Pocket

腹直筋の持つ機能とは、産前産後ケアのカギを握る筋肉

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院で取り組んでいる骨盤軸整体では、さまざまな理由で崩れてしまった体幹バランスを再び回復させることによって、抱えてしまった不調からの根本的解決を図っていきます。

「体幹」を回復させることができれば、特定の筋肉に負担を掛けることなく、全身の筋肉をもっと効率よく使えるようになるからです。

 

そこで、注目したいのが体幹のまさに中枢部分を支える腹直筋という筋肉。

腹直筋とは6個に割れる、いちばんポピュラーな「腹筋」のことです。

実は人体におけるほとんどの動作において腹直筋は関与していて、その働きはまさに「縁の下の力持ち」といった存在。

そういった意味で、「体幹」を考える上でいかに重要な役割を持つ筋肉であるかをこの機会に説明させて頂けたらと思います。

本質的な産後ケア、産後の骨盤矯正を目指すには体幹バランスの回復が大切

 

当院の「産後のボディケアコース」では、骨盤軸整体によって全身の筋肉を格段に効率よく使えるようにすることで、本質的な産後ケア、産後の骨盤矯正を目指していきます。

それは、特に骨盤に繋がる主要な筋肉の機能を回復させることによって、崩れてしまっていた体幹バランスが回復して、特定の筋肉に負担を掛けることなく身体を支えられるようになるからです。

機能しなくなっていた筋肉のなかには、骨盤や内臓の位置決めをはじめとしたボディラインに深く関係している筋肉なども含まれます。

また、骨盤軸整体は妊娠中の女性であっても同様に効果が期待できるので、当院の「マタニティ整体コース」は他院ではおよそ考えられない効果を生み出せる訳であるのです。

体幹が回復すると骨盤が締まり、下腹の問題が解決してしまう理由【骨盤軸整体とは】

 

体幹を支える、とりわけ長大な筋肉である腹直筋

腹筋イラスト、インナーマッスル

そんな、骨盤に繋がる主要な筋肉のなかで、とりわけ大きな存在感を放つのが腹直筋という筋肉。

六個に割れる、いちばんポピュラーな「腹筋」のことです。

腹直筋という筋肉は、骨盤の恥骨部分から胸部を構成する肋骨までを縦に繋ぐ、とにかく長大な筋肉であるので、当然背骨をはじめとする多くの関節の動きに関与することになります。

通常の筋肉が1個ないし2個の関節をまたぐように走行しているのに対し、腹直筋はその数なんと10個以上。

また、腹直筋の生み出す巨大な出力をそれぞれの関節ブロックごとに小分けして使えるようにデザインされている(6個に割れている)から、人体は細やかで巧緻な動きが表現出来るのです。

 

産後ケア、産後の骨盤矯正を考える上で最も重要なカギを握る腹直筋

 

また、腹直筋は代表的なアウターマッスルでありながら、モビリティマッスルとしても、スタビリティマッスルとしても機能するといった大きな特徴があります。

  • モビリティマッスル → 関節を動かす筋
  • スタビリティマッスル → 姿勢を保持するための筋

産後ケアのカギは体幹の回復にあり!【スタビリティマッスルとモビリティマッスルとは】

特に「体幹」を成立させる上で、重要となってくるのが体幹部(胴体)を安定させること。

具体的に言うと、手足といった末端部分を動作させるにあたって、体幹部がいちいちグラグラしてしまうようでは力が上手く伝わらず、効率よく筋力を発揮できませんよね。

さらには骨盤が正しい位置に入ることで、お尻の筋肉など股関節を支える筋肉がはじめてその機能を発揮できるようになるのです。

こういった時に、腹直筋はスタビリティマッスルとして重要な働きをしてくれている訳なのです。

 

腹直筋が本来の機能を発揮できなくなってしまうと

 

それでは、もし腹直筋が本来の機能を発揮出来なくなってしまうと、どうなってしまうのでしょう?

妊娠中はもちろん、出産後も腹筋には大きなダメージを抱えてのスタートを余儀なくされます。

 

まず、いちばん大きな影響を受けてしまうのがお尻の筋肉です。

腹直筋が機能低下を起こしてしまうと骨盤が正しいポジションを取れなくなることで、お尻の筋肉に上手く力が入らなくなってしまいます。

すると、股関節を正しく支えきれなくなり、結果「内股」に誘導されてしまうのです。

そして、この「内股」こそが産後女性のお尻を大きく見せてしまう、いわゆる「骨盤が開いた」ように見えてしまう本当の原因であったのです。

出産で本当に骨盤は開くものなのか? 【便宜的に「骨盤が開く」という意味】

また、腹直筋が体幹部分(胴体)をスタビリティマッスルとして安定させきれない(他の動作のたびに骨盤ごと動いてしまう)状態に陥ってしまうと、股関節が仕方なくその役割を負ってしまうようになります。

本来、モビリティ(動作)に使われるはずの股関節がスタビリティ(姿勢保持)に使われてしまうのです。

結果、腹直筋の機能低下に端を発したことで、股関節の間違った使い方に繋がり、股関節が固くなっていってしまう訳なのです。

 

実は産後女性が股関節を固くしてしまう多くの原因がここにあり、こういった考え方のひとつとして「ジョイント・バイ・ジョイントセオリー」という考え方が有名です。

関節の使い方から産後ケアを考えてみると【ジョイント・バイ・ジョイント・セオリー】

「体幹」を支える主役である腹直筋が産後ケアの重要なカギを握っている

 

上半身と下半身とを繋ぐように走り、体幹部を支えている腹直筋。

あらゆる動作で体幹の安定が重要である以上、腹直筋はまさしくコアマッスルとして重要なポジションを担っている筋肉であるといえるでしょう。

しかし、妊娠出産といった一連の過程のなかで、どうしてもダメージを負ってしまい機能低下が免れないもので、結果、さまざまな不調の呼び水を作ってしまうことになってしまうのです。

そういった意味では、腹直筋の機能回復こそが、産後ケア、産後の骨盤矯正において最も重要なカギを握っているといっても過言ではないと考えられる訳なのです。

もちろん、骨盤軸整体においても、とりわけ重要視する筋肉であるということは言うまでもありません。

荻窪駅南口徒歩4分!
東京都杉並区で産前産後のボディケアなら当院におまかせください。
「産後の骨盤矯正」だけでは解決できない貴女のお悩みに応えます。
本当に理想的なボディバランス、一緒に取り戻していきましょう♪

骨盤軸整体荻窪院

【受付時間】10:00~18:00
【定休日】祝日

TEL:03-6279-9746

WEB仮予約専用フォームはこちら