こんにちは、院長の野田です。

当院の託児方法ですが、整体院とは別に契約しているワンルームマンションを託児所(託児ルーム)に改装し、そこで赤ちゃんをお預かりしています。

最近は「子連れ・赤ちゃん連れでもOK」という整体院もだいぶ増えているようですが、そのような整体院のほとんどが治療院の空いているスペースを利用して、手の空いているスタッフが赤ちゃんを見ているというシステムのようです。

当院もかつては、10年ほど前は(笑)そのようなやり方で託児を行なっていた時期もありました。

しかしこの方法だと、どうにも上手くいきませんでした。

上手くいかないというよりも、やはり本当の意味で「ママさんにリラックスして施術を受けてもらう」のが難しいと感じたのです。

 

たとえカーテンなどで仕切られていたとしても、つながってる空間ではママさんはどうしても自分の赤ちゃんの声や気配を無意識に耳で拾おうとしてしまいます。

スヤスヤと寝ていてくれればいいのですが、時には赤ちゃんのムズがる気配が伝わってきたり、泣き声が聞こえてきたりします。

赤ちゃんの泣き声やグズる声だけではなく、赤ちゃんに不慣れな整体スタッフが懸命に何とかしようとオロオロしている雰囲気まで伝わってきたりもします。

そのような空間で、本当に落ち着いた気持ちで、心からリラックスして施術を受けることができるでしょうか?

 

更に、リラックスして施術を受けられないだけでなく、そのような状況ではせっかくの施術の効果も半減してしまいます。

心と身体は密接につながっています。

常に何かに気を取られていてリラックスできない状況では、どんなに効果的な施術をうけても身体は充分に緩むことができません。

同じお金をいただいて、同じ時間をかけて、それでベストな結果が出せないのでしたら、それは患者さんに対して申し訳ないことです。

ですから、患者さんであるママさんに心からリラックスしてベストな施術を受けていただくために、整体院から独立した託児所(託児ルーム)を設置することにしました。

 

当院では、産後のママさんの身体の改善について本気で取り組んでいます。

 

もちろん託児所の運営というのは楽ではありません。

そもそも、整体院の物件の傍に託児所として使用できる物件を探すのが一苦労です。

物件が見つかって無事にオープンできたとしても、ワンルームマンションの家賃や保育士の人件費、水光熱費や保険料など、通常の整体院経営では発生ない経費が毎月発生します。

更には保育士さんの採用活動やシフトコントロール、託児所のマニュアルやルールの作成など、本来の整体院運営とは違った業務も多岐に渡ります。

 

他の整体院がここまでやらないのは、そういった「余計な経費や業務」を嫌ってのことだと思います。

しかし、本気で患者さんのためになることを考えたら、それは「余計な経費や業務」ではなく「必要な業務」であり「必要な経費」である言えます。

 

友人やスクールの受講生さんなど、他の整体師の方が当院の託児所を見学すると大概の方は驚きます。

「産後の骨盤矯正のためだけに、ここまでやるんですか!?」と驚かれたこともあります。

 

そうです。

本気だからこそ、ここまでやるんです。

 

この「託児所完備の整体院」というスタイルについて、僕は誇りを持っています。

僕の信念と覚悟と思いが結実した、まさに当院のこだわりの結晶です。

一人でも多くのママさんに、安心してベストな施術を受けていただくために。

今日も託児所は賑やかに運営されています。

 

託児のご利用を希望される方は、お気軽にお問い合わせください。

お待ちしています。