Pocket

いったい何をもって産後ケア、産後の骨盤矯正が完了したと言えるのか

 

こんにちは、院長の三橋です。

いきなり身も蓋もない話になりますが、多くの産後女性は、なぜ産後ケア産後の骨盤矯正を求められるのでしょうか?

一般的には、出産で開いてしまった骨盤をそのまま放置してしまうとボディラインを崩してしまうだけでなく、さまざまな不調の原因を作ってしまうからであると考えられていることが多いようです。

そういうこともあってか、ただひたすらに「開いた骨盤を締めなくてはならい」と喧伝している整体院が圧倒的に多いのが実情かと。

でも、器具を使って物理的な力を加えることで、果たして骨盤は締まるものなのでしょうか?

さらにはボディラインの問題も含めて、産後に抱えてしまうさまざまな不調の原因が、そもそも骨盤にあるものなのでしょうか?

骨盤はそう簡単には開かない構造をとっている

 

多くの産後女性を悩ますことになるボディラインの崩れ。

体重は元に戻ったはずなのに、相変わらず妊娠前に穿いていたデニムが入らないままであったり、お尻の形が崩れてしまったり、お腹のたるみだけが残ってしまったり、太ももがパンパンになってしまったり。

こういった問題が、あたかも「骨盤が開いた」ように感じさせてしまう原因となっているのではないでしょうか。

 

でも、残念ながら骨盤は、そう簡単には開かない構造をとっているのです。

それは、骨盤という組織が上半身の重さを支えなければならないという役割を負っている以上、簡単に動いてしまうようだと困るからです。

もっと言うと、交通事故にでも遭わない限り骨盤が開いてしまうことはそうそうなく、もし本当に開いてしまった場合は緊急手術、即入院となるでしょう。

そのくらい骨盤は頑丈さを優先させた構造をとっていて、これがあってはじめて人間は立つことはおろか、二足歩行をすることも可能となっているのです。

だから、もし骨盤が器具を使って簡単に動かせるような構造だったとしたら、おそらく安定した歩行は望めないでしょうし、走ることもままならないことでしょう。

 

出産後に「骨盤が開いた」ように感じさせてしまう本当の原因とは

 

それでは、「骨盤が開いた」ように感じさせてしまう本当の原因とはいったい?

これについては結論から先に言ってしまうと、妊娠出産されたことによって「内股」、つまり股関節のアライメントが変わってしまったことによるもの。

下のイラストを参考にして下さい。

股関節内旋(こかんせつないせん)」といって、いわゆる内股に股関節がもっていかれると、太ももの骨の付け根部分の「大腿骨大転子(だいたいこつだいてんし)」とよばれる部分が外側へとせり出してしまうのです。

「骨盤の開き」の正体

これがお尻の形を大きく見せてしまう本当の原因なのであり、それは厳密に言うと骨盤ではなく、太ももの骨であるのです。

つまり、敢えて言うならば「骨盤が開いた」のではなく、「股関節が開いた」状態(内股)なのであり、これが「骨盤が開いた」ように感じさせてしまう正体であったということ。

臀筋群(お尻の筋肉)をはじめとする股関節を支える筋肉が、妊娠出産の過程で機能低下を起こしてしまった結果、股関節内旋を起こしてしまっている状態にあることが本当の原因だったのです。

出産で本当に骨盤は開くものなのか? 【便宜的に「骨盤が開く」という意味】

 

いわゆる「開いてしまった」骨盤を締めるために必要なこととは

 

骨盤が頑丈な組織であり、その機能面を考えるとそう簡単には開かない構造(開きようがない構造でもある)をとっている以上、交通事故クラスの衝撃が入らないかぎりは、大きく動きようがないのが現実であるのです。

ましてや本当に開いてしまったものなら、それこそ緊急手術、そして緊急入院が必要になるレベル。

実際に「骨盤が開いた」ように感じさせてしまう本当の原因は、股関節に起きた変化である「内股」にあるのです。

 

それでは、「骨盤が開いた」ように感じてしまう問題も含めて、産後女性のいったん崩れてしまったウエストラインやヒップラインを立て直すには、何をどうするべきなのでしょうか?

早い話、「内股」を解除する方法論とは?

まずは、股関節を支える筋肉の筋トレが手っ取り早いことは間違いないでしょう。

「内股」になってしまう大きな原因のひとつが、股関節を支える臀筋群(お尻の筋肉)と内転筋群(内ももの筋肉)の筋力低下にあるので、こういった筋肉を筋力回復させてあげることが非常に大切になるのです。

 

体幹バランスの回復が産後ケア、産後の骨盤矯正に最適である理由

 

でも、実はもっと大事なことがあります。

それは、妊娠出産の過程でいったん忘れてしまったであろう「筋肉の使い方」を思い出させてあげること。

無意識のうちに眠らせてしまっていた股関節周りの筋肉をきちんと使えるように訓練することで、筋トレの効率が上がるだけでなく、股関節周りのさまざまな不調の原因をも取り除くことも可能になるのです。

つまり、筋肉をより効率良く使えるようにすることで、特定の筋肉に負担が集中してしまうことを避けることが出来るばかりでなく、筋力をも上げてしまえるということ。

こういった、筋肉の効率を高める作業を「体幹バランスを回復させる」と言い、当院の提供する骨盤軸整体なら、体幹バランスの回復に直接アプローチすることが可能です。

だから、当院にいらっしゃるクライアントさんたちのなかには、「内股」を解除する体操をするまでもなく、たった一回の施術を受けただけで、デニムがワンサイズダウンしてしまう方がいらっしゃるほど。

その上で、筋トレをやって頂ければ、まさに「鬼に金棒」という訳。

骨盤軸整体で産後女性の体幹バランスを回復させることが腰痛の予防と改善にもつながる理由

 

産後に崩れてしまったボディラインを改善するのに本当に必要なこととは

 

仕掛け付きのベッドや、器具、さらには骨盤ベルトであっても、直接、お尻の形を変えることは難しいでしょう。

多くの整体院において、結果が出せない理由がこんなところにあるのです。

運が良ければ整体院のメニューとは関係なく、生活していくなかで体幹バランスが自然と回復していくことで「骨盤が開いた」ような状態が解消されてしまうこともあるでしょう。

しかし、現実的には、長く通われたにも関わらず、さほど効果を実感できないまま通院をあきらめてしまう方が多く、実際に当院にはそういった他院での通院を諦めたという方が多くいらっしゃっているのです。

 

逆に、もし仮にそういった整体院で進捗を実感できたとしても、仕掛け付きのベッドや、器具で簡単に動いてしまうような骨盤であれば、おそらく普段の生活のなかで再び簡単にズレたり、開いていってしまったりするはず。

だから、再び開いたぶんを締めてもらわないといけません。

そもそも、そんなことを繰り返しているようでは、いつまでたっても産後ケア産後の骨盤矯正が完了しようものがないはず。

 

それでは、何をもって産後ケア、産後の骨盤矯正が完了したと言えるのでしょうか?

この命題に対する明確な回答こそが、先述させて頂いた、「体幹バランスの回復」に他ならないのです。

 

つまり、物理的に骨盤を締めることに意味はなく、股関節まわりをはじめとする上手く使えていない筋肉を機能回復させることが重要なのであり、それこそが本質的な産後の骨盤矯正産後ケアなのであると当院は考えるのです。

これによって、はじめてボディラインの回復のみならず、産後に抱えてしまうさまざまな不調の原因を根本から断つことにも繋がります。

そして、体幹バランスが回復して定着した時こそが、産後ケア、産後の骨盤矯正が完了したと言えるはずであるのです。

 

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら