Pocket

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

昨今、スポーツ科学の進歩とともに、「体幹を鍛える」といった表現を当たり前のように耳にするようになってきました。

例えば、一流のサッカー選手であるほど、ちょっとした接触プレーでは簡単に倒されません。

こういう場合、「体幹が強い」といった表現を使いますよね。

 

また、似たような表現で、「コアマッスル」や「インナーマッスル」などといった言葉が使われることも。

もちろん当院でも骨盤軸整体において、骨盤に繋がる筋肉全般、もしくは「インナーマッスル」や「コアマッスル」を重要視した施術を行う関係上、どうしてもクライアントさんへの説明で頻繁に使う言葉でもある訳なのです。

ところで。

この「体幹」、「コアマッスル」、「インナーマッスル」って、似たような言葉でややこしいかも…。

なので、いちどブログ上で整理してみようかと考えた次第です。

アウターマッスルとインナーマッスルについて

 

「アウターマッスル」とは一般に身体の表層に存在して、視覚的に確認しやすい大きな筋肉のことを指します。

いっぽう深層にあり、薄く小さな筋肉であることが多い「インナーマッスル」。

  • おもに動作を担当する筋肉(モビリティマッスル)=アウターマッスル
  • 姿勢保持や補助的に働く筋肉(スタビリティマッスル)=インナーマッスル

おおざっぱに言うと以上のように考えて頂いてよろしいかと思います。

でも、必ずしもアウターマッスル=モビリティマッスル、インナーマッスル=スタビリティとして働くとは限りません。

また、当院の行っている骨盤軸整体においては、スタビリティマッスルとして働く筋肉の機能改善がポイントとなります。

つまり、動作において補助的に働くスタビリティマッスルの機能を回復させることで、アウターマッスルの機能を高めてしまおうというわけ。

筋力トレーニングをした訳でもないのに、瞬時に筋肉のパフォーマンスを上げることが出来てしまう秘訣は実は、ここにある訳なのです。

 

それとご参考までに。

最近では、インナーマッスル、アウターマッスルという考え方に代わって、機能による分類の仕方として、より正確である「ローカル筋」、「グローバル筋」なる考え方が使われるようになってきました。

インナーマッスル、アウターマッスルが筋肉の走行の深さだけで分類されるという点で、どうしてもその基準に曖昧さが残ってしまうことが不正確であるからです。

具体的にどこの深さを境に、インナーマッスルとアウターマッスルに分けられるのかといった明確な定義付けがないということです。

体幹から読み解く骨盤軸整体と腰痛について【グローバル筋とローカル筋について】

体幹という言葉本来の意味について

 

次に「体幹」について。

今では広く一般的に使われるようになった「体幹」という言葉ですが、いろいろな意味で使われることが多いようです。

 

広義の意味での体幹とは

広義の意味での「体幹」とは、いわゆる胴体のこと。

手足と頭を除いた胴体部分を指します。

手足や頭といった「胴体に繋がっている部分」を使うにあたって、「体幹」つまりは胴体部分が安定していないとことには力が逃げてしまいパフォーマンスが下がってしまいます。

そういった運動機能の効率を高めるといった意味での「体幹を鍛える」という表現が、これに当てはまるものと考えます。

 

狭義の意味での体幹とは

狭義の意味では、「胴体部分」より、もっと絞り込んだ部位を指す言葉となります。

「腹腔」とよばれる、肋骨が存在しない空間(腹部)を骨格に変わって物理的に支えている筋肉の塊のことを指すようです。

具体的には、「横隔膜」、「腹横筋」、「多裂筋」、「骨盤底筋群」といった4つの深層筋で構成されていて、臓器を包み込むようなボックスの形で存在しています。

ちょうど、肋骨がない部分(腹部)にパンパンに膨らませた風船(4つの深層筋の塊)をはめ込んだイメージ。

これら4つの深層筋をとくに「インナーユニット」と呼ぶことがあり、身体の安定に大きく寄与しているのです。

つまり、狭義の体幹=インナーユニットということ。

また、この「インナーユニット」のことを「インナーマッスル」と呼ぶこともあるようです。

 

当院における見解

当院では、広義の意味での「体幹」として扱います。

つまりは、体幹≠インナーユニットということです。

また、インナーユニットとインナーマッスルは分けて考えます。

こちらも、インナーマッスル≠インナーユニットということになります。

 

産後女性の体幹バランスを左右するコアマッスルについて

 

コアマッスルの定義が、また様々なんですね。

  1. 骨盤に繋がっている筋肉全般を指す場合
  2. 体幹部(胴体部分)にある深層筋(インナーマッスル)すべてを指す場合
  3. 腹腔を支える「インナーユニット」そのものを指す場合

なお当院では、姿勢(体幹)の制御において、とりわけ重要な役割を持つ「インナーユニット」と、また「インナーユニット」と特に深く関わるインナーマッスルである、大腰筋、内転筋群、腹直筋を含めた7つの筋肉をコアマッスルと呼ぶこととします。

この7つの筋肉は、産後ケアにおいて非常に重要なカギを握る筋肉となるからです。

大腰筋イメージ

内転筋群イメージ

 

腹直筋、イメージ、イラスト

最後に「産後ケア」と「重心の揺り戻し」について

 

当院が取り組んでいる骨盤軸整体は、妊娠出産によって大きなダメージを負ってしまった、体幹部を支えるコアマッスルを機能回復させることがポイントとなります。

「妊娠前に普通に出来ていたことが」が出産後に出来なくなってしまったり、極端に疲れやすくなってしまう原因の多くが、実は、コアマッスルが機能不全を起こしてしまっているからであることが多いのです。

こういった、妊娠出産によって引き起こされるコアマッスルの機能不全のことを特に「重心の揺り戻し」と呼びます。

おのずと当院の「産後のボディケアコース」において提供する産後ケアないし、産後の骨盤矯正は、この「重心の揺り戻し」からの回復が焦点となってくる訳です。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

よって、クライアントさんたちに、こういった内容を説明する以上は、「体幹」、「コアマッスル」、「インナーマッスル」という言葉を使うことがどうしても避けて通れなくなる訳であるのです。

今回、非常に定義が曖昧ながらも一般的になりつつある、これらの言葉を使用するにあたって、当院なりの定義付けをするべきかと考え、ブログにまとめさせて頂きました。

 

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら