柔軟性ありき」という先入観をもって考えるのではなく、“股関節を支える筋肉の可動性と安定性の両方を意識して”アプローチすることこそが「ヒップオープン」、「ヒップオープナー」という言葉の本当の意味なのだそうです。

 

骨盤軸整体が「産後ケア」おいて股関節へのアプローチを重要視する理由

 

いっぽう、当院の「産後のボディケアコース」においても、産後女性の股関節については、とても重要視するポイントとなります。

それは当院の考える「産後ケア」および「産後の骨盤矯正」とは、産後女性の「体幹」の回復にこそあると考えるからです。

 

どういうことかと言うと。

産後女性の体に起こるさまざまな不調の原因の多くは、妊娠出産の過程で生じてしまう「重心の揺り戻し」とよばれる体幹バランスの崩れにあると当院は、まず考えます。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

そして、産後女性の「体幹」を回復させるにあたって重要なカギを握ってくるのが、骨盤に起点をもつ、主要な筋肉群の「重心の揺り戻し」からの機能回復ということになります。

また、これを体系化し構築化したものが、骨盤軸整体メソッドであるのです。

つまり、骨盤軸整体メソッドにおいて「骨盤に起点をもつ、主要な筋肉群」に充分にアプローチしていく以上、当然、先述しような股関節まわりを支える筋肉(内ももやお尻の筋肉など)を重要視していくことにもなるということ。

結果、股関節を支える個々の筋肉のパフォーマンスが上がるだけでなく、筋肉にかかる余計なストレスが減少することで、硬くしていた筋肉に柔軟性が戻ることにも繋がる訳です。

 

まず「柔軟性ありき」で考えるのではなく、可動性と安定性を高めることが大切

 

出産後の女性は、股関節やお尻の筋肉の柔軟性(可動性)が失われてしまうと、さまざまな不調の引き金になってしまうだけでなく、ボディラインや歩き方といった生活習慣にまで影響を及ぼしてしまうことにも繋がりかねません。

しかし、そうかといって、ただ闇雲に股関節やお尻の筋肉のストレッチをしたり揉んだりしても、またすぐに柔軟性を失ってしまうだけで、問題の本質的な改善にはなかなか結び付かないものなのです。

なぜ、お尻の筋肉が硬くなってしまうのか?

股関節が硬いとは、どういうことなのか?

ヨガの世界では、これらについて考える時、まず、“それが決して柔軟性ありきではないことを説きつつ、可動性と安定性両方の大切さを教える”のだそうです。

つまり、股関節をより広く大きく動かすにあたって大切なのは、骨盤を支える多くの筋肉をきちんと正しく使えるように鍛え訓練するのだということ。

そして、これこそが「体幹」を鍛えるということに他ならないのであり、当院が取り組んでいる「骨盤軸整体」における考え方と完全に合致する訳なのであります。

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら